アジアにめざめたら:アートが変わる、世界が変わる 1960-1990年代 Awakenings: Art in Society in Asia 1960s-1990s

WEB用_5_Nalini Malani_96dpi

ナリニ・マラニ《ユートピア》 1969/1976 年 作家蔵
Courtesy of the Artist and Vadehra Art Gallery

アジア各地のアヴァンギャルド・アートの水脈を掘り起こす展覧会です。日本、韓国、シンガポールの国立美術館と国際交流基金アジアセンターによる共同プロジェクトで、1960年代から1990年代にアジア各地(日本、韓国、台湾、中国、香港、インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア、インドなど)で発生した近代美術から現代美術への転換点に焦点を当てています。

ワサン・シッティケート《私の頭の上のブーツ》1993 年 作家蔵
撮影:マニット・スリワニチプーン

この時期のアジアは、植民地支配からの独立と急速な近代化、東西冷戦によるイデオロギーの対立やベトナム戦争の勃発、民族間の対立や民主化運動の高揚など、社会を揺るがす大きな出来事が続きました。自らの生きる現実にとって「美術」とは何かを問いかけ、既存のジャンルにとどまらない表現方法を開拓した末に生まれた、10を超える国と地域の90組以上の作家による挑戦的かつ実験的な約140点の作品です。

ジム・スパンカット《ケン・デデス》1975/1996年
ナショナル・ギャラリー・シンガポール蔵

資本主義批判や急速な近代化や都市化による問題、ホワイトキューブを脱して日常生活空間での作品提示やアート・アクティヴィズムなど、共通する点が見られるのと同時に、自分に受け入れられるか戸惑う作品もあります。同じアジアの中でも近さと違いに気づき、その作品の背景にある現実を想います。

FX ハルソノ《くつろいだ鎖》1975 /1995年
ナショナル・ギャラリー・シンガポール蔵

入り口に 通常の作品リストに替えて一つ一つの作品と作家について説明した印刷物があります(かわいいピンク!)。また展覧会企画者である主任研究員によるギャラリートーク(鈴木勝雄氏・桝田倫広氏による会場内での約1時間のトーク)に参加するのもおすすめです。

第1回 11月3日(土)13:30~14:30 (主に1章を中心に鈴木勝雄氏)
第2回 11月11日(日)13:30~14:30 (主に1章を中心に桝田倫広氏)
第3回 11月23日(金)19:00~19:45 (主に2章を中心に鈴木勝雄氏)
第4回 12月7日(金)19:00~19:45 (主に3章を中心に鈴木勝雄氏)
第5回 12月9日(日)13:30~14:30 (主に2章を中心に桝田倫広氏)
第6回 12月14日(金)19:00~19:45 (主に3章を中心に桝田倫広氏)

会場:  1F 企画展ギャラリー
申込不要、聴講無料、要観覧券
*最新情報につきましては、国立近代美術館ホームページをご覧ください。

パブロ・バエン・サントス《マニフェスト》1985-87年
ナショナル・ギャラリー・シンガポール蔵

展覧会ホームページ

開始日2018/10/10
終了日2018/12/24
エリア東京都
時間10:00-17:00(金・土曜は10:00-20:00)入館は閉館30分前まで
休日月曜(12/24は開館)
その他備考観覧料:一般1,200円、大学生800円
*高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
*キャンパスメンバーズ加入校の学生は、学生証の提示で割引料金500円。
*本展の観覧料で入館当日に限り、「MOMATコレクション」(4-2F)、「遠くへ行きたい コレクションによる小企画」(2F ギャラリー4)も観覧可。
*リピーター割引: 本展使用済み入場券をお持ちいただくと、2 回目以降は特別料金 (一般 500 円、大学生 250 円)。
無料観覧日: 11月3日(土・祝)
開催場所東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー
アクセス〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1
TEL: 03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
http://www.momat.go.jp/am/visit/