オノ・ヨーコ|私の窓から YOKO ONO: FROM MY WINDOW

from my window

Yoko Ono, FROM MY WINDOW: Salem 1692, 2002, Pigment on stretched canvas,
Private Collection ©YOKO ONO 2015

60年にわたり多彩な分野で異なるものを繋ぎ、新たな回路を作ってきたオノ・ヨーコ(1933年-)。本展は、これまで主に戦後アメリカ美術のなかで語られてきたオノの活動を、出身地である東京という都市の文脈で再考するものです。作家活動を開始するまでの関連資料や創作、1950-70年代の東京での活動、近年の作品を通して、近代と現代、欧州と日本と米国、美術と音楽と文学、前衛とポピュラーカルチャー、そして社会と個人を繋ぐ独創的な創造活動を紹介します。

オノは独自の詩のあり方を核とする、コンセプチュアル・アートの先駆者として、社会のシリアスな課題を、ユーモアに溢れたアプローチで多くの人に向けて発信してきました。本展は、戦前に既に充分に国際化していた東京を起点に育まれたその軌跡を、今日的視点から辿る絶好の機会となるでしょう。

■1930年代、オノは自由学園で音楽教育を受けました。そこでは時計の音など生活のなかで触れる音をもとに作曲するなど、芸術と生活を線引きすることのない考え方に接しました。それは、1950 -60年代の米国の音楽動向に触れる遥か前のことでした。本展ではアーティストとしての活動を開始するまでのオノを育んだものや初期の活動を紹介します。

■オノの代表作でありコンセプチュアル・アートの歴史の中でも重要な本『グレープフルーツ』は、1964年の夏、2年半の東京滞在の集大成として発行されました。本展では、葉書に記されたその膨大なタイプ原稿や、1962年の草月ホールで展示された指示絵画を複製絵媒体に変換し、コンセプチュアルな性格を進めたものなど、日本初公開の作品を紹介します。もちろんそのオリジナルの手書きの指示絵画や当館蔵の『グレープフルーツ』初版本もあわせて展示することで、音楽における楽譜のように、簡潔な言葉によって、鑑賞者の想像や行為を喚起する新しい美術のあり方が、東京で展開した過程があきらかになるでしょう。

■東京では日比谷野外音楽堂が会場となった1969年暮の「WAR IS OVER!」のジョン・レノンとのキャンペーンの企画や、環境をテーマに掲げた1974年の「One Step Festival」(郡山)への参加など、オノは1960年代から社会の課題に向き合い、広告媒体を用いたコンセプチュアル・アートとして発表するだけでなく、野外コンサートやレコードなど、ポピュラーミュージックの方法で、広くメッセージを発信してきました。また近年は、様々なところで起きた暴力を主題とする美術作品や曲を制作しています。それらは、オノ自身の個人的な体験と、多くのひとの記憶とが交差するものとなっています。

Yoko Ono, AN INVISIBLE FLOWER, 1952, Ink on paper and pastel on paper;
two sheets from the work, Private Collection ©YOKO ONO 2015

For sixty years, Yoko Ono (1933-) has freely worked across fields, connecting things that are different and producing new creative circuits among people and media. Although Ono has usually been discussed in the context of post-war American art, this exhibition will place her art in the context of her native Tokyo. Through materials documenting her early pieces, artworks she created in Tokyo in the 1950s, ’60s and ’70s, and recent works and installations, it will reveal how Ono’s activities connect modern and contemporary; Europe, Japan, and the United States; art and music and literature; avant-garde and popular culture; and society and the individual.

As a pioneer of conceptual art that took her distinctive method of the use of words and language as its nucleus, Ono at times turned people’s attention to serious issues using humor and other strategies. This exhibition will offer an excellent opportunity to look back from our perspective today at Yoko Ono’s development in a remarkably international environment in Tokyo.

■ In the 1930s, Ono received an education in music at Jiyu Gakuen kindergarten. There, she had contact with thinking that recognized no distinction between art and life, such as in composing music on the basis of a clock’s ticking and other everyday sounds. This was many years before her contact with American music trends in the 1950s and ’60s. The exhibition will show the experiences shaping Ono’s youthful sensibilities before she embarked on an art career, as well as artworks she undertook in her teens.

■Grapefruit, one of Ono’s greatest works, and a profoundly important book in conceptual art history, was published in the summer of 1964 as the culmination of two and half years of residence in Tokyo. This exhibition will display twenty-two of the original INSTRUCTIONS FOR PAINTINGS first shown in Ono’s landmark one-day exhibition and performance at the Sogetsu Art Center on May 24, 1962. It will also show for the first time in Japan, thirty-nine of the photostat positives and negatives of the original INSTRUCTIONS FOR PAINTINGS exhibited at the Sogetsu Art Center in 1962, which carried this process of removing oneself from the mark of the original to a new idea of the original, which is one of the important bases of concept art. Also for the first time ever shown in Japan are Ono’s typewritten drafts of works, many of which are published in Grapefruit. Finally, the exhibition will include the museum’s own copy of the rare 1964 first edition of Grapefruit, making clear the character of Ono’s new art–which uses short stanzas to rouse the reader to imaginative thinking and action, much like a music score, demonstrating the process which she developed in Tokyo.

