緊急開催! 「場所をつくる」建築家 田根剛の仕事。 ~競技場、美術館、展覧会、舞台まで。(ポンピドゥー・センター傑作展 開催記念 )@青山ブックセンター本店 6/8開催!

田根さんポートレイト

ポンピドゥー・センター傑作展 開催記念

緊急開催!
「場所をつくる」建築家 田根剛の仕事。
~競技場、美術館、展覧会、舞台まで。

日程:2016年6月8日 (水)
時間:19:00~21:00/開場18:30
料金:2,160円(税込)
定員:45名様
会場:青山ブックセンター本店内・小教室

詳細・お申し込みはコチラ
http://www.aoyamabc.jp/culture/pompi/

***

「作品をアーティスト本人が語る展示構成にしました。時代を追いかけながら、アーティストと作品、作品と言葉、言葉とアーティストに注目してください。これまでに見たことのない斬新な展示を試みました。偉大なる傑作への敬意ある挑戦です。」

田根剛

この夏、近現代美術の殿堂といわれるポンピドゥー・センターの名作の数々が東京都美術館に上陸し、「ポンピドゥー・センター傑作展」が開催されます。作品はもちろんのこと、本展は「展示空間」も見逃すことができません。展示デザインを担当したのは、パリを拠点に、世界で活躍する建築家 田根剛さんです。新国立競技場デザインのファイナリストに選ばれた「古墳スタジアム」が耳に新しい人が多いかもしれません。

建築というと「建物」を想起する人が多いかも知れませんが、田根さんは「場所をつくる」ことを大切に、エストニア国立博物館、パリのとらや、新潟のダンスカンパニーNoismの舞台デザインなど、美術館、住宅、展覧会、舞台、と多岐にわたる仕事を手がけています。

では、こんなにさまざまな仕事をしている田根さんにとって「建築」とは何でしょうか。「場所をつくる」とは、どういう意味なのでしょうか。どうやらデザインすること、設計することにはとどまらないようです。

今回は、田根剛さんご本人から、本展の展示空間のつくり方をはじめ、これまでの仕事をいくつか紹介していただきながら、世界を舞台に活躍される中での葛藤や魅力を通じて、田根さんが肌身をもって考えてこられた建築の姿、意味についてお話いただきます。

建築家と展覧会が出会うとき、どのような空間が生まれるのか。
ぜひ、田根さんのお話を聞いてから、「これまでに見たことのない斬新な展示」を体験してください!

開始日2016/06/08
終了日2016/06/08
エリア東京都
時間19:00~20:30+質疑応答 / 開場18:30
休日
その他備考2,160円(税込)
開催場所青山ブックセンター本店・小教室
アクセス東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
電話:03-5485-5513
メール:culture@boc.bookoff.co.jp
http://www.aoyamabc.jp/store/honten/