中島清之展

おん祭

《おん祭 四、馬長稚児》1942(昭和17)年、紙本着色・額、
おぶせミュージアム・中島千波館蔵

大正・昭和の激動の時代。進取の気風あふれる街・横浜に生き、
型に嵌(はま)らない、しなやかな感性で、「日本画」に挑み続けた画家がいた――。

中島清之(なかじまきよし)という画家を知っていますか。その名を知る人々も、思い浮かぶ作品は、実に様々かもしれません。豊かな才気と旺盛な好奇心に満ち、常に新しい様式と手法に挑戦し続けた清之は、一見同じ画家とは思われないほど多彩な作品世界を展開し、「変転の画家」と評されました。

清之は、京都での少年期から培われた仏教美術への知識と共感、そして安雅堂画塾(あんがどうがじゅく)での古画研究で得た卓越した筆技を有しながら、清新な花鳥画から大胆にデフォルメされた人物画、幾何学的な抽象表現まで、周囲を驚かすほど様々な作風を示し、日本画の可能性を追求しました。自由奔放で、時にユーモアやアイロニーに満ちた多様な作品群は、中島清之という作家像を絞り込もうとする鑑賞者を惑わせ、まるで「迷宮」に誘い込むかのような魅力を備えています。

本展では、初公開作品、さらに画稿やスケッチを含む約180点を展観し、青年期から最晩年に至る清之の画業をたどり、主題や技法への関心のありようとその変遷を探ります。さらに下図やスケッチも紹介し、画面構成上の工夫を考察します。大正から戦前・戦後の昭和という、社会や価値観が大きく変容する時代の中で、一見激しい作風の変化を示しながら、清之が生涯にわたって貫いた思想や美意識はどういったものであったのか、編年的な構成により掘り下げていきます。

※ 会期中、一部作品の展示替えあり。

《顔》1960(昭和35)年、紙本着色・額、東京藝術大学美術館蔵

第1章 青年期の研鑽-古典との出会い
小学校の頃から教師に頼まれて東大寺の紋様集などを模写していたという清之は、16歳で画家を目指して生まれ故郷の京都を離れ、叔父を頼りに横浜に出てきました。会社勤めをしながら、伝統的な古画の模写に励み、また「スケッチ魔」と言われるほど寸暇を惜しんで屋内外でのスケッチを行い、写実的な描写力を獲得していきました。25歳で院展に初入選し、下村観山(しもむらかんざん)や安田靫彦(やすだゆきひこ)、前田青邨(まえだせいそん)らの知遇を得ると、院展の本流である古典研究に根ざしつつ、次第に自らの感性を活かした装飾的な画面作りを展開していきます。やがて、垂直と水平の線、あるいは円と直線による幾何学的な構成への関心を示すようになり、《庫裏》や《花に寄る猫》といった大胆な構図の作品に結実させます。

《花に寄る猫》1934(昭和9)年、紙本着色・額、個人蔵(大佛次郎旧蔵)

第2章 戦中から戦後へ-色彩と構図の洗練
清之は1930(昭和5)年に31歳で妻・三代子と結婚します。翌年には長女が生まれ、生活は充実を増しますが、この年に満州事変が起き、さらに翌年には五・一五事件が勃発し、世の中は戦争への道を歩み始めていました。

1938(昭和13)年、陸軍慰問使として中国に赴いた清之は、兵士たちの似顔絵を描くかたわら、行く先々の街をスケッチしました。そして翌年再び中国を訪ね、当時の風俗を活写した《黄街(こうがい)》七部作を描きます。続いて、春日大社の祭礼を描いた《おん祭》七部作を発表し、これらの作品によって、気品ある色彩と洗練された構図の中に、ユーモアと情感を湛えた人物を描き出す表現に到達します。

1944(昭和19)年、清之は戦火を逃れ、家族とともに長野県の小布施村に疎開します。そして横浜に戻るまでの3年間、雪国の暮らしや山々に囲まれた風景を、数多く描き残しました。中央画壇から離れていることへの焦燥感に駆られながらも、「温かい人情に触れながら、美しく、かつ厳しい自然に包まれた信州での3年間は、その後の私の画風に、とても良い影響をもたらしたこともまた事実」と、清之は語っています。