■In the 1960s, Ono began to confront social issues, such as her and John Lennon’s “WAR IS OVER!” peace campaign of late 1969 for which Hibiya Outdoor Concert Hall became a venue in Tokyo, and her participation in the 1974 “One Step Festival” (Koriyama) which proclaimed an environmental theme. To broadly disseminate her message, she not only produced conceptual art employing advertising media but also adopted popular music methods, such as outdoor concerts and records. In recent years, she has produced artworks and songs dealing with violence. These creations serve to intersect Ono’s individual experiences of violence with the memory of violence many people possess.

Yoko Ono, Vertical Memory, 1997, Twenty-one framed iris prints with texts;
installation view, BALTIC Centre for Contemporary Art, Gateshead, England, 2008.
Photograph by Colin Davison, Private Collection ©YOKO ONO 2015

<関連イベント>

関連イベントに関しての追加情報、最新情報につきましたは、美術館ホームページにをご覧ください。

●第51回MOT美術館講座 —終了しました
「前衛の源流を考える―戦前と戦後をつなぐ」
講師:五十殿 利治氏(筑波大学教授)
日時:2015年11月21日(土)14時~16時(開場13時30分)
会場:東京都現代美術館地下2階 講堂
定員:先着200名
参加費:無料 *ただし当日有効の「オノ・ヨーコ」展チケットが必要です。

●講演会 「日本のコンセプチュアリズム:オノ・ヨーコ、河原温、松澤宥」
講師:富井玲子氏 (美術史家、ポンジャ現懇主宰)
日時:2015年12月6日(日)16:00 -
会場:東京都現代美術館 地下2階 講堂
参加費:不要

●12/9(水)Wish Treeのイヴェント等を予定しています。

Yoko Ono, A Hole, 2009, Large sheet of shot glass with the engraved text:
GO TO THE OTHER SIDE OF THE GLASS AND SEE THROUGH THE HOLE;
metal support. Detail.  First exhibited at Gallery 360 Degrees, Tokyo, 2009,
Private Collection ©YOKO ONO 2015

<オノ・ヨーコ>

1933 東京で生まれる。幼年時代を、東京、ニューヨーク、サンフランシスコで過ごす。開戦前に帰国。
1952 学習院大学哲学科に入学。その後、家族とニューヨークに転居、サラ・ローレンス・カレッジで詩と音楽を学ぶ。
1960 ニューヨーク、チェンバース・ストリートの自宅ロフトでコンサートを企画。
1961 ジョージ・マチューナスが運営するAGギャラリーで最初の個展、カーネギー・リサイタル・ホールで最初の個人演奏会が開かれる。
1962 東京に転居、草月会館ホールでイヴェントを発表、そのロビーで「絵のためのインストラクション」の展示を行う。
1964 内科画廊等で「モーニング・ピース」などのイヴェントを実施。作品集『グレープ・フルーツ』を出版。京都の山一ホール、東京では草月会館ホールで、「カット・ピース」「バッグ・ピース」等を発表後、米国へ。
1966 ロンドンのインディカ画廊で個展、翌年リッスン画廊で個展、映画「Film No,4(ボトムズ)」を制作。
1969 ジョン・レノンと連名で、東京など世界の12の都市に「War IsOver!」のポスター、看板を掲出。
1971 シラキューズのエヴァーソン美術館で、個展「This is Not Here」を開催。
1974 郡山での野外コンサート「ワン・ステップ・フェスティバル」に参加するため帰国、東京、大阪、名古屋、広島でコンサート。
1980 ジョン・レノンとの共作アルバム「DOUBLE FANTASY」を発表。
1989 ホイットニー美術館で個展「オブジェと映画」。
1993 個展「絶滅に向かった種族 2319-2322」スパイラル・ガーデン、東京
2000 ニューヨーク、ジャパン・ソサエティで個展「Yes Yoko Ono」、その後北米、韓国、日本を巡回。
2003 パリ市立近代美術館の個展の際に、40年ぶりに「Cut Piece」を行う。
2007 アイスランドのレイキャビックに「イマジン・ピース・タワー」を設置。
2005 十勝千年の森に《北海道のためのスカイTV》を設置
2009 ヴェネチア・ビエンナーレで金獅子賞を受賞。芸術の世界で貢献した人を顕彰する「Courage Awards for the Arts」を創設。
2011 第 8回ヒロシマ賞受賞、個展「希望の路YOKO ONO 2011」広島市現代美術館
2015 ニューヨーク近代美術館で個展 「Yoko Ono: One WomanShow, 1960-1971」が開催される。

