VOCA展2017現代美術の展望-新しい平面の作家たち

90-幸田千依

VOCA賞 幸田 千依 「二つの眼を主語にして」 アクリル、油彩、カンヴァス 291cm×227.3cm

今年で24年目となる「VOCA(ヴォーカ)展」(The Vision of Contemporary Art/主催:「VOCA展」実行委員会/公益財団法人日本美術協会 上野の森美術館、特別協賛:第一生命保険株式会社)が、3月11日(土)から3月30日(木)までの20日間(開館時間:10:00~18:00/会期中無休)、『VOCA展2017 現代美術の展望-新しい平面の作家たち』と題して、上野の森美術館(東京都台東区)にて開催されます。

『VOCA展2017』では、作家35名による出品作の中から、グランプリとなるVOCA賞に、東京都在住の画家・幸田千依さん(東京都生まれ、長崎県育ち)の「二つの眼を主語にして」が決定したほか、VOCA奨励賞には上田良さん、鈴木基真さん、佳作賞には青木恵美子さん、村上華子さんが選出されました。また、大原美術館賞には青木恵美子さんが、同美術館独自の選考を経て選出されました。

「VOCA展」は、現代アートにおける平面の領域で、国際的にも通用するような将来性のある若い作家の支援を目的に1994年より毎年開催している美術展です。
日頃から公平な立場で作家たちと接している全国の美術館学芸員、研究者、ジャーナリストなどから推薦委員を選出し、それぞれ40歳以下の若い作家1名を推薦していただき、推薦された作家全員に展覧会への出品を依頼しています。こうしたシステムにより、東京のみならず全国各地で活躍する優れた未知の才能を毎回紹介しています。

これまで「VOCA展」に出品した作家は、延べ821人。福田美蘭(1994年VOCA賞)、やなぎみわ(1999年VOCA賞)、蜷川実花(2006年大原美術館賞)、清川あさみ(2010年佳作賞)など多方面で活躍している作家たちが出品しています。この間VOCA展は「平面」という一貫した切り口で若い世代の動向をヴィヴィッドに反映しながら、まさに「今日の美術」を見せてきました。

青木 恵美子/五十嵐 卓(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館)
浅野 有紀/古川 文子(岡山県立美術館)
池平 徹兵/野村 しのぶ(東京オペラシティアートギャラリー)
上田 良/橋本 梓(国立国際美術館)
小野 さおり/日沼 禎子(女子美術大学)
加納 俊輔/和田 浩一(宮城県美術館)
川角 岳大/副田 一穂(愛知県美術館)
菊谷 達史/中田 耕一(金沢21世紀美術館)
来田 広大/植松 篤(鹿児島県霧島アートの森)
国松 希根太/吉崎 元章(札幌市芸術文化財団)
幸田 千依/辻 瑞生(アーツ前橋)
齋藤 瑠璃子/山本 丈志(秋田県観光文化スポーツ部文化振興課)
坂口 竜太/坂元 暁美(上野の森美術館)
佐竹 真紀子/荒井 直美(新潟市美術館)
篠原 愛/山下 裕二(明治学院大学)
鈴木 基真/林 寿美(インディペンデント・キュレーター)
高田 K子/寺嶋 弘道(本郷新記念札幌彫刻美術館)
髙松 明日香/角 奈緒子(広島市現代美術館)
武内 明子/楠本 智郎(つなぎ美術館)
田島 大介/児島 やよい(十和田市現代美術館)
田中 秀和/長門 佐季(神奈川県立近代美術館)
照沼 敦朗/木村 絵理子(横浜美術館)
土井 沙織/名古屋 覚(美術ジャーナリスト)
仲田 絵美/竹久 侑(水戸芸術センター)
南条 嘉毅/牧野 裕二(高松市美術館)
Nerhol/大浦 周(埼玉県立近代美術館)
東畠 孝子/牧口 千夏(京都国立近代美術館)
益永 梢子/米田 尚輝(国立新美術館)
松尾 勘太/黒川 公二(佐倉市立美術館)
松田啓佑/徳山 拓一(森美術館)
村上 華子/金井 直(信州大学)
村田 宗一郎/桝田 倫広(東京国立近代美術館)
屋宜 久美子/小林 純子(沖縄県立芸術大学)
矢野 佑貴/大島 賛都(アーツサポート関西)
米田 拓朗/小原 真史(IZU PHOTO MUSEUM)

VOCA展実行委員会
■委員長:建畠 晢(多摩美術大学学長)
■副委員長:本江 邦夫(多摩美術大学教授)/武富 正夫(第一生命保険株式会社取締役常務執行役員)
■委員:島 敦彦(愛知県美術館館長)/光田 由里(DIC川村記念美術館学芸課長)/柳沢 秀行(大原美術館学芸課長)/泉 菜々子(第一生命保険株式会社DSR推進室課長)/坂元 暁美(上野の森美術館主任学芸員)

<イベント>
■受賞作家によるアーティスト・トーク ※申込み不要。ただし、展覧会の入場券が必要です。
受賞者が自作について語ります。(以下敬称略)
日時:3月11日(土)15:00~16:00
上田良(VOCA奨励賞)、村上華子(佳作賞)
3月18日(土)15:00~16:00
幸田千依(VOCA賞)、鈴木基真(VOCA奨励賞)、青木恵美子(佳作賞/大原美術館賞)
場所:上野の森美術館

■金氏徹平「記号は記号ではない」
日時:3月11日(土)~30日(木)10:00~18:00
場所:上野の森美術館ギャラリー
上野の森美術館の別館ギャラリーでは、VOCA展の会期に合わせ、同展覧会にゆかりのある作家の小企画展を開催します。今回は「VOCA展2007」出品者である金氏撤平さんの個展です。
<トークセッション>
3月11日(土)16:30~17:30/金氏徹平+加納俊輔、田中秀和、東畠孝子

■学芸員によるトーク ※申込み不要。ただし、展覧会の入場券が必要です。
上野の森美術館学芸員が出品作品を紹介します。
日時:3月12日(日)、19日(日)15:00~16:00
場所:上野の森美術館

最新情報につきましてはVOCA展ホームページをご覧ください。

(プレスリリースより)

開始日2017/03/11
終了日2017/03/30
エリア東京都
時間開館時間:10:00~18:00
休日会期中無休
その他備考一般:¥600、大学生:¥500、高校生以下:無料
開催場所上野の森美術館
アクセス東京都台東区上野公園1-2/TEL:03-3833-4191
http://www.ueno-mori.org/about/