<トーク>岡本光博 × 都築響一 × 工藤健志‘ちょっと、最近、漂白しすぎじゃない?~ 美術家、編集者、学芸員が考える岡本作品と日本の美術の今。’@青山ブックセンター本店(9/29)

69-main1

岡本光博 作品図鑑『69』刊行記念企画

岡本光博 × 都築響一 × 工藤健志
ちょっと、最近、漂白しすぎじゃない?

~美術家、編集者、学芸員が考える岡本作品と日本の美術の今。

日程:2016年9月29日 (木)
時間:19:00~21:00/開場18:30~
料金:1,944円(税込)
定員:110名様
会場:青山ブックセンター本店・大教室
詳細&お申し込み:http://www.aoyamabc.jp/culture/69/
***
《バッタもん》や《UFO-unidentified falling object (未確認墜落物体)》が代表作として知られる、現代美術家 岡本光博さんが、9月10日から神楽坂のギャラリーeitoeikoにて個展「69」を開催するとともに、はじめての作品集『69』を刊行します。これまでに制作した約2000点以上に及ぶ作品から、厳選した69点を収録した一冊です。
そんな本書の刊行を記念して、岡本光博さん、ゲストに都築響一さん、そしてモデレーターに岡本さんの個展のキュレーションをされた、青森県立美術館学芸員の工藤健志さんをお迎えし、岡本作品の魅力に迫ります。

「最近、漂白されがちな展覧会に出会いがち」と都築さん。
確かに、近年、ワイセツ、著作権、政治的などさまざまな理由で、作家の古今を問わず、展示されなかったり、撤去要請されたり、改変を求められたりなどなど、さまざまなフィルターを通じて、美術が漂白される場面をよく耳にします。

しかし、そんな中、岡本さんは、時に検閲や規制という壁に立ち向かいながら、常に社会に切り込む作品を制作し続けています。そして、都築さんは圏外編集者としてさまざまなアーティストを発掘・応援しながら、ご自身でもアツコバルーでエロをテーマにした「神は局部に宿る」展を開催するなど、2人とも果敢に、そして勇敢に「美術」「表現」、そして「表現者たち」と向き合っています。

今回は、本トークのために厳選した岡本さんの作品を見ながら、その深淵に迫るとともに、美術家の岡本さん、圏外編集者の都築さん、そしてキュレーターの工藤さんの3人それぞれの視点から、美術の漂白についてお話いただくことで、日本の美術界の現在に切り込もうと思います。

今回のトークは漂白ゼロ。
3人の69なトークを乞うご期待!

開始日2016/09/29
終了日2016/09/29
エリア東京都
時間19:00~21:00(開場18:30~)
休日
その他備考1,944円(税込)
開催場所青山ブックセンター本店内・大教室
アクセス青山ブックセンター本店内・大教室
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-67-B2F
電話:03-5485-5513
メール:culture@boc.bookoff.co.jp