春画 展

渓斎英泉「あぶな絵 源氏物語」

渓斎英泉「あぶな絵 源氏物語」

永青文庫と春画展日本開催実行委員会は、2015年9月19日(土)~12月23日(水・祝)まで 『春画展』を開催します。

春画は、江戸時代に笑い絵とも呼ばれ、性描写と笑いが同居したユーモアで芸術性の高い浮世絵になります。特に海外から高い評価を得ており、2013年から2014年にかけて大英博物館で行われた「春画 日本美術の性とたのしみ」は大きな話題を呼びました。

今回、日本で初めて開催する『春画展』は、海外からは大英博物館およびデンマーク、また、日本の美術館や個人コレクションより、鈴木春信の清楚、月岡雪鼎の妖艶、鳥居清長の秀麗、喜多川歌麿の精緻、葛飾北斎の豊潤といった「春画の名品」133点(前後期)を5つの章に分けて展示します。

「肉筆の名品」では、版画のように印刷された春画ではなく、人の手で線と色を書き出された「肉筆」が約38点展示されるほか、縦9センチ、横13センチ弱の小さな春画を集めた「豆判の世界」など、これまでに春画を観たことがない方でもわかりやすく紹介しています。

浮世絵の大家たちによる作品や徳川将軍や大名家の絵画を担った狩野派の作品など、大名から庶民にまで広く愛された春画が一堂にそろった展示会になります。

鈴木春信「綿摘女」

— プロローグ —

愛を交わす様子を描いた春画には、複数の場面で一つの作品を構成するものがあります。そのとき、最初に描かれた場面は、まだ愛を交わすに至っていないことが多いです。二人が見つめあい、手をとり、そっと引き寄せ、裾に手を差し入れるのが、導入部として、控えめに描かれるのです。本展も「プロローグ」として、二人が接近して心を通わし、触れ合う情景を描いたところから始めて、贅を凝らした春画の世界へ、徐々に入っていくことにいたしましょう。

— Ⅰ. 肉筆の名品 —

春画作品を見ていくにあたって、肉筆の作品から見ていきましょう。「肉筆」とは、版画のような印刷技術ではなく、人の手で線と色が描き出された書画をいいます。古くからある春画の始まりも、肉筆の作品でありました。平安時代には春画は「偃息図(おそくず)」と呼ばれており、鎌倉時代に制作された春画が現存しています。この章で紹介する「小柴垣草紙(こしばがきぞうし)」や「稚児之草紙(ちごのそうし)」などは、鎌倉時代の春画を彷彿させるものです。

長く春画は、上層の人々だけが享受してきたと思われますが、江戸時代に庶民文化が花開くと、浮世絵版画で活躍した多くの絵師が、肉筆の春画にも腕を振るうようになります。肉筆春画の輝く絵具と、のびやかな筆線、やわらかな描写、細緻な文様からは、日本の絵画の最上質の部分が春画にあると認められるのではないでしょうか。ここでは、浮世絵師の春画だけではなく、徳川将軍や大名家の絵画制作を担った狩野派の作品もご覧いただくことにいたします。

野沢提雨筆「秘戯図巻」

— Ⅱ. 版画の傑作 —

印刷技術の盛んでなかった時代には、上層の人々だけが享受してきたと思われる春画は、江戸時代に浮世絵版画とともに普及しました。著名な浮世絵師のほとんどが、春画を制作しています。つまり、春画を除いて考えてしまっては、浮世絵師の活動の全貌を知ることはできないといっても過言ではないほどです。

ここでは菱川師宣(?~1694)、鈴木春信(1725?〜70)、鳥居清長(1752~1815)、喜多川歌麿(1753~1806)、葛飾北斎(1760~1849)らの大家をはじめとする浮世絵師が手がけた版画、版本をご覧いただきます。江戸時代、春画は非合法の出版物であり、贅をこらしたものが少なくありません。絵とともに、彫り、摺りが織りなす版画の粋をご堪能ください。

喜多川歌麿「歌満くら」浦上満氏蔵

— Ⅲ. 豆判の世界 —

縦9センチ×横13センチほどの版型の、小さな「豆判」の春画があります。値段もサイズもお手頃なものであったと思われ、時代を超えてかなりの数が制作されました。あまりに膨大なため、現時点でもその総数をつかむことはできておらず、研究もほとんど手つかずといえますが、絵師が凝らした趣向がその小さな判型の中に凝縮されています。大判の錦絵作品を縮小したもの、江戸時代に盛んだった錦絵で作る絵暦の豆判のもの、内容はさまざまです。本展覧会に出品される豆判春画はいずれも今回が初公開です。この愛すべき小さな世界をとくとご堪能ください。

