黒田清輝展キュレーター勢ぞろい!黒田清輝のABC 第1回 @青山ブックセンター本店 4/19開催!

profs2

生誕150年 黒田清輝展 開催記念企画 トークレクチャーシリーズ

黒田清輝のABC 第1回
西洋絵画の衝撃。黒田清輝が抱いた葛藤と使命
~本当に伝えたかったこと

出演:三浦篤さん、山梨絵美子さん、松嶋雅人さん

日程:2016年4月19日 (火)
時間:19:00~21:00/開場18:30~
料金:1,944円(税込)
定員:110名様
会場:青山ブックセンター本店・大教室

詳細・お申し込みはコチラ
http://www.aoyamabc.jp/culture/kuroda-abc1/

***
黒田清輝が今年、生誕150年をむかえます。
明治維新の幕開けとなった大政奉還からも150年経ちます。
その節目の年に、東京・上野公園の東京国立博物館にて「生誕150年 黒田清輝」展が開催されます。本展は、黒田作品のみならず、黒田が影響を受けた、ラファエル・コランやミレーなどフランス絵画が合わせて展示される斬新な展示であるとともに、大変貴重な機会です。

黒田清輝は18歳になる年に法律を学ぶために単身フランスに留学します。しかし、留学先での画家仲間との交流から描くことの楽しさに目覚め、法律学校を退学。その後、ラファエル・コランを師とし、フランス絵画の技術や絵画への姿勢、思想を習得/吸収し、《読書》にてサロンの入選を果たすまでに力をつけました。帰国後、黒田はフランスで培った外光派の描写によって日本の洋画界に風穴を開けたとともに、東京美術学校にて西洋画の教鞭をとる中で、日本美術のアカデミズムを築くことに尽力をしてきました。

そんな黒田は、今日では日本近代絵画の巨匠、洋画の父と呼ばれ、まさに日本美術の近代化を考える上で必要不可欠な人物ですが、彼が留学時に西洋絵画の技術や思想を目の当たりにして受けた衝撃は、現代を生きる私たちには想像にできないほど計り知れなかったかもしれません。

では、一体、黒田はフランスで何を目の当たりにし、何を感じたのでしょうか。
なぜ、黒田は日本美術の近代化にそこまで奮闘をしたのでしょうか。
黒田を突き動かしたものとは何だったのでしょうか。

今回は、三浦篤さん、山梨絵美子さん、そして松嶋雅人さんと、本展のキュレーションを務められたお3方全員にご出演いただき、黒田の作品の魅力のみならず、画業人生を通じ、黒田が何を成し遂げようとしたのか、彼が日本の美術界に対して抱いた野心と使命に接近します。
さらに、急速にグローバル化が進み、オリンピックの開催も控えている今日、黒田が身を以て経験した、日本と西洋の間での葛藤についてみていくことで、現代を生きる私たちがいかにして世界と対峙すべきかをも考える機会にしたいと思います。
– See more at: http://www.nettam.jp/bbs/detail.php?no=15411#sthash.y41D2KQi.dpuf

 

開始日2016/04/19
終了日2016/04/19
エリア東京都
時間19:00~21:00
休日
その他備考1,944円(税込)
開催場所青山ブックセンター本店・大教室
アクセス〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
電話:03-5485-5513