特別企画 和巧絶佳展 令和時代の超工芸 CONTEMPORARY JAPANESE CRAFTS

4_1s見附正康(切り抜き)

見附正康 《無題》 2019年 オオタファインアーツ蔵
©Masayasu Mitsuke; Courtesy of Ota Fine Arts

パナソニック汐留美術館では、いま最も注目されている1970年以降に生まれた12人の作家による日本の美意識に根ざした工芸作品を展示しています。グローバル化が進み、私たちを取り巻く物が均質化するなか、日本各地で育まれてきた工芸や手仕事が見直されています。

山本茜 《截金硝子香合「無我」》 2016年 個人蔵 ©T.MINAMOTO

出品作家は、安達大悟、池田晃将、桑田卓郎、坂井直樹、佐合道子、髙橋賢悟、舘鼻則孝、新里明士、橋本千毅、深堀隆介、見附正康、山本茜といった人気作家で、ほぼ全員が今回のために新作を制作しています。

深堀隆介 《四つの桶》 2009年 台湾南投毓繡美術館蔵、台湾

工芸というジャンルにとらわれることなく、しかし工芸技法を駆使して表現を探求する出品作家の取り組みは、人と物との関係を問い直すとともに、現代美術、デザイン、工芸の枠を超えた新しい日本の美を感じさせます。

舘鼻則孝 《Heel-less Shoes》 2014年 個人蔵
©2020 NORITAKA TATEHANA K.K

作品に共通するのが日本独特の繊細さだと思います。ここまで細かく丁寧に、しかも大胆さを持ち合わせた作風がどの作家にも見られて、これは日本の民族性から来る美だろうかと感じました。現在の日本の工芸の新しい兆候を観るだけでなく、受け継がれてきた日本の手仕事の可能性を考える機会となりました。

坂井直樹 《湯のこもるカタチ》 2019年 作家蔵

展覧会タイトル「和巧絶佳」は現在の日本における工芸的な作品の三つの傾向―日本の伝統文化の価値を問い直す「和」の美、手わざの極致に挑む「巧」の美、工芸素材の美の可能性を探る「絶佳」―を組み合わせた言葉です。出品作品はそれぞれに日本美の行方を予感させます。

新里明士 《光器》 2019年 Yutaka Kikutake Gallery

美術館ホームページ

開始日2020/07/18
終了日2020/09/22
エリア東京都
時間開館時間 午前10時~午後6時(入館は午後5時半まで)
9月4日(金)は夜間開館のため午後8時まで開館(入館は午後7時半まで)
休日休館日 8月12日(水)~14日(金)、8月19日(水)、9月9日(水)、9月16日(水)
その他備考入館料 一般1000円 65歳以上900円 大学生700円、 中・高校生500円、 小学生以下無料
開催場所パナソニック汐留美術館
アクセス〒105-8301 東京都港区東新橋1-5-1
パナソニック東京汐留ビル4階
☎03-5777-8600(ハローダイヤル)