ファッションとアート 麗しき東西交流 The Elegant Other: Cross-cultural Encounters in Fashion and Art

2_昭憲皇太后着用大礼服s

「昭憲皇太后着用大礼服(マントー・ド・クール)」1910年頃(明治40年代)
共立女子大学博物館蔵
Court Dress Worn by the Empress Meiji (Manteau de cour) ca.1910
Collection of the Kyoritsu Women’s University Museum

まず素晴らしいと思ったのは、展示品の状態です。展示の中核を成すドレスが、現代に作られたドレスではないかと思われるほど色鮮やかで、約150年〜90年前のシルク製のドレスが素晴らしい状態で保たれています。油絵も維持のために温度や湿度を管理して保存されていても、数百年たてば修復は必至です。ましてや絹は比較にならないほど保存が難しいはずで、展示されているドレスの保存状態を維持するためにどれだけの努力がなされているかが想像できます。

ドレスは保存状態のみでなく、数や種類も豊富で、デザインもため息の出る秀逸なものばかりです。素材や作りの豪華さだけでなく、ぜひ一度着てみたいと思えるエレガントなデザインは、現代でも古さを感じさせません。厳選されたことがうかがえます。

ベール「イヴニング・ドレス」1919年頃 京都服飾文化研究財団蔵 林雅之撮影
Beer Evening Dress ca.1919 Collection of the Kyoto Costume Institute
Photo by Masayuki Hayashi

もう一つの特徴は、服飾を展覧しながら近代化の歴史を立体的に追っていること。現在の日本の豊かさはアジアでいち早く近代化したことによるわけですが、経済的にそれをなし得たのは、絹と絹製品や陶器や家具などの輸出も大きく関係していました。本展では服飾にも焦点をあて、明治時代の女性を描いた浮世絵や、美人画を得意とした鏑木清方の日本画など、当時の装いを伝える作品で構成されています。男性が短期間のうちに散切の頭髪に変わったのとは対照的に、女性は和洋折衷、和装・洋装が併存した時代が長いのがわかります。

一方、ヨーロッパにおいては、日本の開国や万国博覧会によって日本の文物が紹介され、熱狂的な日本ブームが起きたのはよく知られています。多くの画家は浮世絵や工芸品を収集し、それに触発された作品を制作しました。ドレスにフォーカスしてみると、日本から輸入した絹織物で作られたドレスや、和の柄や模様をあしらったドレスが多数作られ、キモノを室内着として用いたり、さらにはキモノの直線的なデザインを取り入れたドレスが著名デザイナーによっても作られるなど、日本の影響が西洋のファッションにどのように吸収されたかを見ることができます。

時は19世紀後半から20世紀の初頭まで。美術では、ジャポニスム、アーツアンドクラフツ、アールヌーボー、アールデコと大きな動きがありますが、市民階級が力をつけ、第一次世界大戦、ロシア革命、貴族階級の没落、女性の社会進出の始まり、と大きな変化のある時期です。現代への基盤となるその密度ある時代を、服飾をキーワードに、ヨーロッパ→日本/日本→ヨーロッパと双方に見る、重層的な展示を見ることができます。

鏑木清方「嫁ぐ人」1907(明治40)年 絹本着色、一幅 182.8×115.4cm
鎌倉市鏑木清方記念美術館蔵 ※5月20日からの展示
Kiyokata Kaburaki The Bride-to-be 1907 Color on silk, hanging scroll
182.8×115.4cm Collection of the Kamakura City Kaburaki Kiyokata
Memorial Art Museum * to be exhibited from May 20, 2017

展示されている211点のうち、51点がドレス、そのうち48点がKCI(京都服飾文化研究財団)*所蔵で17点は国内初公開だそうです。KCIは研究専門機関であり、展示スペースを持たないため、日本だけでなく世界で初めて公開される作品も多く、なかなか観ることのできない展示なのでおすすめします。

*収集、研究、保存を目的としたコレクション12,000点に及ぶ株式会社ワコールを母体とする研究機関。

関連イベントにつきましては美術館ホームページをご覧ください。

展覧会公式サイト

ジュール=ジョゼフ・ルフェーヴル「ジャポネーズ(扇のことば)」1882年 油彩、カンヴァス
130.8×90.2cm クライスラー美術館蔵 Gift of Walter P. Chrysler, Jr.
Jules-Joseph Lefebvre Une Japonaise (The Language of the Fan) 1882
Oil on canvas 130.8×90.2cm Collection of the Chrysler Museum of Art,
Norfolk, VA, Gift of Walter P. Chrysler, Jr.

