村上隆のスーパーフラット・コレクション ―蕭白、魯山人からキーファーまで―     Takashi Murakami’s Superflat Collection ―From Shōhaku and Rosanjin to Anselm Kiefer―

1_Murakami&Collection_横

村上隆とスーパーフラット・コレクション 撮影:平尾健太郎
Takashi Murakami and his Superflat Collection Photo: Kentaro Hirao

古美術、現代アート、その他もろもろ
御開帳!村上隆のスーパーフラット・コレクション

この展覧会は、現代日本を代表するアーティスト、村上隆(むらかみたかし)(1962年生まれ)の現代美術を中心とするコレクションを初めて大規模に紹介するものです。

村上隆は、東京藝術大学にて日本画初の博士号を取得。現代美術と日本の伝統絵画、ハイカルチャーとポップカルチャー、東洋と西洋を交差させた極めて完成度の高い一連の作品で世界的に評価され、海外の著名な美術館で数々の個展を開催してきました。

アーティストとしての精力的な創作の一方で、村上隆はキュレーター、ギャラリスト、プロデューサーなど多岐にわたる活動も展開しています。特に、近年、独自の眼と美意識で国内外の様々な美術品を積極的に蒐集し続けており、その知られざるコレクションは、現代美術を中心に日本をはじめとするアジアの骨董やヨーロッパのアンティーク、現代陶芸や民俗資料にまで及んでいます。村上隆にとって「スーパーフラット」とは、平面性や装飾性といった造形的な意味のみに限定されるのではなく、時代やジャンル、既存のヒエラルキーから解放された個々の作品の並列性、枠組みを超えた活動そのものを示しており、「芸術とは何か?」という大命題に様々な角度から挑み続ける作家の活動全体(人生)を包括的に表す広範かつ動的な概念と捉えられるでしょう。

圧倒的な物量と多様さを誇るこれら作品群を通して、村上隆の美意識の源泉、さらには芸術と欲望、現代社会における価値成立のメカニズムについて考えるとともに、既存の美術の文脈に問いを投げ掛ける、またとない機会となるでしょう。

荒木経惟《センチメンタルな旅》 1971年(2015年プリント)
Nobuyoshi Araki, Sentimental Journey, 1971 (2015 print)
© Nobuyoshi Araki, Courtesy of Taka Ishii Gallery, Tokyo

<関連イべント>

最新情報につきましては美術館ホームページをご覧ください。

■村上隆トークイベント(村上隆のスーパーフラット・コレクション展)— 終了しました。
※当日の記録映像は後日、美術館サイトに公開します。
日程   2016年1月30日(土)14時~16時(受付開始:13時30分)
登壇者 村上隆(アーティスト)
聞き手:三木あき子(本展ゲストキュレーター)、逢坂恵理子(横浜美術館館長)
会場  横浜美術館レクチャーホール
参加費 無料
定員  240名(先着順)

■学芸員によるギャラリートーク(村上隆のスーパーフラット・コレクション展)
日程   2016年2月12日(金)、26日(金)、3月11日(金)、25日(金)
時間  いずれも15時~15時30分
会場  村上隆のスーパーフラット・コレクション展展示室
参加費 無料(事前申込不要、当日有効の本展観覧券が必要)

■夜の美術館でアートクルーズ(村上隆のスーパーフラット・コレクション展)
閉館後の美術館で、学芸員の解説つきで展覧会をゆったり鑑賞できる人気プログラム。
日程   ①2016年2月20日(土)—受付は終了しました
.    ②2016年3月9日(水)※①②は同内容
時間   いずれも19時~21時
会場   村上隆のスーパーフラット・コレクション展展示室
対象   18歳以上・各回30名(抽選)
参加費  3,000円
申込方法  参加希望日を選んで、申込フォームからお申込みください
①2016年2月20日(土):申込フォーム —受付は終了しました
②2016年3月9日(水):申込フォーム
申込締切 ①2016年1月21日(木)、②2016年2月11日(木)

フリードリッヒ・クナス《スターライト・ウォーカー(星明りの散歩)》2011年
Friedrich Kunath, Starlite Walker, 2011
© the artist, Photo Ben Westoby, Courtesy White Cube

■「村上隆のスーパーフラット・コレクション」展 関連資料コーナー
『BT:美術手帖』で読む村上隆

現在、最も注目されるアーティスト・村上隆は、キュレーターやギャラリストなど、幅広い活動を展開しています。また、博士論文以来の旺盛な執筆活動に加え、印刷媒体を通じても、アーティストとしての自らの姿勢やその標榜する理念について発信し続けています。

そこで美術情報センターでは、代表的な美術雑誌『美術手帖』で紹介された村上隆に着目し、活動初期の1992年から2016年までの中で、村上隆へのインタビューや対談などが掲載された20冊を展示し、『美術手帖』から村上隆像を読み解いていただけるコーナーとしました。