豆判絵暦 忠臣蔵大小暦」

— エピローグ —

本展の最後に、永青文庫所蔵の春画作品をご覧いただきます。江戸時代(17世紀)の肉筆画巻と、江戸時代後期、天保6年(1835)頃の版本「艶紫娯拾餘帖」です。

本展出品の春画は、いずれも、大名家から庶民までの、江戸時代以前の人々の暮らしの中で享受されて、今に伝わったものです。実に多くの春画が制作されてきたことがわかります。現存する春画は、もちろん本展出品作にとどまるものではなく、それこそ無数にあることでしょう。日本で最初の春画展である本展をきっかけに、春画が、長い日本の歴史の中で、人々とともにあったことを知っていただければと思います。

菱川師宣「枕絵組物」

<関連イベント>

詳細および最新情報については春画展特設サイトをご覧ください。

講演会①「ロンドン春画展の回想と東京春画展への期待」 ー終了しました。
講師 ティモシー・クラーク氏 (大英博物館学芸員)※逐次通訳付
日時 2015年9月20日(日)14:00~15:30(受付開始13:00)
会場 ホテル椿山荘東京 ホテル棟4階「アンフィシアター」
対象 一般(但し18歳未満を除く)
定員 100名
聴講料5,000円(『春画展』入場券1,500円1枚を含む)
当日、会場受付でお支払いください。当選者への聴講券は、9/8(火)に発送予定です。

講演会② 「江戸文化と春画」 ー終了しました。
講師 磯田道史氏(静岡文化芸術大学教授)早川聞多氏(国際日本文化研究センター名誉教授)
日時 2015年10月10日(土)10:30~12:00(受付開始9:30)
会場 和敬塾大講堂(永青文庫隣り)
対象 一般(但し18歳未満を除く)
定員 400名
聴講料 1,500円
当日、会場受付でお支払いください。当選者への聴講券は、9/14(月)に発送予定です。

●申し込み方法
往復はがきによる事前申込制です。
参加希望者1名につき1枚の往復はがきで申込んでください。
往復はがきに、「講演会①」もしくは「講演会②」と住所・氏名(返信面にも)、電話番号を明記の上、〒112-0015東京都文京区目白台1-1-1永青文庫「春画展」講演会係宛に郵送してください。
応募締切は9月4日(金)(当日消印有効)。
応募者多数の場合は抽選、当選者の発表は聴講券の発送をもってかえさせていただきます。
聴講券は当日必ずご持参ください。
※会場受付で、年齢の分かるものをご提示いただく場合があります。
※ご応募の際にいただいた個人情報は、今講演会のご連絡のみに使用させていただきます。

鈴木春信「夕涼み」

シンポジウム 「春画展開催記念シンポジウム」
司会 小林忠氏
パネリスト 早川聞多氏、木下直之氏、山本ゆかり氏、石上阿希氏、三宅秀和氏
日時 2015年11月28日(土)13:00~16:00(受付開始12:00)
会場 和敬塾大講堂(永青文庫隣り)
対象 一般(但し18歳未満を除く)
定員 400名
聴講料1,500円
当選者への聴講券は、11/13(金)に発送予定です。

●申し込み方法
往復はがきによる事前申込制です。
参加希望者1名につき1枚の往復はがきで申込んでください。
往復はがきに、「シンポジウム」と住所・氏名(返信面にも)、電話番号を明記の上、〒112-0015東京都文京区目白台1-1-1永青文庫「春画展」シンポジウム係宛に郵送してください。
応募締切は11月5日(木)(当日消印有効)。
応募者多数の場合は抽選、当選者の発表は11月13日(金)頃に発送予定の聴講券をもってかえさせていただきます。
聴講券は当日必ずご持参ください。
※会場受付で、年齢の分かるものをご提示いただく場合があります。
※ご応募の際にいただいた個人情報は、今講演会のご連絡のみに使用させていただきます。

着物DAY【11/7(土)、12/5(土)】
当日、着物を着て来場される方は、男女を問わず入場料が800円になります。
※但し、18歳未満を除きます。
※他の割引との併用はできません。

