【川久保ジョイ】「二百万年の孤独 Two Million Years of Solitude」トーキョー・ストーリー 2015 [第2期]TOKYO STORY 2015 [Part 2]

ts_s_3f_150613_024

ロンドンのレジデンスを控えて私は実家のあるトレドへ赴いた。父はEl Rincónという実家からすぐ近くにある古い館の庭の管理を頼まれて、制作をそっちのけで庭いじりにいそしんでいた。この館はErich Herberleinというドイツ人外交官の旧邸宅だった。

ヒットラーと距離を置くHerberlein一家は1944年6月17日の真夜中、ナチスの親衛隊SSに誘拐され、その消失は新聞沙汰となった。

ロンドンでは街のあちらこちらにある勝戦記念碑の数に驚いた。有名なトラファルガー広場ではネルソン海軍監督の像が高々と掲げられていた。彼は、スペイン人からすると西仏連合艦隊を沈没させた人間として歴史に名を残しているのだ。

私は記念碑に人類の争いの歴史ではなく、争いと歴史の関係をみた気がした。

(川久保ジョイ)

I went to my family’s home in Toledo ahead Residence in London. My father was asked to manage the vast garden of an old property called El Rincón, that is in the immediate vicinity from my home, and he was fond on gardening there, almost ignoring work.  This mansion was the former residence of German diplomat named Erich Herberlein.

In the midnight of June 17, 1944, the Herberlein, who were distant to Hitler’s policies, was abducted with his wife by the Nazi SS, their disappearance becoming a newspaper story.

In London, the number of war memorial monuments you can find in the streets struck me.  In the famous Trafalgar Square statue of admiral Nelson was standing high in a pedestal. For Spanish people he has left a name in history as the man who sunk the Spanish-French fleet.

What I saw in the war monuments was not the history of war, but the relation between history and war.

(Yoi Kawakubo)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

世界の街を舞台に滞在制作を行った、国内外のクリエーター総勢8組による成果発表展

トーキョーワンダーサイト(TWS)は、東京における世界中のクリエーターが集まる国際的なクリエイティブ・プラットフォームとして、また東京から海外へ新しい創造力を発信する場として、様々な文化事業を展開しています。2006年より開始したレジデンス・プログラム「クリエーター・イン・レジデンス(CiR)」では、東京や海外の派遣先を舞台に、多様なジャンルや国籍のクリエーターたちが、実験的な創作活動を行ってきました。本展では2014年度TWSのレジデンス・プログラムに参加した国内外のクリエーターたちの中から、総勢8組による滞在制作の成果を2期にわたり紹介します。

【第1期】- 終了しました
2015年4月18日[土]→2015年5月31日[日]
※アーティスト・トーク:4月18日(土) 15:00-17:00
アーティスト: 伊藤久也、久野 梓、鈴木紗也香、安野太郎

【第2期】
2015年6月13日[土]→2015年7月26日[日]
※ アーティスト・トーク:6月13日(土) 15:00-17:00
アーティスト:川久保ジョイ、下平千夏、西原 尚、モハメド・アラム

In TWS residency programs, creators in various genres from Japan and other countries live and work in residence facilities in Tokyo and other cities around the world. Each creator who is sent to another city stays for one to three months, doing research and creative work as well as engaging and interacting with local artists and residents. The experiences afforded by their various encounters are expected to be carried over to their own activities and become the seeds of their future work as creators. In last year’s Exchange Residency Program, seven groups of Japanese creators selected through an open call for applications were sent to cooperating cultural institutions in five cities. In the same way, invited creators from overseas, who were selected through open recruitment, lived and produced works at the TWS Residency in Sumida-ku, Tokyo.

[Part 1] 2015/4/18 (Sat.) – 2015/5/31 (Sun.) – finished
*Artist Talk: 4/18(Sat.) 15:00-17:00
Artist:Hisaya Ito, Azusa Kuno, Sayaka Suzuki, Taro Yasuno

[Part 2] 2015/6/13 (Sat.) – 2015/7/26 (Sun.)
*Artist Talk: 6/13(Sat.) 15:00-17:00
Artist:  Yoi Kawakubo, Chinatsu Shimodaira, Nao Nishihara, Mohamed Allam

トーキョーワンダーサイトホームページより)

画像は全て、川久保ジョイ「二百万年の孤独 Two Million Years of Solitude」展示風景
© Tokyo Wonder Site  Photo: 高橋健治 Kenji Takahashi

画像の無断使用を固くお断りいたします。

開始日2015/06/13
終了日2015/07/26
エリア東京都
時間11:00~19:00 (入館は閉館30分前まで)
休日月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
6/15・22・29, 7/6・13・21
その他備考入館無料/Admission Free
開催場所トーキョーワンダーサイト本郷/Tokyo Wonder Site Hongo
アクセス〒 113-0033 東京都文京区本郷2-4-16
2-4-16 Hongo, Bunkyo-ku, Tokyo 113-0033
TEL: 03-5689-5331 / FAX: 03-5689-7501
http://www.tokyo-ws.org/access/index.html