シカゴ ウェストンコレクション 肉筆浮世絵ー美の競艶 〜浮世絵師が描いた江戸美人100選

菱川師宣「江戸風俗図巻」

菱川師宣「江戸風俗図巻」絹本一巻 元禄年間(1688~1704)頃
©WESTON COLLECTION

アメリカ・シカゴの日本美術収集家、ロジャー・ウェストン氏所蔵の肉筆浮世絵は、個人コレクションとしては世界有数の規模と質を誇っています。本展では千点を超える同氏のコレクションの中から、厳選された約130点が里帰りし、日本で初公開されます。菱川師宣、勝川春章、喜多川歌麿、歌川豊国、葛飾北斎、河鍋暁斎など、50人を超える絵師たちによる多彩な作品を通して、江戸初期から明治にいたるまでの肉筆浮世絵の流れを知ることができるまたとない機会です。

肉筆浮世絵とは、絵師が絹や紙に筆で直接描いたものを指します。浮世絵といえば、写楽の役者絵、歌麿の美人画、北斎や広重の風景画など、鮮やかな色彩で摺られた版画を思い浮かべる人が多いでしょう。そのような浮世絵版画と区別するため、あえて肉筆浮世絵と呼んでいるのです。

量産される浮世絵版画に対して、一点物の肉筆浮世絵は大変貴重であり、大名や豪商たちからの注文を受けて描かれることもありました。絵師たちが腕をふるった多くの作品には、女性の髪の生え際や、華麗な衣裳の文様まで、精緻に描かれています。華やかな美人たちの競艶をぜひお楽しみください。

<ロジャー・ウェストン氏について>
ロジャー・ウェストン(Roger L. Weston)氏は、シカゴを拠点に銀行持ち株会社を所有するなど、金融・産業の分野で幅広く経営に携わる傍ら、30年の長きにわたり印籠・根付・漆器などの千点を超える日本美術のコレクションを大成されました。特にここ十数年以上かけて、氏が情熱を傾けて収集してきたのが肉筆浮世絵で、個人コレクションとしては世界有数の規模と質を誇ります。地元シカゴ美術館の理事も務め、2010年には同館日本美術ギャラリーの全面改築を単独支援し、新ギャラリーは「Roger L. and Pamela Weston Wing」と名付けられました。

葛飾北斎「美人愛猫図」絹本一幅 享和〜文化年間(1801〜18)
©WESTON COLLECTION
(これより以下の画像はクリックすると拡大します)

出品リスト

第1章 上方で展開した浮世の絵

我が国において、本格的に浮世――つまり、現実社会の営みを絵画化しはじめるのは、16世紀前半の、いわゆる近世初期に入ってからです。その展開は京都を中心とした上方で、およそ17世紀中頃までこの地域で新たな題材が絵画化されていきました。

当初は大名などの権力者の依頼によって、大画面の障屏画が制作されましたが、寛永年間(1624~44)から寛文年間(1661~73)頃に入ると、富裕な民間の注文に移り、歌舞伎や遊里も描かれるようになり、作品も小型化して掛軸装の一人立美人図を生み出すにいたりました。初期にはまだ、やまと絵の土佐派の関与もありましたが、後に漢画の狩野派の絵師たちによって描き続けられ、寛永年間頃には町絵師の手に委ねられて、上方の社会に広く愛好されたものとみられます。

初めて展示される「京・奈良名所図屏風」や、寛文美人と呼ばれる一人立美人図により、この時代をみてみましょう。

(上) 無款「京・奈良名所図屛風」右隻、(下)無款「京・奈良名所図屛風」左隻、ともに
紙本金地着色・六曲一双 寛永〜正保年間(1624〜47)頃 ©WESTON COLLECTION

無款「扇舞美人図」紙本一幅 寛文年間(1661~73)頃 ©WESTON COLLECTION

第2章 浮世絵の確立、江戸での開花

17世紀中葉頃、上方での風俗画の展開は終盤に入りました。ちょうどその頃、江戸では菱川師宣が登場し、肉筆画とともに一枚絵や版本などを精力的に発表して、浮世絵を専業とする浮世絵師という職業が確立しました。また、師宣は菱川派と呼べる浮世絵の流派をはじめて形成し、さらにここから古山派という分派があり、江戸の地における浮世絵界の方向を決定づけたのでした。師宣をして、浮世絵師の祖とする理由はこの点にあるのです。

