ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界ー1780年パリに始まるエスプリ The Worlds of Chaumet The art of jewellery since 1780

02(3)cs 鮮紅色の情熱

ショーメ 《ティアラ「鮮紅色の情熱」》 2016年 「ナチュール ドゥ ショーメ」コレクション
ホワイトゴールド、ピンクゴールド、レッドスピネル、ロードライトガーネット、
グリーントルマリン、ダイヤモンド ショーメ・パリ © Chaumet

フランスのハイジュエリーブランド、ショーメ(CHAUMET)の伝統と歴史を辿る日本初の美術展「ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界」展が、東京三菱一号館美術館にて9月17日(月・祝)まで開催されています。

本展はルーヴル美術館名誉館長のアンリ・ロワレット氏と三菱一号館美術館館長の高橋明也氏の共同監修のもと、ジュエリーや工芸品、絵画、デザイン画など、初公開を含む約300点を展示により、ジュエリーと芸術的潮流、歴史的作品と現代の作品の対話を通じてジュエリーの魅力を紹介する企画です。

ショーメ 《麦モティーフのネックレス「夏の贈り物」》2016年
「ナチュール ドゥ ショーメ」コレクション ホワイトゴールド、ダイヤモンド
ショーメ・コレクション、パリ © Chaumet

1780年に創業し、パリ・ヴァンドーム広場に軒を連ねるジュエラーの中で、最も長い歴史を誇るのがショーメです。ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌ御用達のメゾンとしても知られ、約240年にわたり芸術的で優美な作品を数多く生み出してきました。

最後のセクションは「ショーメと日本」と題し、19世紀半ばのジャポニスムに影響を受けた作品が展示され、ショーメと日本の芸術的巡り会いを感じることができます。海外へ目を向けて多様な文化的影響を受けつつも、独自のパリのスタイルを確立・継続してきたことがこのメゾンの魅力のひとつでしょう。

まばゆく煌めく宝石、繊細で独創的なデザインを可能にする卓越した職人技、メゾンの革新性や芸術性などは、なかなか触れることは少ないもの。ぜひこの機会に訪れてみてください。

<ティアラの芸術/The art of the tiara>

ジョゼフ・ショーメ 《カーネーションのティアラ》 1907年
プラチナ、ダイヤモンド 個人蔵 © Courtesy of Albion Art Jewellery Institute

<統治者の選ぶもの/The Sovereign’s choice>

アンリ・オーギュスト(金銀細工職人)、マリ=エティエンヌ・ニト、
フランソワ=レニョー・ニト《皇帝ナポレオン1世より贈呈された教皇ピウス7世のティアラ》
1804-1805年(後世に数回修正)ゴールド、シルバー、金箔、エメラルド、ラインストーン、
真珠、合成石、カットガラス、シルクのヴェルヴェット、ラメ入りのゴールド、金属糸、木、紙
教皇庁聖具室、ローマ © Chaumet / Régis Grman

<想いをあらわすジュエラー/The jeweller sentiment>

マリ=エティエンヌ・ニト 《皇妃マリー=ルイーズのアクロスティック・ブレスレット》
1810年 ゴールド、ダイヤモンド、貴石
個人蔵 © Droits réservés

詩から着想を得たアクロスティック・ジュエリーは、それを飾る宝石のイニシャルを用いて、秘密のメッセージを作ります。これら3点のブレスレットは、ナポレオンからマリー=ルイーズへ結婚祝いとして贈られたもので、上はナポレオンの名と生年月日、中はマリー=ルイーズの名と生年月日、そして下は彼らの出会いの日付とパリにおける結婚式の日付が示されています。画像をクリックすると拡大します。

<自然の歴史/Natural histories>

ジョゼフ・ショーメ 《ハチドリのエグレット》 1880年頃
ゴールド、シルバー、ルビー、ダイヤモンド
ショーメ・コレクション、パリ © Chaumet / Nils Herrmann

<ショーメと日本/Chaumet and Japan>

ショーメデザイン工房 《「日本風」のデザイン画》
花と魚の鱗のモティーフのヴァニティーケース 1925年頃  鉛筆、グアッシュ、墨
ショーメ・コレクション、パリ © Chaumet

展覧会ホームページ

Exhibition Homepage

開始日2018/06/28
終了日2018/09/17
エリア東京都
時間10:00~18:00(金曜、第2水曜、9月10日~13日は21:00まで)
休日月曜休館。入館は閉館の30分前まで
その他備考入場料/一般¥1,700(前売り¥1,500) 高校・大学生¥1,000 小・中学生¥500
開催場所三菱一号館美術館
アクセス東京都千代田区丸の内2-6-2
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
・JR「東京」駅(丸の内南口)徒歩5分
・JR「有楽町」駅(国際フォーラム口)徒歩6分
・東京メトロ千代田線「二重橋前〈丸の内〉」駅(1番出口)徒歩3分
・東京メトロ有楽町線「有楽町」駅(D3/D5出口)徒歩6分
・都営三田線「日比谷」駅(B7出口)徒歩3分
・東京メトロ丸の内線「東京」駅(改札口・地下道直結)徒歩6分
https://mimt.jp/access/