詳細および最新情報については春画展特設サイトをご覧ください。

葛飾北斎「喜能会之故真通」浦上満氏蔵

<主催者挨拶>
春画展日本開催実行委員会の皆様からお話をいただいて、2015年秋、永青文庫で、春画展を開催することにいたします。これは、日本における、初めての、本格的な春画展になります。春画は日本文化の歴史に間違いなくあり、最高の美術品であったということから、実行委員会の皆様は、2013年秋から2014年にかけて大英博物館で開催された春画展を、日本でも行おうとこれまで尽力されてこられましたが、多くの博物館、美術館では、残念ながら実現に至らなかったと伺っています。永青文庫は規模も小さく、至らないところの多い施設ですが、春画展日本開催への皆様の情熱と意義に応えて、及ばずながら、ご協力したいと考えた次第です。

永青文庫理事長  細川護熙

我が国の春画は、江戸時代を通じて制作され、大名から庶民まで貴賤を問わず広く愛好されました。人間の自然な営みである性を主題とする絵画は古今東西にわたって存在しますが、その中で日本の春画は質量共に群を抜いており、その豊かな発想や表現技法によってまさに世界に誇るべき美の世界を創出しています。21世紀を迎え、フィンランド、スペインを始め欧州の各地で「春画展」が開催されて好評を博しました。春画の学術的な国際研究も進み、シンポジウムも度々開催されて来ています。こうした動きの集大成としてロンドンの大英博物館で「春画 日本美術における性とたのしみ」展が開催され、大きな成功をおさめたことは、皆様もご承知の通りです。

この展覧会の開催に際しては、大英博物館でも後援者探しに苦慮され、私どもにもご相談がありました。その後、様々な経緯がありましたが、最終的に我々両名がスポンサーをお引き受け致しました。さらに、二人でShunga in Japan LLPという組合を立ち上げ、日本でも展覧会を開く活動も開始しました。このLLPには、多くの文化人、美術研究家の方々にご理解、ご賛同をいただき、また今回の春画展日本開催実行委員会にも加わっていただいています。以降、国内での開催会場を探して、多くの美術館、展覧施設と交渉を重ねて参りましたが、会場を確保することは困難でありました。春画については、20年以上も前から書籍、雑誌などでは無修正で市場に流通しており、何ら問題は発生していないのです。複製品の出版が可能なのにオリジナル作品は鑑賞出来ない、という奇妙な状況にあって、私どもとしては日本展の開催を諦めることが出来ず、各方面に打診、交渉を続けて参りましたところ、永青文庫の細川護熙理事長より春画展開催のための会場提供のご快諾をいただくことが出来ました。誠に嬉しい次第であります。

展示の内容は大英博物館展と同一ではありませんが、同博物館の全面的な協力、さらに国内の諸美術館、個人の所蔵家の方々の積極的なご支援により、日本展独自の質の高い展示が実現しています。改めて皆様に感謝申し上げると共に、我が国で最初となるこの本格的な展覧会で、多くの皆様に春画の神髄をご堪能いただくことを心より願っております。

春画展日本開催実行委員会 淺木正勝  浦上満

<永青文庫について>
永青文庫は昭和25年(1950)、16代当主・細川護立によって、細川家に伝来する歴史資料や美術品等の文化財を後世に伝える目的で財団法人として設立された。昭和47年から一般公開を始め、翌48 年に博物館法による登録博物館となり現在に至っている。永青文庫は目白台の一角、江戸時代から戦後にかけて所在した広大な細川家の屋敷跡の一隅にあり、昭和初期に細川家の家政所(事務所)として建設されたものである。毎年4つの会期にわけて美術工芸品を中心に公開展示している。

喜多川歌麿「ねがひの糸口」(部分)

(プレスリリースより)

開始日2015/9/19
終了日2015/12/23
エリア東京都
時間9:30〜20:00(入館は19:30まで)
※日曜日は、9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休日毎週月曜日(祝休日の場合は開館)
その他備考*入館料 大人:1500円(高齢者・学生・団体の割引はございません)
*前期 9/19〜11/1(40日間)/後期 11/3〜12/23(45日間) 計85日間
*18歳未満は入館禁止
開催場所永青文庫 特設会場(2階~4階)
アクセス東京都文京区目白台1-1-1
お問い合わせ先: 03-5777-8600(ハローダイヤル)
アクセス:
東京メトロ有楽町線「江戸川橋駅」より徒歩15分
東京メトロ副都心線「雑司が谷駅」より徒歩20分