ここでは師宣の大作「江戸風俗図巻」を中心に置き、構成上で寛文美人の流れをひく「立姿遊女図」とともに、菱川派から分派した古山派の師政の筆になる「遊女と禿の羽根突き図」の3点を紹介します。

菱川師宣「江戸風俗図巻」(部分)絹本一巻 元禄年間(1688~1704)頃
©WESTON COLLECTION

第3章 浮世絵諸画派の確立と京都西川祐信の活動

菱川派と、そこから分派した古山派の活動は長く続くことはありませんでした。しかし師宣らによって花開いた江戸の浮世絵は、これまで以上に華やかで多彩な浮世絵画派を出現させました。

寛文美人以来の背景を省略した一人立美人図は、安度を頭とする懐月堂派に受け継がれ、肥痩の強い流れるような着物の輪郭線による美人画が描かれました。類似作品が多数遺されていることから相当な人気を呼んでいたものと考えられます。本展においては、東川堂里風、梅翁軒永春、松野親信など追随する絵師の作品もあわせて展示します。

この懐月堂や菱川師宣などに影響を受け、肉筆画を専門とした宮川長春と、その門人の長亀、一笑の11点にも及ぶ作品も本展の見どころといえるでしょう。このセクションでは、他に該期の絵師として川又常正、奥村政信、石川豊信、礒田湖龍斎など、まさに多彩な絵師による作品を展示します。

なお、江戸の浮世絵に多大な影響を与えた京都の西川祐信の作品も2点紹介します。

懐月堂度繁「立姿遊女図」紙本一幅 宝永~正徳年間(1704~16)頃
©WESTON COLLECTION

西川祐信「髷を直す美人」紙本一幅 享保年間(1716~36)頃
©WESTON COLLECTION

第4章 錦絵の完成から黄金時代

明和2年(1765)に、鈴木春信らが多色摺木版の錦絵を完成させると、江戸の浮世絵界は“春信様式の時代”とでも呼べる、春信風一色の時代を迎えます。しかし、年代が下って十余年を経た天明年間(1781~89)から寛政年間(1789~1801)になると、これまでの反動からか、個性的な絵師を多く輩出するようになりました。

本展に出陳される絵師では、艶冶(えんや)な遊里の美人画を描いて一世を風靡した喜多川歌麿や、それとは逆に清楚な女性美を追究した鳥文斎栄之と門人の礫川亭永理などが挙げられます。また、歌川派の祖豊春では、はじめて展示される作品を含めて5点が出陳されます。

なお、百川子興(栄松斎長喜)の「七福神酒宴図」は、若き葛飾北斎が宗理を号していた時期の画風と共通する部分が散見される、きわめて興味深い作例です。このたびはじめて公開されます。

勝川春章「浅妻舟図」絹本一幅 天明年間(1781~89)もしくは安永年間(1772~81)
©WESTON COLLECTION

勝川春潮「娘と送り図」絹本一幅 寛政年間(1789~1801)初期頃
©WESTON COLLECTION

第5章 百花繚乱・幕末の浮世絵界

最も浮世絵界全体が活発な活動をみせたのは、幕末であったといえます。豊春を祖とする歌川派は、双璧とされる初代豊国と豊広らの門人によって、最大の画閥を形成します。豊広の門からは広重を輩出し、豊国の門からは二代豊国、国貞(三代豊国)、国芳など浮世絵界をリードする名手が出ています。中でも国貞は多作な絵師で、多数の門人たちにより一大勢力を誇りました。

この歌川派に対し葛飾北斎は、常に画風を変化させながら70年もの作画生活を送って、約200名もの門人がありましたが、没後この一門は急速に衰退をみせました。本章では蹄斎北馬、柳々居辰斎、逸坡、葛飾北濤、抱亭五清、森玉僊を紹介します。この他、菊川英山の作品をはじめ溪斎英泉の優品6点も特筆すべきものです。