Yoko Ono, CHAIR PIECE, Performed by the artist, October 12, 1962,
during Event of John Cage and David Tudor, Kyoto Kaikan Hall, Kyoto, Japan,
Photograph by Yoshioka Yasuhiro, Courtesy of Lenono Photo Archive ©YOKO ONO 2015

<YOKO ONO>

1933 Born in Tokyo. Spent her childhood in Tokyo, New York and San Francisco and returned to Japan before the World War II broke.

1952 Enrolled in Department of Philosophy, Gakushuin University. Soon after Ono moved to New York with her Family, studied Poetry and Music at Sarah Lawrence College, New York.

1960 Organized with La Monte Young a series of concerts at her Chambers Street loft, New York.

1961 Her first solo exhibition was held at the AG Gallery, New York and her first solo concert was held at the Carnegie Recital Hall, New York.

1962 Moved to Tokyo. At the Sogetsu Kaikan Hall, Tokyo, Ono presented several events and exhibited her Instructions for Paintings in the lobby.

1964 Had a number of events at Naiqua Gallery, Tokyo and other places. Published Grapefruit. After making presentation of Cut Piece, Bag Piece and several other works in Kyoto at the Yamaichi Hall and in Tokyo at the Sogetsu Kaikan Hall, Ono returned to New York.

1966 In London, Ono held solo exhibitions at the Indica Gallery, then next year at the Lisson Gallery, and made a second version of Film No. 4 (Bottoms).

1969 Together with John Lennon, Ono launched poster and billboard campaign War Is Over! in 12 cities worldwide, including Tokyo.

1971 Held a solo exhibition This is Not Here at Everson Museum of Art, Syracuse, New York.

1974 Returned to Japan to participate in an open air concert One Step Festival, Koriyama, Fukushima Prefecture, with Plastic Ono Super Band, also had solo concerts in Tokyo, Osaka, Nagoya and Hiroshima.

1980 Released Double Fantasy in collaboration with Lennon.

1989 Held a solo exhibition Objects, Films, at Whitney Museum, New York.

1993 Held a solo exhibition Endangered Species 2319-2322, at Spiral, Tokyo.

2000 A retrospective exhibition Yes Yoko Ono was held in Japan Society, New York and toured North America, Korea and Japan.

2003 On the occasion of Ono’s solo exhibition at Musée d’Art moderne de la Ville de Paris, performed Cut Piece for the first time in 40 years.

2005 Permanent Installation, SKY TV for Hokkaido in Tokachi Millennium Forest, Hokkaido

2007 Created Imagine Peace Tower, Reykjavik, Iceland.

2009 Awarded Venice Biennale Golden Lion. Ono founded Courage Awards for the Arts to reward the contributors in the art field.

2011 Awarded the 8th Hiroshima Art Prize and held a solo exhibition The Road of Hope.

2015 Solo exhibition Yoko Ono: One Woman Show, 1960-1971 was held at Museum of Modern Art, New York.

Yoko Ono, Painting to be constructed in your head, 1962 spring,
Typewriter and ink on white Japanese “Apollo” postcard, Private Collection
©YOKO ONO 2015

<同時開催>

東京アートミーティングⅥ ‟TOKYO”-見えない都市を見せる
2015年11月7日(土)−1016年2月14日(日)
MOTコレクション
2015年11月7日(土)−1016年2月14日(日)

美術館ホームーページより)

開始日2015/11/10
終了日2016/02/14
エリア東京都
時間10:00-18:00 ※入場は閉館の30分前まで
休日月曜日(11月23日、2016年1月11日は開館)、11月24日、12月28日~2016年1月1日、1月12日   
その他備考一般 1,200(960)円 大学生・専門学校生/65歳以上 900(720)円 中高生 700(560)円 小学生以下 無料
※( )内は20名様以上の団体料金
※小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料
※本展のチケットで「MOTコレクション」もご覧いただけます。
※同時開催の「東京アートミーティングⅥ ‟見えない"都市を見せる」とのセット券  一般1,800円/ 大学生・専門学校生・65歳以上1,360円/ 中高生1,100円/ 小学生以下無料
開催場所東京都現代美術館 (企画展示室地下2F)
アクセス美術館お問い合わせ
03-5245-4111(代表)
03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京メトロ半蔵門線・清澄白河駅B2番出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線・清澄白河駅A3番出口より徒歩13分
http://www.mot-art-museum.jp/museuminfo/access.html