夏の企画展 千一億光年トンネル 浜口陽三、奥村綱雄、Nerhol、水戸部七絵 Summer Exhibition 100100000000 Light-years Tunnel Yozo HAMAGUCHI, Tsunao OKUMURA, Nerhol, Nanae MITOBE

会場写真1-01s

会場風景

新しい表現は、見る人に新しい世界を切り開いてくれます。 浜口陽三は、1950 年代に手さぐりで銅版画の制作を開始し、独自 の技法を編み出しました。それは銅の板を何ヶ月もかけて繊細に 彫る手間のかかる方法でしたが、前例のない、光と闇に満ちた神秘 的な画面を作り出し、20 世紀後半を代表する銅版画家として国際的に活躍しました。この夏は、浜口陽三にちなみ、現在、未踏の表現を拓いて進む作家3人の作品を展示します。

奥村綱雄(おくむらつなお)は「パフォーマンスとしての刺繍」を、 二十年以上続けています。あえて夜間警備の仕事に就き、勤務中の待機時間にひたすら針を動かして、小さな布に1000 時間以上の 作業時間をかたむけます。これは膨大な時間の結晶か、あるいは前衛演劇なのか。7200 時間分の不可思議な作品「夜警の刺繍」を 紹介します。

奥村綱雄「夜警の刺繍 ブックカバー」2017年  綿布に糸(ポリエステル)
17.5×24.7cm  (撮影:長塚秀人)

Nerhol(ネルホル)は、田中義久と飯田竜太によるアーティスト・ デュオです。レイヤーを用いた洗練された手法で、時間や存在のゆらぎを含んだ形を提示します。代表作は、3 分間連続撮影した肖像写真を200 枚重ねて彫刻を施した作品で、人の表層と内面に切り込みました。今回はこのシリーズの新作と近年作の「roadside tree」も加え、静かな思索空間を展開します。

Nerhol「multiple ‒ roadside tree」2016年  インクジェット紙 29.7×37.4cm
(撮影:吉峯敦史)

水戸部七絵(みとべななえ)は、顔をテーマに描くスケールの大きな最近注目の若手作家です。油彩絵具を時には一日100 本以上を使って豪快に塗り重ね、崩れることも臆さずに匿名の顔を描きあげます。絵画として描いていますが、作品は立体さながらに盛り上がり、大胆な色彩と質感で迫ってきます。 手のひらから時空を乗り越えて別次元へと昇華した作品の数々をご覧下さい。

水戸部七絵「Depth」2016年  油彩、鉄製パネル 80.0×50.0cm
(撮影:吉峯敦史)

新作を含む現代作家の作品と、浜口の銅版画作品20 数点の構成です。

<展覧会関連イベント>

●出品作家によるトーク
奥村綱雄×Nerhol×水戸部七絵
聞き手:柏倉康夫(放送大学名誉教授)
日時 -7月9日(日)〔予定〕
定員 -60 名
14:00 ~      会場、受付開始
15:00 ~ 16:00 トーク
16:00 ~ 17:00 お茶会とご歓談、自由鑑賞の時間

奥村綱雄×小出由紀子(イ ンディベンデントキュレーター)
対談「夜警の仕事・夜警の刺繍」
日時 -6月 24日 (土 )15:00-16:00 終了しました

Nerhol×大 浦 周(埼玉県立近代美術館 学芸員)
対談「積層と表層」
日時 -6月 30日 (金)18:00-19:00 終了しました

水戸部七絵×吉川陽一郎(造形作家)
対談「掴める絵画」
日時- 7月 29日 (土)15:00-16:00[定 員]30名

参加費 -入館料+300円
参加申込 -5月30日(火)12:00より電話にて受付
*休館日や開館時間外はお電話が通じませんのでご了承ください。
*当日はトーク開始 1時間前より受付。

●ナイトミュージアム 第1・3金曜日は夜8時まで開館
ご好評につき、ナイトミュージアムを再び開催いたします。本展覧会中、第1・3金曜日は20:00まで延長して開館。お仕事帰り、学校のあとにもゆっくり美術館を楽しんでいただけます。
*第1・3金曜…6/2、6/16、7/7、7/21、8/4の5日間。最終入館、カフェラストオーダーともに19:30

浜口陽三「くるみ」1978年 メゾチント 62.0×47.3 cm

美術館ホームページより

About the Exhibition in English

開始日2017/05/20
終了日2017/08/06
エリア東京都
時間11:00~17:00(土日祝10:00~17:00/最終入館16:30) [ナイトミュージアム:会期中、第1・3金曜(6/2、6/16、7/7、7/21、8/4)は20:00まで開館/最終入館19:30]
Tuesday to Friday 11:00-17:00 Saturday, Sunday, National holidays 10:00-17:00 *Last entry is 30min before closing time
休日月曜日(7/17は開館)、7/18(火)
Mondays (except 17 July) and 18 July (Tue.) 2017
その他備考大人600円/大学・高校生400円/中学生以下無料
Adults JPY600, College & high school students JPY400, Free for junior high school students and under
*休館日、開館時間、出品作品等は都合により変更する場合があります。
開催場所ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
Musee Hamaguchi Yozo: Yamasa Collection
アクセス東京都中央区日本橋牡蠣殻町1-35-7
☎03-3665-0251
・地下鉄半蔵門線の水天宮前駅の3 番出口より徒歩1分。地上に出たら、うどん屋さんと、細い道路を隔てて左斜め向かいに、1 階ガラス張りのギャラリー風の建物を探してください。入口上方に青色と黒色の旗(バナー) が見えます。
・ 地下鉄日比谷線人形町駅A2出口より徒歩8分。
・ 地下鉄浅草線人形町駅A5出口より徒歩10分。
https://www.yamasa.com/musee/access/
1 minute walk from Exit 3 of Suitengu-mae Station on Hanzomon Line
https://www.yamasa.com/musee/en/access/