初代歌川豊国「見立雪月花図」絹本三幅 文政3~7年(1820~24)頃
© WESTON COLLECTION

初代歌川豊国「時世粧百姿図」(一部) 絹本二十四葉 文化13年(1816)
©WESTON COLLECTION

初代歌川豊国「時世粧百姿図」(一部) 絹本二十四葉 文化13年(1816)
©WESTON COLLECTION

第6章 上方の復活

西川祐信以後、上方では浮世絵はまったくの停滞をみせていた。それがわずかながらも動きをみせはじめるのは、宝暦年間(1751~64)頃からとされます。

本章のおもな絵師としては、大坂で目ざましい活動を見せた月岡雪鼎がまず挙げられます。雪鼎の子の雪斎や桂宗信、岡田玉山、墨江武禅、蔀関月などの有力な門人が出て、一時、大勢力を形成しました。

一方京都では、独自に肉筆美人図を専門に描いて知られる祇園井特が活躍しました。井特の描く美人図は、迫真的で強烈な個性に貫かれており、浮世絵史全般を通じても最も異色な肉筆絵師であったといえます。ここでは、井特5点と雪鼎・雪斎の作品を紹介します。

祇園井特「立姿美人図」絹本一幅 享和年間(1801~04)頃
© WESTON COLLECTION

月岡雪鼎「遊女と玉吹きをする禿」絹本一幅 天明2~3年(1782~83)頃
© WESTON COLLECTION

第7章 近代の中で

明治維新(1868)を迎えた東京の浮世絵は、大半が歌川派の絵師たちによって支えられていたといえます。国貞門下の豊原国周は、明治期の役者絵の第一人者として活躍し、最後の役者絵師と評されました。本展では3点の美人図を出陳していますが、中でも「楼上美人図」は、背景に歌川様式とは異なる近代的描写を試みている点に興味深いものがあります。

河鍋暁斎は狩野派も学びましたが、浮世絵では歌川国芳の門下でした。本展ではじめて公開される「一休禅師地獄太夫図」は、暁斎の門人で建築家のジョサイア・コンドルの遺愛品。複数遺されている同主題の作品の基準となるものです。

最後の浮世絵師といわれる小林清親は、浮世絵版画に西洋の描写法を用いて“光線画”と評され、近代における新たな錦絵を目指しました。「頼豪阿闍梨」は、大胆な火煙の描写とともに、面貌などにこれまでの浮世絵にはみられないリアルな表現を用いた作品です。

河鍋暁斎「一休禅師地獄太夫図」絹本一幅 明治18~22年(1885~89)
© WESTON COLLECTION

小林清親「頼豪阿闍梨」絹本一幅 明治30~大正4年(1897~1915)
© WESTON COLLECTION

<学芸員による見どころトーク>

最新情報につきましては、展覧会公式サイトの「イベント」をご覧ください。

開催日: 11月24日(火)12月1日(火)、12月8日(火)、12月15日(火)、12月29日(火)
開催時間:15時~(約20分)
開催場所 上野の森美術館
参加方法 ※申込不要。当日、会場入口にお集まりください。
※ 参加費は無料ですが、本展観覧券が必要です。

葛飾北斎「京伝賛遊女図」 紙本一幅 寛政末年(1798~1800)頃
© WESTON COLLECTION

展覧会公式サイトより)

開始日2015/11/20
終了日2016/01/17
エリア東京都
時間午前10時~午後5時(金曜日は午後8時まで、入館は閉館30分前まで)
休日毎週月曜日、2016年1月1日(金) ただし、11月23日(月・祝)、
1月11日(月・祝)は開館
その他備考※展示替えがあります。 前期展示:2015年11月20日(金)~12月20日(日) 後期展示:2015年12月22日(火)~2016年1月17日(日)
観覧料:一般 1,500円 高校・大学生 1,200円 小・中学生 500円

※20名様以上の団体料金は一般、高校・大学生は300円引き、小・中学生は200円引き。各料金は消費税を含む

※障害者手帳をご提示の方とその付添者(1名)は無料
開催場所上野の森美術館
アクセス東京都台東区上野公園1-2
JR 上野駅 公園口より徒歩3分、東京メトロ・京成電鉄 上野駅より徒歩5分