大巻伸嗣「くろい家」 

くろい家2

千住の空き家がアートに変わる。

時の影が、ゆれる

下町の喧噪を抜けると、突如現れる「くろい家」。築50年を超える異様な佇いで、かつては鉄工所、居酒屋、釣堀だったとか。時間が止まったままのこの空間で、アーティストの大巻伸嗣が時の影をゆらします。かすかに気配が動くのは、忘却から蘇る時なのか、それとも異次元の時間なのか。

千住では、《Memorial Rebirth》で毎年無数のシャボン玉を飛ばしてカラフルな空間を提示している大巻ですが、今回の作品で、ゆっくりと現れる孤独な光の玉はモノトーン。その中には、ゆらぐ影が隠れていて…。

市原の《おおきな家》、越後妻有の《影向の家》などで発表された神秘的な世界が、千住ではどのような展開をみせるのでしょうか。

ゲストキュレーター:難波祐子

<大巻伸嗣|おおまきしんじ>
1971 年岐阜県生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科准教授。アジアパシフィックトリエンナーレや横浜トリエンナーレ2008、エルメス セーヴル店(パリ)、アジアンアートビエンナーレなど世界中の芸術祭や美術館・ギャラリーでの展覧会に参加している。展示空間を非日常的な世界に生まれ変わらせ、鑑賞者の身体的な感覚を呼び覚ます、ダイナミックな作品《Liminal Air》・《Memorial Rebirth》・《ECHO》を発表している。

アーティストサイト

アートアクセスあだち 音まち千住の縁 ウェブサイトより)

開始日2016/04/02
終了日2016/05/08
エリア東京都
時間10:00〜17:00
休日火、水、木、金(土・日・月・祝日のみ開催)
その他備考入場無料
混雑状況によって、入場をお待ちいただく場合がございます
開催場所くろい家
アクセス東京都足立区千住仲町29-4
北千住駅(西口)から徒歩約10分
※駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。