メアリー・カサット展 Mary Cassatt Retrospective

桟敷席にてs

《桟敷席にて》1878年 油彩、カンヴァス 81.3×66.0cm ボストン美術館蔵
The Hayden Collection-Charles Henry Hayden Fund, 10.35.
Photography © 2015 Museum of Fine Arts, Boston

・English at the below

メアリー・カサット(1844-1926)は、米国ペンシルヴェニア州ピッツバーグ郊外の裕福な家庭に生まれました。画家を志し、21歳のときに父親の反対を押し切ってパリに渡りました。古典絵画の研究から出発し、やがて新しい絵画表現を模索するなかでエドガー・ドガと運命的な出会いをとげ、印象派展への参加を決意します。カサットは、印象派から学んだ軽やかな筆遣いと明るい色彩で身近な女性たちの情景を描き、独自の画風を確立していきました。特に母子を温かい眼差しで捉えた作品は人々の共感を呼び、カサットの名を不朽のものとしています。晩年には、その業績に対しフランス政府からレジオン・ドヌール勲章シュヴァリエが授与されました。女性の職業画家がまだ少なかった時代に、さまざまな困難を乗り越えて画家となる意志を貫いたカサットの、力強くエレガントな生き様は、現代の私たちにも勇気を与えてくれるでしょう。

本展では、カサットの油彩画やパステル画、版画の代表作に加え、エドガー・ドガ、ベルト・モリゾなど交流のあった画家たちの作品、画家が愛した日本の浮世絵版画や屏風絵なども併せて合計約100点を展観し、初期から晩年にいたるまでのカサットの画業の全貌を紹介します。日本では35年ぶりの待望の大回顧展となる本展は、愛にあふれるカサット芸術の真髄に触れる貴重な機会です。

* * * 展覧会特設サイト * * *

《浜辺で遊ぶ子どもたち》1884年 油彩、カンヴァス 97.4×74.2cm
ワシントン・ナショナル・ギャラリー蔵 National Gallery of Art, Washington,
Ailsa Mellon Bruce Collection, 1970.17.19

【関連イベント】
関連イベントについてはこちらをご覧ください。

《バルコニーにて》1873年 油彩、カンヴァス 101.0×54.6cm フィラデルフィア美術館蔵
Courtesy of the Philadelphia Museum of Art, Gift of John G. Johnson for
the W. P. Wilstach Collection, 1906

同時開催中:横浜美術館コレクション展2016年度第1期 しなやかさとたくましさ―横浜美術館コレクションに見る女性の眼差し アメリカ写真の展開:1860年代-1940年代

《眠たい子どもを沐浴させる母親》1880年 油彩、カンヴァス 100.3×65.7cm
ロサンゼルス郡立美術館蔵 Digital Image © 2015 Museum Associates / LACMA.
Licensed by Art Resource, NY

美術館ホームページより)

The American-born woman artist, Mary Cassatt (1844-1926), was active in Paris during the latter-half of the 19th century. During a period when professional women artists were still rare, Cassatt carried through with her intention to become an artist and travelled to France to study painting. In France she searched for a new form of expression and participated in the Impressionist exhibitions where she established her own individual style of painting focusing on everyday family scenes as her subject matter. Cassatt’s works became highly recognized in both France and the United States, and in 1904 she received La Légion d’honneur Chevalier from the French government. Furthermore, Cassatt formed friendships with American art collectors such as the wealthy Louisine Havemeyer, becoming their advisor and contributing to the development of the American art scene.

Cassatt can be considered as one of the more popular Impressionist artists in Japan but she has mainly been recognized as a pioneer woman artist and as a painter of mother and child scenes, whilst her entire oeuvre still remains relatively unknown. The last Cassatt exhibition to be held in Japan was in 1981 and only a few of her works can be found in Japanese collections. This exhibition is the first large-scale retrospective exhibition of Cassatt’s works to be held in Japan in 35 years and provides an important opportunity to show the artist’s works together.

The exhibition displays approximately 80 carefully selected works which includes oil paintings, prints, pastels and drawings, spanning from her early to late career, in three exhibition sections. In addition, the exhibition shows the works of contemporary artists of her time with whom Cassatt had interactions such as Edgar Degas and Berthe Morisot, and examines their relationship with Cassatt. Furthermore, the exhibition displays the Byōbu-e (folding screen) formerly belonging to Cassatt and also Ukiyo-e prints which influenced the artist, and analyzes in depth what Cassatt mastered from Japanese art.

《沐浴する女性》1890-91年 ドライポイント、ソフトグランド・エッチング
36.7×26.8cm ブリンマー・カレッジ蔵 Courtesy of Bryn Mawr College

Also The Exhibition of the Yokohama Museum of Art Collection 2016 Part 1 (Graceful and Tough: The Feminine Gaze – Works from the Yokohama Museum of Art Collection, The Evolution of America Photography, 1860,’s-1940s) until September 11 (Sun.) 2016 is available with the ticket to Mary Cassatt Retrospective on the same day.

《果実をとろうとする子ども》1893年 油彩、カンヴァス 100.3×65.4cm
ヴァージニア美術館蔵 Virginia Museum of Fine Arts, Richmond, Gift of
Ivor and Anne Massey, 75.18 Photo: Travis Fullerton © Virginia Museum of Fine Arts

(From the Museum Homepage

開始日2016/06/25
終了日2016/09/11
エリア神奈川県
時間10時~18時(入館は17時30分まで) 
※夜間開館:2016年9月2日(金)は20時30分まで開館(入館は20時まで) 
休日木曜日 ただし2016年8月11日(木・祝)は開館  
その他備考観覧料(当日券): 一般 1,600円/ 大学・高校生 1,100円/ 中学生 600円/小学生以下 無料/65歳以上 1,500円(要証明書、美術館券売所でのみ対応)
※団体は200円引き、有料20名以上(要事前予約)
※毎週土曜日は、高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
※観覧当日に限り「メアリー・カサット展」観覧券で「横浜美術館コレクション展」も観覧可
オンラインチケットは http://www.e-tix.jp/cassatt2016/ でお求めいただけます
・English
http://yokohama.art.museum/eng/exhibition/index/20160625-466.html
開催場所横浜美術館
アクセス〒220-0012 
神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル) ○みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい」駅〈3番出口〉から、マークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由徒歩3分、または〈マークイズ連絡口〉(10時~)から徒歩5分。
○JR(京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から〈動く歩道〉を利用、徒歩10分。
http://yokohama.art.museum/visit/access.html
・English
http://yokohama.art.museum/eng/visit/access.html