山下裕二×三潴末雄 「手の国再再再発見」@青山ブックセンター本店

71ahVjbUfML

三潴末雄連続トーク「日本再再再発見」番外編
『MIZUMA 手の国の鬼才たち』(求龍堂)刊行記念

山下裕二 × 三潴末雄
鬼才に迫る 手の国再再再発見

日程:2016年2月11日 (木)
時間:18:00~20:00+サイン会/開場17:30
料金:1,944円(税込)
定員:110名様
会場:青山ブックセンター本店・大教室
詳細・お申し込みはコチラ

***
ミヅマアートギャラリーディレクター三潴末雄さんとゲストが「日本」をテーマに語り合う対談シリーズ「日本再再再発見」。2011年 猪子寿之さんを皮切りに、植島啓司さん&高橋正宣さん、高橋龍太郎さん、椹木野衣さん、茂木健一郎さん、原研哉さん、会田誠さんとさまざまな現場で活躍をされている方をゲストに招き、開催をしてきました。
今回は、ミヅマアートギャラリーの作家30名との出会いや魅力を三潴末雄さんが語る『MIZUMA 手の国の鬼才たち』(求龍堂)の刊行を記念し、美術史家の山下裕二さんをゲストにお招きして開催いたします。
サイン対象は三潴さんと山下さんのご著書です。

また、お1人様、それぞれ2冊までとさせていただきます。

会田誠、青山悟、池田学、OJUN、天明屋尚、宮永愛子、山口晃など、三潴さんはギャラリストとして、日本の現代美術を語る上で欠かすことのできない名だたる作家たちを見出してきました。三潴さんのもとに集まってきた作家たちはもくもくと手を動かし、ひたむきに制作を続け、その技術力と情熱、そして美学をもって人々を圧倒します。

三潴さんは作家たちとの出会いを通じ、「日本や東南アジア(中略)、このアートの辺境の、その地層の中に、欧米が作り出した現代アートをひっくり返す程のエネルギーが潜んでいる(本書8頁)」と「手の国」の「鬼才」たちの力を確信されています。そして今もなお、作家の魅力を発信するとともに、まだ見ぬ才能に出会うために、日本とアジアを中心に世界中を駆け回り、挑戦し続けています。

今回は、古今の壁を飛び越えて日本美術の魅力を発信し続ける美術史家の山下裕二さんをお迎えし、三潴さんと作家の出会いをお話しいただきながら、古の日本美術を参照することでミヅマアートギャラリーの作家の魅力、そして手の国の底力を掘り下げて考えていくとともに、鬼才を見出してきた三潴さんの審美眼、先見力にも迫ります。

****

トーク終了後、三潴末雄さんと山下裕二さんによるサイン会を開催します。

開始日2016/02/11
終了日2016/02/11
エリア東京都
時間18:00~20:00/開場17:30~
休日
その他備考1,944円(税込)
開催場所青山ブックセンター本店・大教室
アクセス住所:東京都渋谷区神宮前5-53-67-B2F
青山ブックセンター本店内
電話:03-5485-5513
メール:culture@boc.bookoff.co.jp