18th DOMANI・明日展 未来を担う美術家たち The Art of Tomorrow

チラシ

未来を担う美術家たち  18th DOMANI・明日展  文化庁芸術家在外研修の成果
“18th DOMANI:The Art of Tomorrow” Exhibition  The Achievements of the Japanese Government Overseas Study Program for Artists provided by  the Agency for Cultural Affairs

DOMANI・明日展とは

文化庁は、将来の我が国の芸術界を支える芸術家を育成するため、若手芸術家等が海外の大学や芸術関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度」(※)を1967年度から実施し、「DOMANI・明日展」はその研修の成果発表の場として1998年に始まりました。

第18回を迎える本展は、研修を終えたフレッシュな作家たちのショウケースとなるようにヴァージョン・アップし、「表現と素材 物質と行為と情報の交差」というテーマを設けて開催いたします。

今日のアーティストにとって、表現のための素材は、物質だけではなく、行為や行動そのもの、情報のようにかたちを伴わないものも、その範疇にはいります。素材の対象が大きく変化してきている背景には、現代社会が高度に情報化したことや、発達著しいテクノロジーの影響により、私たちが世界をとらえる感覚がかわってきたことがあげられるでしょう。物質、行為、情報等、あらゆるものが素材となりうる中で、作家は自らの表現に適した素材を選び、創作しています。

今回は、2000 年以降の海外研修経験者のなかから特に表現と素材の関係が際立つ作家を中心に選び、さらにこれまであまり紹介する機会のなかった「文化庁優秀美術作品買上制度」で作品が文化庁の所蔵となっている作家から、今回のテーマにも合致する木版表現の風間サチコも加えて展覧いたします。国立新美術館の豊かな空間を生かした絵画、彫刻、版画、染織、モザイク、アニメーション、映像、インスタレーションといった多彩な12 の展示に加え、保存・修復分野の研修生の成果も紹介し、美術を支える分野への理解も深める機会ともします。

関連イベントとして、今回は例年好評をいただいている出品者によるギャラリートークに加え、2 回の座談会を設けます。出品作家2 名と、ゲストとして片岡真実氏(森美術館チーフキュレーター)を迎え、「滞在制作」をテーマとしたものと、近年、文化庁が力を注いでいる建築分野の「アーカイブ」について、藤本貴子氏(平成25 年度研修員、現・国立近現代建築資料館研究補佐員)と山名善之氏(東京理科大学理工学部教授)のセッションを開催いたします。

新しい才能、分野の出会いの場に是非お出かけください。

※新進芸術家海外研修制度
文化庁が若手芸術家を海外に派遣し、その専門とする分野の研修を支援する制度。1967 年度以来、約3,200 名を派遣してきました(うち美術部門は約1,200 名)。美術、音楽、舞踊、演劇、映画、舞台美術等、メディア芸術の各分野を対象に1 年、2 年、3 年、特別(80 日間)、短期(20 日~40 日)及び高校生(350 日)の6 種類があり、研修員は海外の大学や芸術団体で実践的な研修を行っています。この制度の詳しい内容は以下をご覧ください。

この制度の詳しい内容は文化庁HPをご覧ください。

<ARTISTS 出品作家>

《人の島》2011

ALIMO ALIMO(2012年・エストニア)
1977年生/アニメーション
東京藝術大学大学院映像研究科修了
2012年第16回文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員会推薦作品
現在、広島市立大学芸術学部講師

* * *

《A.R. #496“Citrus”Paraiso》(部分)2013-15年

木島 孝文 Takafumi KIJIMA (2009年・ブラジル)
1974年生/日本画
武蔵野美術大学大学院修了
2005年武蔵野美術大学パリ賞
武蔵野美術大学非常勤講師を経て現在、東京を拠点に活動

* * *

《underground sound of rain》2013年 ※参考画像

栗林 隆 Takashi KURIBAYASHI(2014年・インドネシア)
1968年生/インスタレーション
武蔵野美術大学卒業
2011年第7回武蔵野美術大学建築学科芦原義信賞
現在、インドネシアを拠点に活動

* * *

《Untitled》2006年 UBS Art Collection

佐伯 洋江 Hiroe SAEKI(2012年・イギリス)
1978年生/現代美術
京都精華大学美術学部デザイン学科ビジュアルコミュニケーションデザイン・コース卒業
2006年VOCA展2006 奨励賞
現在、ベルリンを拠点に活動

* * *

《Layer -彼方より彼方へⅠ》2013年

線 幸子 Sachiko SEN(2007年・ベルギー)
1949年生/現代美術
太平洋美術学校にて学ぶ
1990年第18回日本国際美術展 佳作賞
現在、東京と神奈川を拠点に活動

* * *

《You might be watched over while the bell rings.》2013年 ※参考画像

田村 友一郎 Yuichiro TAMURA(2012年・ドイツ)
1977年生/メディアアート
東京藝術大学大学院映像研究科博士後期課程在籍
2010年第14回文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞
現在、東京とベルリンを拠点に活動

* * *

《黎明の響き》2014年 株式会社ベリタス蔵

富岡 直子 Naoko TOMIOKA(2005年・アメリカ)
1966年生/絵画
多摩美術大学絵画科油画専攻卒業
1996年VOCA 展1996 奨励賞
現在、神奈川を拠点に活動