どうぞ展覧会とあわせてご覧ください。展示リスト

会期  2016年1月30日(土)~2016年4月3日(日)
時間   10時~18時(入室は17時30分まで)
休室日  木曜日(ただし2016年2月11日[木・祝]は開室)
料金   入場無料(展覧会観覧には観覧料が必要です)
場所   横浜美術館美術情報センター

曾我蕭白《定家・寂蓮・西行図屏風》 江戸中期
SOGA, Shōhaku, Teika, Jakuren, and Saigyō Middle of Edo period

■村上隆の五百羅漢図展
会期   2015年10月31日(土)~2016年3月6日(日)
会場   森美術館
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
TEL:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
展覧会公式サイト

フランク・ベンソン《ジュリアナ》2015年
Frank Benson, Juliana, 2015 Courtesy of the artist

Antiques, Contemporary Art and More
Takashi Murakami’s Superflat Collection Unveiled

This exhibition is the first large-scale public showing of the renowned contemporary Japanese artist Takashi Murakami’s private collection centered around contemporary art.

Murakami (b. 1962) received the first Ph.D in Nihonga to be granted by the Tokyo University of the Arts Graduate School of Fine Arts and has since come to be known worldwide for his extremely polished works blending contemporary art and traditional Japanese painting, high culture and pop culture, East and West. He has held a number of solo exhibitions at prestigious museums around the world.

While energetically pursuing his creativity as an artist, Murakami has also been active as a curator, gallerist, and producer. In recent years, in particular, he has become an avid collector, acquiring a wide variety of artworks in and out of Japan with a perceptive eye and unique aesthetic sensibility. This little known collection, while loosely focused on contemporary art, includes old Japanese and Asian artifacts, European antiques, contemporary pottery, and folk art and crafts. Murakami’s guiding concept of Superflat not only refers to formal aspects he identifies with Japanese art, such as flatness of the picture plane and decorativeness, but also extends to a view of art that rejects hierarchical divisions between different artistic genres or eras and frees artistic activities from definitional boundaries. It is a dynamic, expansive concept that applies to the entirety of the artist’s life and activity as he wrestles with the big question, “What is art?” from various angles.

This exhibition of Murakami’s unique collection, with its overwhelming quantity and diversity, will provide an insight into the sources of the artist’s aesthetic ideas, the nature of art and desire, and the mechanisms that create value in contemporary society, while also encouraging viewers to question art’s conventional context.

<Takashi Murakami>
Born 1962 in Tokyo, Murakami completed his doctoral work at Tokyo University of the Arts School of Fine Arts, becoming the first person at the university of to earn a Ph.D. in Nihonga. In 2008, he was selected as one of TIME magazine’s “The 100 Most Influential People.” He is well known for his corporate branding projects with Louis Vuitton, VANS, shu uemura, and Roppongi Hills, as well as collaborations with musicians such as Kanye West, Pharrell Williams, and Yuzu. More recently, he has concentrated on film and video production, and released his first live-action feature film Jellyfish Eyes in 2013. He is scheduled to release an animated television series 6HP(Six Hearts Princess).

白隠慧鶴《いつみても達磨》 江戸中期
Hakuin, Ekaku, Darumazu (Portrait of Daruma/Bodhidharma)

<Related Information>
Takashi Murakami: The 500 Arhats
The first large-scale Murakami solo exhibition in Japan in 14 years features The 500 Arhats, one of the largest paintings ever produced in global art history, as well as a number of new works in which he continues to offer up new challenges to the history of contemporary art. This exhibition will be an unparalleled opportunity to encounter Murakami as a mature artist working with astonishing scale, energy, and artistic accomplishment.

Dates:October 31 (Sat), 2015- March 6 (Sun), 2016
Venue:Mori Art Museum
53F Roppongi Hills Mori Tower,
6-10-1 Roppongi, Minato-ku, Tokyo, Japan
+81 (0)3-5777-8600 (Hello Dial)
Web site

奈良美智《ハートに火をつけて》 2001年
Yoshitomo Nara, Light My Fire, 2001 ©Yoshitomo Nara, Courtesy of the artist

美術館ホームページより、From Yokohama Museum of Art HP

開始日2016/01/30
終了日2016/04/03
エリア神奈川県
時間10時~18時(入館は17時30分まで)
休日木曜日 ※2016年2月11日(木・祝)は開館
その他備考観覧料:一般 1,500円(団体1,400円) 大学・高校生 900円(団体800円) 中学生 400円(団体300円) 小学生以下 無料 65歳以上 1,400円(要証明書、美術館券売所でのみ対応) 
※団体は有料20名以上(要事前予約)
※毎週土曜日は、高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
※観覧当日に限り「村上隆のスーパーフラット・コレクション」観覧券で横浜美術館コレクション展も観覧可
開催場所横浜美術館
アクセス〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
TEL:045-221-0300(代表) FAX:045-221-0317
○みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい」駅〈3番出口〉から、マークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由徒歩3分、または〈マークイズ連絡口〉(10時~)から徒歩5分。
○JR(京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から〈動く歩道〉を利用、徒歩10分。
http://yokohama.art.museum/visit/access.html