ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝-ボスを超えて- Collection of Museum Boijmans Van Beuningen Bruegel’s “The Tower of Babel” and Great 16th Century Masters

1 バベルの塔ss

ピーテル・ブリューゲル1世  〈バベルの塔 〉 1568年頃 油彩、板
Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

ボイマンス美術館とは、正式にはボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館で、法律家のフランス・ボイマンス(Frans Jacob Otto Boijmans 1767-1847) が1841年に自身のコレクションをロッテルダムに寄付したものを基礎に、1958年にはロッテルダムのビジネスマン、ダニエル・ジョージ・フォン・ベーニンゲン(Daniël George van Beuningen 1877 –1955) のコレクションを加え、中世ヨーロッパ美術から近現代美術まで126,000点を所蔵しているオランダ有数の美術館です。

その中から、<バベルの塔>を含むピーテル・ブリューゲルやヒエロニムス・ボスなどの16世紀の傑作、計89点を展覧する、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館収蔵品展です。

アルント・ファン・ズヴォレ(推定) 〈四大ラテン教父(聖アウグスティヌス、
聖アンブロシウス、聖ヒエロニムス、聖グレゴリウス)〉 1480年
オーク材 Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

会場はネーデルラント(フランドル)美術でもわたしたちにはあまり見慣れない彫刻から始まります。続く第2章は絵画ですが、中世らしい、聖書と聖人がテーマのどちらも宗教色の濃いものです。第3章にレンブラントが敬愛したルカス・ファン・レイデンの実在の人物の肖像画が登場し、第5章と第6章がヒエロニムス・ボス、第7章がピーテル・ブリューゲル、第8章が<バベルの塔>という構成です。

ヒエロニムス・ボス 〈聖クリストフォロス〉 1500年頃 油彩、板
Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands (Koenigs Collection)

ヒエロニムス・ボス(1450頃−1516)は初期ネーデルラントの画家で、わかっていないことも多いものの、王侯貴族や裕福な貿易商を顧客に持ち、生前からすでに名声があったようです。多くの作品を制作したものの、16世紀の宗教改革運動でのあおりを受けて紛失し、現在はわずか30点ほどの作品が残されているのみです。本展は確認されている油彩画約25点のうちの2点を見ることができます。〈聖クリストフォロス〉はキリストと聖人がテーマの当時の伝統に倣っていますが、巨人クリストフォロスが幼いキリストを背負って川を渡る場面には、廃墟からはい出そうとする怪物や、木にぶら下がる瓶が家になっていたり、河岸にいる隠者のまわりに恐ろしい細部がいくつも描かれていたりする奇妙な絵です。〈放浪者(行商人)〉となると、聖書も聖人も登場しません。背に籠を負う老いた行商人は背後にある建物から出て来たのも戻るのか、思案中なのか、円形の画面が覗き込むような、こちらを写すような、持ち物や細部に仄めかされるものの多い絵です。

ヒエロニムス・ボスに基づく 〈聖アントニウスの誘惑〉 1540年頃 油彩、板
Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

続く章ではヒエロニムス・ボスの版画やその模倣と言う作品が並びます。数の多いエッチング作品では、魚に手足が生えたていたり、モンスターがいたり、登場人物(生物)がぎっしり詰め込まれた画面は、聖書によるテーマでも、思い切り想像力豊かな、気味の悪いファンタジックな世界です。ボスは日常生活の風景を初めて描いた画家の一人で、17世紀のオランダの著名な風俗画家へと続く原点であり、奇想の画家といえます。

ピーテル・ブリューゲル1世、彫版:フランス・ハイス
〈アントウェルペンのシント・ヨーリス門前のスケート滑り〉 1558年頃
エングレーヴィング Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

その流れにあるブリューゲル(1526年頃—1569年)の版画が次の第7章に登場します。ピーテル・ブリューゲル1世というと〈バベルの塔〉のほか、大自然に囲まれ慎ましやかに生きる人々を描いた〈雪景色の狩人たち〉や食べたり踊ったり生き生きとした〈農民の婚宴〉は世界的に有名で、風景画、宗教画、寓意画、風俗画と多様なジャンルの油彩画があります。その片鱗をうかがえるのが銅版画です。〈聖アントニウスの誘惑〉や〈大きな魚は小さな魚を食う〉など多くの銅版画作品にはグロテスクだけれどユーモラスなモンスターや架空のおかしな生き物が登場し、ヒエロニムス・ボスの様式を継承しています。

ピーテル・ブリューゲル1世、彫版:ピーテル・ファン・デル・ヘイデン
〈大きな魚は小さな魚を食う〉 1557年 エングレーヴィング
Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

最終章は〈バベルの塔〉です。思っていたよりとても小さいです。59.9×74.6cmの絵の中に約1400人が描かれているそうですが、目視ではほとんど見えません。東京藝術大学により約300%拡大した複製画で建設中の塔で働く一人一人がわかります。1568年頃のブリューゲル最晩年の作とのことですが、どのようにこのお米粒にみたないサイズが描かれたのか、驚異の細密画です。それも、塔で煉瓦を積み上げる人々、漆喰を運ぶ人々、港で荷下ろしをする人々、などなど実際の建設をふまえて圧倒的なボリュームと迫真性で描かれています。

旧約聖書で、全ての人々が一つの言葉を話していた頃、天にも届く高い塔を建てようとして神によって異なる言葉を話すようになり、コミュニケーションがとれなくなって塔建設は中断したという、バベルの塔。それを、誰も思いつかなかったスケールで展開したブリューゲルの想像力、構想力によって、バベルの塔のイメージが広がったのではないか、とさえ思われます。

数少ないヒエロニムス・ボスの油彩画2点が初めて、ブリューゲルの傑作〈バベルの塔〉は24年ぶりの来日です。ルネサンスの16世紀にイタリア美術とはまた違った発展をした、ヒエロニムス・ボスからブリューゲルへのネーデルラントの美術家たち。17世紀の精華へとつながる、16世紀フランドル絵画の魅惑あふれる展覧会です。

ヘンドリック・ホンディウス1世 〈ヒエロニムス・ボスの肖像(部分)〉 1610年
エングレーヴィング Museum BVB, Rotterdam, the Netherlands

関連イベントにつきましては美術館ホームページをご覧ください。

特設WEBサイト

About the Exhibition (English)

開始日2017/04/18
終了日2017/07/02
エリア東京都
時間9:30~17:30、毎週金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)
休日月曜日
その他備考一般 1,600円 / 大学生・専門学校生1,300円 / 高校生 800円 / 65歳以上 1,000円
※中学生以下は無料
※4月19日(水)、5月17日(水)、6月21日(水)はシルバーデーにより65歳以上の方は無料。当日は大変な混雑が予想されます。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料
※いずれも証明できるものをご持参ください
開催場所東京都美術館
アクセス〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
TEL 03-3823-6921(代表)/ FAX 03-3823-6920
JR上野駅「公園口」より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
京成線京成上野駅より徒歩10分
http://www.tobikan.jp/guide/index.html