周 代焌「Back To」

IMG_4260s

周 代焌「Back To」展示風景

台北市・横浜市アーティスト交流プログラム2016/The Artist Exchange Program
Between Taipei and Yokohama 2016

過去の私の創作活動においては、私の想像力を用いて、実際には発生していない災害の場面を描いていた。だが、福島原発の一件の発生後、私はこのことを創作のコンセプトの中に採り入れるようになった。これは仮想のものではなく、実際に発生した災害である。

この件は、私にとっても単なるメディアで放送された一時的なニュースなどではなく、継続的で、計り知れない影響力を持つ重大事件であった。

BankART1929に来てからは、上記のコンセプトの上にこの地の思いを加え、さらにこの課題の意味を深く掘り下げた。ここでの創作における私にとっての最大の課題は、傷口の塞がった瘡蓋(かさぶた)が再び開くことのないように、いかにこの場の意味を考えるか、そして、日本の人々とこの事件を話し合う際にいかにその悲しい記憶を思い出させないようにするか、さらに、いかにこれらの感情を練り込み、日常生活の模様を描き出すか、である。

私は今回の計画を《Back To》と名付けた。《Back To》には「地理的」及び「心理的」な概念が含まれている。地理的な概念とは、我々はどこから来てそしてどこへ行くか、を指しており、ここで用いられている「場」は具体的で固定的である。一方、心理的な概念とは、後戻りできない時の流れの中で、人々が心の中で帰りたいと願っている「場」へ帰れる期待を秘めている状態を指している。ここで用いられる「場」は抽象的で流動的なものである。私は前述の地理的な概念及び心理的な概念という異なる2つの側面から、日常生活の環境を描きだす。さらに、真の「場」の意味を視覚的に表現できるように試みたい。

周 代焌「Back To」展示風景
(クリックすると拡大します)

<周 代焌(チョウ・タイシュン / Tai-Chun Chou)>
1986年台湾新竹生まれ。台湾国立台北芸術大学美術系修士課程絵画コース修了。作品は台湾国内外の美術館に作品が収蔵されている。2016年台北市立美術館にて個展「崩解劇場」を開催。『 全球寂静 』シリーズ、ならびに2013年より現在も展開中の『寂静之外』シリーズの創作を通して、周代焌は次第に彼の世代特有の視覚的経験とイメージを構築しつつある。彼の描くSF的な空間と雰囲気は、一見現実離れしているかのように見えながら、リアルな要素を表出し、現代における世界の状況を暗示している。

□個展
2016 「崩解劇場」台北市立美術館 / 台北 / 台湾
2012 「Made In Taiwan- 新人推薦特區」台北国際芸術博覧会 / 台北 / 台湾
2010 「大後方」VT 非常廟芸文空間 / 台北 / 台湾

□グループ展
2015 「夢・棲地─青年典蔵芸術展」国立台湾美術館 / 台中 / 台湾
2014 「日本・台湾現代美術的現在和未來―地域性與国際性的振幅」東京藝術大学 / 東京 / 日本
2013 「交互視象 – 海峽兩岸当代芸術展」中國美術館 / 北京 / 中国
2012 「心動」台北当代芸術館 / 台北 / 台湾、「芸変者遊行」関渡美術館 / 台北 / 台湾

□受賞
2014 「李仲生視覚芸術創作賞」入選
2012 「Made In Taiwan- 新人推薦特区」入選
2009 「美術創作卓越賞」入選
2008 「第六屆桃源創作賞」最優秀賞

□収蔵
2016 台湾、台北市立美術館収蔵「寂靜之外015 – 忽悠地射向我心」
2016 台湾、国立台湾美術館収蔵「寂靜之外028 – 共振彼岸」
2016 オーストラリア、ホワイト・ラビット・ギャラリー収蔵 「寂靜之外019 -超支的生活」
2012 台湾、関渡美術館収蔵 「大後方シリーズ5 – 夜視人生」シリーズ

周 代焌「Back To」展示風景

<台北市・横浜市アーティスト交流プログラム2016>
横浜市は、「創造都市(クリエイティブ・シティ)」の実現を目指し、文化芸術の創造性を生かして都市の新しい価値や魅力につなげていく取組みを進めており、都心臨海部を中心に、アーティストやクリエーターが創作・発表・滞在(居住)しやすい環境づくりを推進しています。また、横浜市は、世界に開かれた国際都市として、アジア諸都市等とのネットワークづくりに取り組んでおり、パートナー都市である台北市とは、芸術文化、スポーツなどさまざまな分野での交流を進めています。芸術分野では、平成17年度から、芸術家支援の分野などで国際的に豊富な実績をもつ台北市との間で、芸術家を相互に派遣する「芸術家交流事業」をスタートし、それぞれの都市から派遣された芸術家が、市民や現地の芸術関係者との交流を深めています。   横浜市文化観光局

(展覧会フライヤーより)

開始日2017/03/24
終了日2017/04/02
エリア神奈川県
時間11: 00 ~19:00
休日無休
その他備考無料
開催場所BankART Studio NYK 1F / Mini Gallery
アクセスBankART1929
〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9
TEL:045-663-2812
E-mail:info@bankart1929.com
横浜みなとみらい線「馬車道駅」6出口[赤れんが倉庫口]徒歩4分
http://bankart1929.com/contact/index.html