終戦から2年を経て横浜に戻った清之は、社会や価値観の急速な変化に大きな戸惑いを感じていました。「世相の急旋回」への反発を感じながら、自分らしい主題を模索し、そして辿りついたのが、1950(昭和25)年の《方広会(ほごえ)の夜》でした。崇高さを感じさせるその画面は、戦後の混迷を脱して新しい時代の芸術を創出しようとする清之自身の、静かで厳しい覚悟を象徴するものでもありました。

《方広会の夜》1950(昭和25)年、紙本着色・二曲屏風一隻、
横浜美術館蔵(山口久像氏寄贈)

第3章 円熟期の画業-伝統と現代の統合への、たゆみなき挑戦
《方広会の夜》によって高い評価を得た清之は、同じ作品傾向にとどまることはなく、国内外の美術の最新動向を敏感に察知しながら、次々と新しい手法に挑戦していきました。1960(昭和35)年の《顔》は、アンフォルメル絵画に触発された鮮烈な赤の色調と重厚な絵肌によって、大画面に仏の顔だけを大きく捉えたものです。幼少期に天平文化の美に出会った清之にとって、仏教芸術は自身の原点とも言えるもので、仏像や古刹をテーマにした作品は、戦後も繰り返し描かれます。

また清之は同時期に、渓流や山肌などの自然の形象を、抽象的に捉えた作品に取り組むようになります。さらにモチーフは、伝統芸能から人気歌手、家族や友人の肖像、庭の花木、好んで旅をした瀬戸内海や富士山の風景など、実に多岐に渡りました。とりわけ、晩年に描いた人物像は、時に飄々としたユーモアやアイロニーに富み、清之生得の、鋭くも温かい人間観察力を伝えています。

清之の創造意欲は、80歳を目前にしても尚、衰えることはありませんでした。78歳で着手した三溪園臨春閣(さんけいえんりんしゅんかく)の襖絵では、若い頃から傾倒した琳派研究の成果を発揮し、写実と装飾性を両立させたダイナミックな画面を作り上げました。モチーフと構成は各室ごとに大きく変化に富み、五室五様に画家の渾身の力が漲(みなぎ)り、観る者を圧倒します。まさに70年間の画業の集大成と呼ぶにふさわしい作品です。

 

《緑扇》1975(昭和50)年、紙本着色・二曲屏風一双、横浜美術館蔵

<中島 清之NAKAJIMA Kiyoshi>

1899(明治32)年、現在の京都市山科区に生まれる。16歳で横浜に転居し、会社勤務をしながら松本楓湖(まつもとふうこ)の安雅堂画塾に通う。25歳で院展に初入選。以後4度の日本美術院賞を受賞し、同人となり、院展の中核として活躍。戦時中に小布施村(現・長野県上高井郡小布施町)に疎開した3年間以外は、横浜を拠点とし、横浜の美術界の発展と歩みを共にした。

最晩年には、三溪園(横浜市中区)の臨春閣の襖絵を手がけ、古典とモダニズムを統合させた清之芸術の集大成を示した。第五室までを完成させた1981(昭和56)年、病を得て、三男の中島千波に襖絵の制作を託す。静養生活ののち、1989(平成元)年に没した。

<イベント>
詳細および最新情報につきましては横浜美術館HPのイベントページをご覧ください。

1.記念対談「どこがおもしろいのか、清之の画業」 —終了しました
中島清之と間近に接し、作品を長年考察してきた日夏露彦氏と大矢鞆音氏が、清之の人となりや制作エピソードも交えながら、その作品世界を読み解きます。
出演 日夏露彦(美術評論家/清之次男・中島洋光)× 大矢鞆音(美術評論家・津和野町立安野光雅美術館館長)
日程 2015年11月21日(土)
時間 14時~15時30分(13時30分開場)
会場 レクチャーホール
定員 240名(当日12時より総合案内で整理券配布)
参加費 無料(整理券が必要)

2.フロアトーク
父・清之と同じく日本画家の道を歩んだ中島千波氏が、清之作品の制作技法や表現についてお話しします。
出演 中島千波(日本画家/清之三男)
日程 2015年12月6日(日)
時間 14時~15時
会場 企画展ホワイエ
定員 40名(当日12時より総合案内で整理券配布)
参加費 無料(当日有効の本展観覧券と整理券が必要)

