生誕150年 横山大観展

01s群青富士(右隻)

「群青富士」(右隻)1917年頃、横山大観、静岡県立美術館蔵、
東京展:4月13日~5月6日  京都展:7月3日~7月22日

「群青富士」(左隻)1917年頃、横山大観、静岡県立美術館蔵、
東京展:4月13日~5月6日  京都展:7月3日~7月22日

横山大観といえば富士とすぐ言えるほど大観は富士を描いています。冒頭の「群青富士」ですが、雲海の白、緑の山、青い富士、金色の空の色合いとそのバランス、卓越なデザインはいつ見ても新鮮ですね。「生誕150年 横山大観展」が東京国立近代美術館で5月27日まで開催されています。「群青富士」は前期展示で5月6日までですが、もし見逃しても気落ちすることは全くありません。衆目をひく目玉作品がまだまだあるのです。

横山大観(1868‐1958)の生誕150年、没後60年を記念した回顧展です。大観は東京美術学校(現在の東京藝術大学)で岡倉覚三(天心)に薫陶を受け、以降日本美術院を主たる舞台として日本画の新しい潮流をおしすすめ、美術界を牽引していきます。西洋からさまざまなものが入ってくるなか、大観は研究すべき対象として『伝統』をとらえ、大胆に変更を加えながら定型を脱し、自在な画風と精神性をそなえた作品を生み出しました。

展示は、明治から昭和へと時代の変遷と共に作品を展観していますが、代表作の重要文化財「生々流転」(1923年)は全画面が一挙に公開されています。

重要文化財「生々流転」(部分) 1923年、横山大観、
東京国立近代美術館蔵、京都展は巻き替えあり

全長40メートルを超える日本一長い画巻です!大観の水墨技法の全てが注ぎ込まれています。昭和30年に行われた座談会で大観自身が「人生のね、行路を描いてみたいと思って、あんな題をつけました」と言っているように、この画巻は重たい人生を表しているようでいて、実際は自然の風景です。葉末に結ぶ一滴の水が、後から後から集まって、海となり淵となり大河となり、湖水となり、最後に海に入って竜巻となって天に上がる。大きなストーリーはなく、山から海に移りかわる風景をどう人生と照らし合わせるか、あるいは変わりゆく風景のみと感じるかは観る人の自由と思われます。

「夜桜」(左隻) 1929年、横山大観、大倉集古館蔵

「夜桜」(右隻) 1929年、横山大観、大倉集古館蔵
ともに、東京展:5月8日~5月27日  京都展:6月8日~7月1日

「紅葉」(左隻) 1931年、横山大観、足立美術館蔵

「紅葉」(右隻) 1931年、横山大観、足立美術館蔵
ともに、東京展:5月8日~5月27日  京都展:6月8日~7月1日

「夜桜」と「紅葉」は後期展示になりますが、これぞ大観という昭和の代表作品を同時に観れることは至福です。

100年振りの発見となった「白衣観音(びゃくえかんのん)」(1908年)はインドでの体験を基に細部まで緻密に描かれています。また話題になったハレー彗星を題材にするといった独自の発想がうかがえる「彗星」や、女性の表情や姿の表現が珍しい「秋思」など、長らく展示されてこなかった作品も数多くあり、横山大観の主題や表現の広さ、革新性を伝える展覧会です。

「白衣観音」 1908年、横山大観、個人蔵

「山路」 1912年、横山大観、京都国立近代美術館蔵
東京展:5月8日~5月27日 京都展:6月8日~7月1日

横山大観ポートレート(昭和8年頃) 写真提供:横山大観記念館

公式サイト

東京国立近代美術館ホームページ

開始日2018/04/13
終了日2018/05/27
エリア東京都
時間開館時間 10:00~17:00(金、土曜日は20:00まで)
*入館は閉館の30分前まで
休日休館日 月曜日(ただし4月30日(月・休)は開館
その他備考観覧料 一般1500円、大学生1100円、高校生600円
*中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料。それぞれ入館の際、学生証等の年齢のわかるもの、障害者手帳等をご提示ください。
*本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」もご覧いただけます。
開催場所東京国立近代美術館
アクセス〒102-8322
東京都千代田区北の丸公園3-1
ハローダイヤル03‐5777‐8600
・東京メトロ東西線「竹橋駅」 1b出口より徒歩3分
・東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線「九段下駅」4番出口、半蔵門線・都営新宿線・三田線「神保町駅」1A出口より各徒歩15分