特別展 尾形光琳の燕子花図 

【2-1s】国宝 燕子花図屏風(右隻)

国宝 燕子花図屏風(右隻) 尾形光琳筆 日本・江戸時代 18世紀 
根津美術館蔵

尾形光琳の燕子花図をずっとみていたい――金色の屏風に緑の葉と、濃淡の群青と緑青によって鮮烈に描きだされた燕子花の群生は、見ていて飽きることはありません。

国宝 燕子花図屏風(左隻) 尾形光琳筆 日本・江戸時代 18世紀 
根津美術館蔵

(以下、画像部分をクリックすると拡大してご覧になれます)

尾形光琳(1658~1716)の筆になる国宝「燕子花図屏風」は、爛漫と咲き誇るカキツバタの群生を描いた草花図です。それは『伊勢物語』の一節、三河国(現在の愛知県)の八橋(やつはし)の場面に基づくともいわれます。さらに八橋は、古来、和歌に詠われる「名のある所」であり、したがって、そうした「名所」の風景を描いた作品ということもできます。そのような多面性にちなみ、この展示は三章構成になっています。

第一章のタイトルは「王朝文化への憧れ」と題し、平安時代の公家風俗や王朝文学の作品です。それらは江戸時代の人々によって日常とは異なる「ハレ」の気分の源泉ともなりました。

重要美術品 桜下蹴鞠図屏風(右隻) 日本・江戸時代 17世紀 
根津美術館蔵

第二章は「草花を愛でる」です。主眼である「燕子花図屏風」を中心に草花を描いた作品が集められています。これら草花図も、江戸初期の宮廷周辺における草花ブームに端を発しています。

草花図屏風 伊年印 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

第三章では「名所と人の営みを寿ぐ」として、この展覧会でのサブタイトルである寿ぎの江戸絵画が中心です。祇園祭に湧く京の都や、社寺参詣や物見遊山の人々でにぎわう名所を描いた作品が展示されています。根津美術館で所蔵する洛中洛外図屏風や名所風俗図屏風をまとめて紹介するはじめての機会になります。

洛中洛外図屏風(右隻)
日本・江戸時代 17世紀 
根津美術館蔵 福島静子氏寄贈

同時開催で展示室5では「机上を彩る箱」として、筆、墨、硯・・・机の上の様々な道具をまとめて収める箱が展示されています。どれも美しいのですが蒔絵を施した箱は特に華麗で素晴らしいです。

人物蒔絵硯箱 飯塚桃葉・浜野政随作 日本・江戸時代 18世紀 
根津美術館蔵

展示室6では「風薫る茶席」として風薫る初夏にふさわしい茶道具が風情ある取り合わせで展示されています。

丸壺茶入 銘 青山 福州窯系 中国・南宋~元時代 13-14世紀 
根津美術館蔵

根津美術館ホームページ

庭園内のカキツバタ

 

開始日2019/04/13
終了日2019/05/12
エリア東京都
時間開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)、5月8日(水)~12日(日)は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
休日休館日 4月15日(月)、22日(月)、5月7日(火)
その他備考入館料 一般1300円、学生1000円
開催場所根津美術館
アクセス〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
☎03-3400-2536
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線
〈表参道〉駅下車
A5出口(階段)より徒歩8分、B4出口(階段とエレベータ)より徒歩10分、B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より徒歩10分
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/access/index.html