3.創作ワークショップ「日本画の絵具で描いてみよう!」 —終了しました
日本画の画材を用いて、ハガキサイズの和紙に絵を描きます。(担当学芸員による展覧会解説付)
講師 荒木愛(日本画家)
日程 2015年11月15日(日)
時間 13時~16時30分
会場 横浜美術館市民のアトリエ、中島清之展展示室
対象・定員 12歳以上・16名(抽選)
参加費 3,500円(他日使用可能な観覧券付)
申込方法 ① 往復はがき ② 申込フォーム
申込締切 10月26日(月)必着

4.親子で「中島清之展」をみよう
日本画の画材や描き方に触れながら、中島清之の作品を親子で鑑賞します。
日程 2015年11月23日(月・祝)
時間 10時~12時
会場 横浜美術館子どものアトリエ、中島清之展展示室
対象・定員 小学生1~6年生と保護者、15組(1組3名まで、抽選)
参加費 親子2名で1,000円(おひとり様追加で+500円、観覧料含む)
申込方法 往復はがき
申込締切 11月4日(水)必着
※参加費に展覧会入場料が含まれます。

5.夜の美術館でアートクルーズ
閉館後の美術館で、学芸員の解説つきで展覧会をゆったり鑑賞できる人気プログラム。
日程 ①2015年11月28日(土) ②2015年12月9日(水)※①②は同内容
時間 いずれも19時~21時
会場 中島清之展展示室
対象・定員 18歳以上・各回30名(抽選)
参加費 3,000円
申込方法 ① 申込フォーム申込フォーム
応募締切  定員まで先着受付

6.学芸員によるギャラリートーク
日程 2015年11月27日(金)、12月11日(金)、12月25日(金)
時間 いずれも15時~15時30分
会場 中島清之展展示室(展示室入口にお集まりください)
参加費 無料(事前申込不要、当日有効の本展観覧券が必要)

7.展覧会・ココがみどころ!
横浜美術館のボランティアが、展覧会の魅力をコンパクトに紹介します。
日程 2015年11月18日(水)以降の毎週水曜日と土曜日 ※2015年11月21日(土)、25日(水)を除く
時間 いずれも11時~11時15分、14時~14時15分
担当 横浜美術館ボランティア(教育プロジェクト)
会場 グランドギャラリー
参加費 無料(事前申込不要)

8.12月23日(水・祝)はポストカードプレゼント!
12月23日(水・祝)にご来館の先着100名様に、来年の干支・猿が描かれた中島清之の作品《和春》のオリジナルポストカードをプレゼント!
日程 2015年12月23日(水・祝)
時間 10時~なくなり次第終了(先着100名様)
場所 中島清之展チケットもぎり

横浜美術館ホームページより)

《雪の子(晴雪)》1946(昭和21)年、紙本着色・額、横浜美術館蔵(中島清之氏寄贈)

開始日2015/11/3
終了日2016/01/11
エリア神奈川県
時間10時~18時(入館は17時30分まで)
休日木曜日、2015年12月29日(火)~2016年1月2日(土)
その他備考観覧料(税込) 当日 一般 ¥1,200/大学・高校生 ¥800/中学生 ¥400/小学生以下 無料/65歳以上 ¥1,100 要証明書、美術館券売所でのみ対応。
※団体割引有料20名以上あり(要事前予約)
※2015年11月3日(火・祝)は無料
※毎週土曜日は、高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
※観覧当日に限り「中島清之展」の観覧券で横浜美術館コレクション展も観覧可
※三溪園との相互割引 展覧会会期中、横浜・三溪園と相互割引を実施。それぞれ観覧券の提示で100円引になります。この機会にぜひ、中島清之ともゆかりのある名園をお楽しみください。(他の割引との併用はできません)
開催場所横浜美術館
アクセス〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
お問合せ TEL:045-221-0300(代表)(10時~18時 木曜休館)
FAX:045-221-0317
みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい」駅〈3番出口〉から、マークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由徒歩3分、または〈マークイズ連絡口〉(10時~)から徒歩5分。
JR(京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から〈動く歩道〉を利用、徒歩10分。
横浜美術館には自転車・バイクの駐輪場がございません。周辺の有料駐輪場をご利用ください。
http://yokohama.art.museum/special/2015/nakajimakiyoshi/info.html