After Yokohama Port opened in 1859, the city began to serve as a gateway, accepting Western culture and sending Japanese culture abroad. Focusing on fashion and art from the late 19th to the early 20th century, this exhibition examines how cultural exchanges between the East and West influenced people’s lives and aesthetics.

With the start of the Meiji Period in 1868, Western fashion and customs quickly permeated Japanese lives. At the same time, Japanese art objects and kimono were exported to the West, creating the Japonism boom. To both those in Japan and the West, the people on the other side of the sea must have looked like “beautiful others,” elegantly clad in attractive and unusual clothing, and richly ornamenting their daily lives with unfamiliar crafts.

In addition to approximately 100 dresses and accessories from the Kyoto Costume Institute (KCI) that will be shown for the first time in Yokohama, the exhibition features another 100 items, including accessories, handicrafts, paintings, and photographs from both Japanese and foreign museums and private collections. Enjoy watching how Japan and the West accepted, developed, and discovered new beauty in each other’s fashions and lifestyles. *Some displays will be changed during the course of the exhibition.(From Yokohama Museum of Art exhibition site)

Yokohama Museum of Art Website

月岡(大蘇)芳年 「風俗三十二相 遊歩がしたさう 明治年間 妻君之風俗」 1888(明治21)年
多色木版(大判錦絵) 36.2×25.3cm 京都服飾文化研究財団蔵
Yoshitoshi Tsukioka Enjoying a Stroll: the Appearance of a Japanese Lady of
the Meiji Era, from the Series “Thirty-Two Aspects of Women”
1888
Color woodblock print 36.2×25.3cm
Collection of the Kyoto Costume Institute (KCI)

開始日2017/04/15
終了日2017/06/25
エリア神奈川県
時間10時~18時
*2017年5月17日(水)は20時30分まで
*入館は閉館の30分前まで
10:00-18:00
*Open until 20:30 on May 17 (Wed.), 2017
*Admission until 30 minutes before closing.
休日木曜日、5月8日(月)*5月4日(木・祝)は開館
Closed Thursdays (except May 4), May 8 (Mon.), 2017
その他備考観覧料:一般 1,500円、大学・高校生 900円、 中学生 600円、小学生以下 無料、65歳以上 1,400円(要証明書、美術館券売所でのみ対応)
*団体は有料20名以上で100円引き(要事前予約)
*6月2日(金)は無料
*毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
*障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
*観覧当日に限り「ファッションとアート」展の観覧券で「横浜美術館コレクション展」も観覧可
Ticket: Adults ¥1,500、University students, High school students ¥900、 Junior high school students ¥600、Children under 12 Free、Seniors (65 and older) ¥1,400 (ID required. Only available at ticket counter in the museum)
*¥100 off for group of 20 or more. Rreservation is required in advance.
*Free Admission on June 2(Fri.), 2017
*Free admission for high school students and younger with valid IDs on Saturdays.
*Visitors with disability and one person accompanying them are admitted free of charge. (Please present certificate at the entrance.)
*The ticket also gives admission to the Exhibition of the Museum Collection for the same day.
開催場所横浜美術館
Yokohama Museum of Art
アクセス〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
TEL:045-221-0300(代表)
●みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい」駅〈3番出口〉から、マークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由徒歩3分、または〈マークイズ連絡口〉(10時~)から徒歩5分。
●JR(京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から〈動く歩道〉を利用、徒歩10分。
http://yokohama.art.museum/visit/access.html
3-4-1, Minatomirai, Nishi-ku, Yokohama, Kanagawa, 220-0012

Phone: +81 (0)45 221 0300 (main switchboard)
●From Minatomirai Station on the Minatomirai Line which links with the Tokyu Toyoko Line: 3 minutes walk from Exit No.3 via Grand Galleria in MARK IS Minatomirai, or 5 minutes walk from the Exit for MARK IS (the exit opens at 10:00 a.m.). 

●From Sakuragicho Station on the JR lines (the Keihin - Tohoku Line and the Negishi Line) and on the Yokohama Municipal Subway: 10 minutes walk via the moving sidewalk.
http://yokohama.art.museum/eng/visit/access.html