【太湯雅晴】見ざる聞かざる言わざる 展 see no evil hear no evil speak no evil  

tumblr_inline_ny9sctfbXi1qkadw4_500

開かれた場所において
「みせたくないもの」「みたくないもの」「みられないもの」とは
どのようなものだろうか。

倫理性ゆえかもしれない。
だれかの不都合ゆえかもしれない。
恐怖やトラウマゆえかもしれない。
個人的な羞恥心ゆえかもしれない。

それは語られたくないものかもしれない。
しかし確かに存在する紛れもない現実でもあるのだから。

公共空間における「芸術」は「不快なもの」や「戸惑い」をどのように乗り越えていくのか。芸術に関わる多くの人が考えることでもあると同時に、芸術が社会の中に存在している限り、社会全体が考えることではないでしょうか。

今回、一部公的な資金の援助を受けて運営しつつも常に客観的な視点をもって行政とアートの関係性を構築してきたシャトー2Fギャラリースペースにて、その存在が否応なく社会に対して声を発するものであるような表現を鑑賞者がどのように受け止めていくのか、作家と展示を見に来た人々と考える機会としたいと考えています。

参加作家
飯嶋桃代、太湯雅晴、成清北斗、Barbara Darling

http://purojekutos.tumblr.com

■12月20日(日)16:00-17:00
ラウンドテーブル- つくる人×みる人
ゲスト:花房太一(美術批評家)

企画:清水覚子、コーディネート:森田貴之、デザイン:キノシタ

共催:NPO法人アートフル・アクション

開始日2015/12/08
終了日2015/12/20
エリア東京都
時間12:00-19:00
休日無休
その他備考料金:500円(併設カフで使える10%offチケット付き!)
開催場所小金井アートスポットシャトー2F
アクセス〒184-0004 東京都小金井市 本町6-5-3
JR中央線武蔵小金井駅より徒歩10分