〈練馬区独立70周年記念展〉19世紀パリ時間旅行-失われた街を求めてー

③モーリス・ユトリロ《モンマルトルのキュスティーヌ通り》1938年油彩、カンヴァス松岡美術館

モーリス・ユトリロ《モンマルトルのキュスティーヌ通り》1938年
油彩、カンヴァス 松岡美術館

フランス文学者の鹿島茂氏が『芸術新潮』に連載していた「失われたパリの復元」を元に、19世紀のパリの全体像を絵画、版画、古地図、衣装など沢山の美術作品を展示して、パリの歴史、パリ大改造以前、以降を紹介している。

パリが好きな人にとっては魅力ある展覧会であることは間違いない。

パリの始まりは紀元前3世紀、以後少しずつ拡大し、世界を牽引する近代都市として形成された長い歴史の中、衝撃的な出来事が、第二帝政期(1852-70)に行われた「パリ大改造」(1853-70)である。「パリの外科手術」とも呼ばれるこの大改造は皇帝ナポレオン3世の肝いりで、セーヌ県知事のオスマン男爵によって着手された。1870年代に入り、大手術を終えたパリは印象派をはじめとした画家たちの格好の題材となり、それは新しいパリが同時代の芸術家にとって創作の源泉となっていく。反面この大改造で多くの下層民の労働者、職人はパリ周縁部へと強制的に追いやられ、翻弄される。苦しみと不満が募る中、昔ながらの街並みや消滅したコミュニティを懐かしむ声が聞こえ始め、懐かしいパリの路地風景を版画に起こして、アドルフ・マルシェル・ポテモン(1828-83)の「いにしえのパリ」にはそのノスタルジアが反映されている。これはユゴーやバルザックに描かれたかつてのパリを私たちに伝える唯一の版画連作である。

アドルフ・マルシアル=ポテモン《ロラン=プラン=ガージュ通り(袋小路)》1864年
エッチング、紙(『いにしえのパリ』1866年より) 鹿島茂コレクション

鹿島茂氏のコレクションには、パリへの熱い思いが集約され、いかにパリを愛しているかがよく解る。

展覧会は、膨大な数の版画、古地図、絵画、衣装を以下の6段階にテーマを分け、パリの歴史をなぞっていく。
Ⅰ.パリ、変貌の歴史
Ⅱ.タブロー・ド・パリ
Ⅲ.ナポレオン3世とセーヌ県知事オスマンのパリ大改造
Ⅳ.1870年、新しいパリ
Ⅴ.世紀末のパリ—ベル・エポック
Ⅵ.20世紀、描かれ続けるパリ

エドガー・ドガ《赤い衣裳をつけた三人の踊り子》1896年 パステル、紙 大原美術館

夥しい数の版画やポスター、絵画、また衣装など、合わせて約400点にのぼる出展作品は、19世紀の近代化するパリを丹念に追う貴重な資料である。鹿島氏の研究の成果が充分に出ている展覧会である。

題名の通りの時間旅行が楽しめる。

イベントなど詳しくは展覧会ホームページをご覧ください。

ポール・シニャック《ポン・ヌフ》1927年 水彩、紙 茨城県近代美術館

練馬区立美術館ホームページ

開始日2017/04/16
終了日2017/06/04
エリア東京都
時間10:00~18:00
休日月曜日
その他備考観覧料 一般800円、大学生および65-74歳600円、中学生以下および75歳以上は無料
※一般以外の方は年齢等の確認できるものをご提示ください。
開催場所練馬区立美術館
アクセス〒176-0021 東京都練馬区貫井1-36-16
西武池袋線中村橋(池袋駅より各駅停車6駅目約16分)駅下車 徒歩3分。改札を左に出て、線路沿いの道を石神井公園駅方向に130メートル先の右側。
https://www.neribun.or.jp/access/museum.html