至上の印象派展 ビュールレ・コレクション Impressionist Masterpieces from the E.G. Buehrle Collection, Zurich (Switzerland)

1ss.ピエール=オーギュスト・ルノワール《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》

ピエール=オーギュスト・ルノワール
《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》1880年

「絵画史上、最強の美少女(センター)」とキャッチなコピーでこの展覧会のアイコンとなっているのは、ルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》。わたしたちの誰もが教科書かどこかで見ているセザンヌの《赤いチョッキの少年》、スイス国外に初めて貸し出されることになった4メートルを超えるモネの睡蓮の大作《睡蓮の池、緑の反映》、さらにゴッホの《花咲くマロニエの枝》などなど、などなど・・・息を飲む印象派の名作の数々です。

フィンセント・ファン・ゴッホ《花咲くマロニエの枝》1890年

ルノワール4点、セザンヌ6点、ゴッホ6点、モネ4点、マネ4点、の他にドラクロワ、ドガ、ファン・ゴッホ、ゴーギャン、マティス、ピカソ…、それもそれぞれの巨匠を語る印象派・ポスト印象派の傑作が、一人の個人コレクションにあったのかということに驚きます。

ポール・ゴーギャン《贈りもの》1902年

この世界最高峰と言われる印象派のコレクションは、スイスの実業家、エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)さんが築き上げた主に17世紀のオランダ絵画から20世紀の近代絵画に至る作品約600点の一部とのこと。全ての作品がチューリヒ美術館に移管されることになり、コレクションの全体像を紹介する最後の機会として、日本での展覧会が実現することになったそうです。

エドゥアール・マネ《ベルヴュの庭の隅》1880年

本展の白眉の一つと言えるのが、セザンヌ。6点の出品作は、暗い情念を感じさせる初期のバロック的宗教画から、印象派の筆触を独自に展開させた風景画、最盛期の妻の肖像と自画像、キュビスムの先駆を思わせる最晩年の作品まで、この画家の作風の変遷を明らかにしています。そして、《赤いチョッキの少年》は、左に《扇子を持つセザンヌ夫人の肖像》と右に《パレットを持つ自画像》、要は近代美術の金字塔ともいえる《赤いチョッキの少年》がセザンヌ夫妻にはさまれて一室に3点ならぶという心憎い展示となっています。

ポール・セザンヌ《赤いチョッキの少年》1888-90年頃

《赤いチョッキの少年》他、本展出品作のドガの《リュドヴィック・ルピック伯爵と娘たち》、モネの《ヴェトゥイユ近郊のひなげし畑》、ファン・ゴッホの《花咲くマロニエの枝》の4点は2008年に盗難に遭ったという生々しい事件も世界が傑作と認めるからこそでしょう。

エドガー・ドガ《リュドヴィック・ルピック伯爵とその娘たち》1871年頃

近代美術の精華といえるコレクションは目が覚めるようです。作品数は64点、その半数は日本初公開だそうです。じっくりご堪能ください。

アルフレッド・シスレー《ハンプトン・コートのレガッタ》1874年

福岡と名古屋に巡回します。

2018年5月19日(土) ~ 7月16日(月・祝)九州国立博物館
2018年7月28日(土) ~ 9月24日(月・祝)名古屋市美術館開館

カミーユ・ピサロ《ルーヴシエンヌの雪道》1870年頃

展覧会ホームページ

Exhibition Homepage

国立新美術館ホームページ

The National Art Center Tokyo

エミール=ゲオルク・ビュールレ、1950年頃

*作者、作品名、制作年、技法、サイズ、所蔵、photo クレジット 上から順に、

ピエール=オーギュスト・ルノワール 《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》 1880年 油彩、カンヴァス65×54cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

フィンセント・ファン・ゴッホ《花咲くマロニエの枝》1890年 油彩、カンヴァス 73×92cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

ポール・ゴーギャン《贈りもの》1902年 油彩、カンヴァス 68.5×78.5cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

エドゥアール・マネ《ベルヴュの庭の隅》1880年 油彩、カンヴァス 91×70cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

ポール・セザンヌ《赤いチョッキの少年》 1888-90年頃 油彩、カンヴァス 79.5×64cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

エドガー・ドガ《リュドヴィック・ルピック伯爵とその娘たち》1871年頃 油彩、カンヴァス 65×81cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

アルフレッド・シスレー《ハンプトン・コートのレガッタ》1874年 油彩、カンヴァス 46×61cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: Dominic Buettner, Zurich

カミーユ・ピサロ《ルーヴシエンヌの雪道》1870年頃 油彩、カンヴァス 43.5×65.5cm ©Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland) Photo: SIK-ISEA, Zurich (J.-P. Kuhn)

エミール=ゲオルク・ビュールレ、1950年頃 Photo: Foundation E.G. Bührle Collection, Zurich (Switzerland)

開始日2018/02/14
終了日2018/05/07
エリア東京都
時間10:00-18:00
※毎週金曜日・土曜日、4月28日(土)~5月6日(日)は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
休日毎週火曜日休館  ただし5月1日(火)は開館
その他備考観覧料(税込)
当日 1,600円(一般)、1,200円(大学生)、800円(高校生)
中学生以下および障害者手帳をご持参の方(付添いの方1名含む)は入場無料。
開催場所国立新美術館 企画展示室1E
アクセス〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
・東京メトロ千代田線乃木坂駅 
青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
・都営大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分
・東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から 徒歩約5分
http://www.nact.jp/information/access/
(English)
http://www.nact.jp/english/information/access/