* * *

《猫だるま−拾伍ノ姫・流星》2013年 個人蔵

西ノ宮 佳代 Kayo NISHINOMIYA(2013年・イタリア)
1981年生/モザイク
東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程油画修了
2009年上野芸友賞
現在、東京を拠点に活動

* * *

《南無不可思議光如来-再生の輝き》2007年

野田 睦美 Mutsumi NODA(2012年・フランス)
1971年生/染織造形
京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程修了
2009年第64回新匠工芸会展会友賞
現在、広島市立大学芸術学部講師

* * *

《Interlinking moments》2013年 個人蔵

古川 あいか Aika FURUKAWA(2012年・ドイツ)
1982年生/絵画
東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業
現在、東京とドイツを拠点に活動

* * *

《a tree man》2011年 写真提供:アートシード

松岡 圭介 Keisuke MATSUOKA(2013年・アメリカ)
1980年生/彫刻
東北芸術工科大学大学院芸術工学研究科芸術文化専攻彫刻修了
2008年群馬青年ビエンナーレ2008優秀賞
現在、仙台を拠点に活動

<ゲスト作家>

《風雲13号地》2005年 文化庁蔵

風間サチコ Sachiko KAZAMA
1972年生/版画
武蔵野美術学園版画研究科修了
2006年岡本太郎記念現代美術大賞優秀賞
現在、東京を拠点に活動

<CONSERVATOR 保存修復>

エジプトのコプト染織品を調査している様子
(英国ケンブリッジ大学付属フィッツウイリアム博物館古代遺物部門にて)

石井 美恵 Mie ISHII(2009年・イギリス)
テキスタイル
慶應義塾大学文学部美学美術史専攻卒業
現在、東京文化財研究所文化遺産国際センター客員研究員

* * *

洗浄作業の様子(Niccolo di Pietro Gerini作『死せるキリスト』サン・フェリーチェ教会内
(イタリア、フィレンツェ))

奥村 祥子 Shoko OKUMURA(2010年・イタリア)
フレスコ画
東京芸術大学絵画科日本画専攻卒業
現在、ミラノを拠点に日本画家として活動

<ギャラリートーク>
会場 国立新美術館2階 企画展示室2E内
参加料 無料(但し、本展の観覧券が必要)
事前申込 不要

開催日 2015.12.13 (日) —終了しました
時間 14:00–15:30
出演者 木島孝文、佐伯洋江、野田睦美

開催日 2015.12.19 (土)
時間 14:00–15:30
出演者 ALIMO、田村友一郎、石井美恵

開催日 2016.01.09 (土)
時間 14:00–15:30
出演者 富岡直子、西ノ宮佳代、奥村祥子

開催日 2016.01.16 (土)
時間 14:00–15:30
出演者 線幸子、古川あいか、松岡圭介

※ 内容や日時は変更となる場合がございます。最新情報はハローダイヤル、展覧会ホームページをご確認ください。

<座談会> —終了しました
会場 国立新美術館3階 研修室A,B
参加料 無料
定員 50名
事前申込 要

「オープニング記念 河岸をかえる!滞在制作のススメ」—終了しました
開催日 2015.12.12 (土)
時間 15:00–16:30
パネリスト 栗林隆、風間サチコ
ゲスト 片岡真実氏 (森美術館チーフキュレーター)

「スペシャル対談 アーカイブを海外で学ぶ!― 建築分野を例に」—終了しました
開催日 2015.12.13 (日)
時間 11:00–12:30
藤本貴子氏(平成25 年度研修員、現・国立近現代建築資料館研究補佐員)
山名善之氏(東京理科大学理工学部教授)
[参考]国立近現代建築資料館 http://nama.bunka.go.jp/

※内容や日時は変更となる場合がございます。最新情報はハローダイヤル、展覧会ホームページをご確認ください。

《申込方法》
展覧会事務局宛にFAX(03-3485-7851)かメール(avo-shou.pr@ktd.biglobe.ne.jp)で「イベント名・郵便番号・住所・氏名・電話番号・メールアドレス・人数」をご記入の上、各イベントの1 週間前までにお申込み下さい。応募多数の場合は抽選とさせていただきます。後日、当選者の方にのみご連絡いたします。

※お申し込みいただいた個人情報は、本事業のために使用し、その他の目的では使用しません。

展覧会ホームページより)

開始日2015/12/12
終了日2016/01/24
エリア東京都
時間午前10時~午後6時、毎週金曜日は午後8時まで (入場は閉館の30分前まで)
休日毎週火曜日 2015年12月22日(火)~2016年1月5日(火)は年末年始休館
その他備考観覧料 (税込) 一般 1,000円(800円) 大学生 500円(300円)
※( )内は20名以上の団体料金。
※高校生、18 歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)および障害者手帳をお持ちの方と付添の方1 名は無料。
※団体券は国立新美術館でのみ販売。
※国立新美術館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、またはサントリー美術館、森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は団体料金でご覧いただけます。
開催場所国立新美術館 企画展示室2E
アクセス〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口から徒歩約5分
都営地下鉄大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩約4分