21st DOMANI・明日展

未来を担う美術家たち
21st DOMANI・明日展
文化庁新進芸術家海外研修制度の成果

今年で21回目となるDOMANI・明日展は、文化庁の「新進芸術家海外研修制度(旧・芸術家在外研修)」により海外で研修を終了した若手芸術家の成果を発表会する展覧会です。天井高に恵まれた広い空間を与えられた若い作家が力作をお披露目する機会でもあります。

今年は2007年から20016年に研修を終えた9名の作家に加えて、文化庁が所蔵する現代美術作品から、イタリア・フィレンツェでの滞在制作経験を持つ三瀬夏之介さんがゲスト出展します。

例年に比べると研修から比較的時間の浅い作家ですが、研修以前から精力的に制作に取り組み、大規模国際展等にも参加するなど評価の高い作家たちです。以前を知っていれば、変化や逆に変化しなかったことや、目指すことへの葛藤を観ることができると思います。初めてでも、将来のアートシーンの一部となる将来を期待される作家による先端の作品に触れてみてください。

<出展作家>
加藤翼 Tsubasa KATO

1984年生まれ  2015年(2年間)アメリカ〈シアトル〉

加藤 翼《Pass Between Magnetic Tea Party》2015
Courtesy of Toyota Municipal Museum of Art and MUJIN-TO Production

川久保ジョイ You KAWAKUBO
1979年生まれ  2016年 イギリス〈ロンドン〉

川久保 ジョイ《千の太陽の光が一時に天空に輝きを放ったならば I》2013 ※参考作品

木村悟之 Noriyuki KIMURA
1977年生まれ  2016年 ドイツ〈ケルン〉

木村 悟之《POLINKI》2017

志村信裕 Nobuhiro SHIMURA
1982年生まれ  2015年(2年間)フランス〈パリ〉

志村 信裕《Nostalgia, Amnesia》2019 Courtesy of Yuka Tsuruno Gallery

白木麻子 Asako SHIROKI
1979年生まれ  2015年 ドイツ〈ベルリン〉

白木 麻子《Liquid path – Buoyancy and dynamic》2017  Photo : Hong Cheolki

蓮沼昌宏 Masahiro HASUNUMA
1981年生まれ  2016年 ドイツ〈フランクフルト〉

蓮沼 昌宏《豊島》2018  Photo:椎木静寧 ※参考作品

松原慈 Megumi MATSUBARA
1977年生まれ  2013年 モロッコ〈ラバト〉

松原 慈《接触化石》2016 愛知県陶磁美術館蔵 ※参考作品

村山悟郎 Goro MURAYAMA
1983年生まれ  2015年(2年間)オーストリア〈ウィーン〉

村山 悟郎《自己組織化する絵画<樹状多層構造>》2017

和田的 Akira WADA
1978年生まれ  2007年 フランス〈パリ〉

和田 的《白器「牛」》2015 個人蔵

<ゲスト作家>
三瀬夏之介  Natsunosuke MISE

三瀬 夏之介《日本の絵》2006 文化庁蔵

展覧会ホームページ

国立新美術館ホームページ

Twitter @DOMANI_ten

Facebook

Instagram @domaniasuten

開始日2019/01/23
終了日2019/03/03
エリア東京都
時間10:00-18:00 毎週金曜日・土曜日は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
休日火曜日
その他備考一般 1,000円、大学生 500円(300円)
※2019年2月24日(日)は天皇陛下御在位30年を記念して入場無料。
※高校生、18 歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は入場無料。
※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料。
開催場所国立新美術館 企画展示室2E
アクセス〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
03-5777-8600(ハローダイヤル)
・東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
・東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口から徒歩約5分
・都営地下鉄大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩約4分