Photographers’ Workshop in IZU PHOTO MUSEUM

02 Terri Weifenbach

©Terri Weifenbach

IZU PHOTO MUSEUMでは今年度から、国内外の気鋭の写真家を招聘して実施するワークショップ・プログラム『Photographers’Workshop in IZU PHOTO MUSEUM』をスタートします。本プロジェクトは、現代写真の魅力の発信とその可能性の探求を目的とした企画です。今回は、今後当館において毎年開催を予定するワークショップ・プログラムの第一弾として、クレマチスの丘ならではの3つのワークショップを開催いたします。

5月30日(土)テリ・ワイフェンバック「風景描写とシークエンス」(通訳付)
6月14日(日)長島有里枝「ガールズ・フォト・デイキャンプin三島」
8月 9日(日)鈴木理策「見えることの経験/写真の経験」

テリ・ワイフェンバック「風景描写とシークエンス」(通訳付)

私たちは普段身近にある風景をどのように眺め、見つめているでしょうか?「観察」という行為を通して、身近なものへのまなざしを問い直します。ヴァンジ彫刻庭園美術館で自然観察・撮影を行ったあとに、写真集を制作する上で重要となる写真の編集やシークエンスの方法論について学びます。

日時 2015年5月30日(土) 12:30〜17:00
※こちらのワークショップは定員に達したため、申込受付を終了いたしました。

対象 高校生以上、パソコンの基本操作ができる方
定員 9名
持ち物 デジタルカメラ、メモリーカード
参加費 3000円
集合場所 IZU PHOTO MUSEUM受付カウンター

©Terri Weifenbach

長島有里枝「ガールズ・フォト・デイキャンプin三島」

写真が好きで、スキルを高めたい、または興味があるけどどのように始めたらいいかわからないという女性・女の子向けのガールズ・フォト実践。自分が誰なのかを紹介する小冊子=ZINEの制作を通じて、写真の技術的スキルや作品制作のプロセス、写真での自己表現を身につけます。制作したZINEはコピーを作り、お互いに交換します。

日時 2015年6月14日(日) 10:10〜17:00
※こちらのワークショップは定員に達したため、申込受付を終了いたしました。

対象 15歳以上・女性
定員 10名
持ち物 参加者には、お申込後にお知らせする課題にもとづいて、写真を撮影し、プリントした状態で持参していただきます。課題等の詳細は申込後にお知らせします。
参加費 3000円
集合場所 IZU PHOTO MUSEUM受付カウンター

©Yurie Nagashima

鈴木理策「見えることの経験/写真の経験」

目に映る世界は立体的で常に変化し続けていますが、写真に写るのは平面的で静止したイメージです。「見えるもの」と「写るもの」の差を意識しながら撮影を行い、プリントアウトした写真のセレクトや編集を通じて、「見ることの経験」と「写真の経験」について考えます。

日時 2015年8月9日(日) 12:30〜17:00
※こちらのワークショップは定員に達したため、申込受付を終了いたしました。

対象 高校生以上
定員 8名
持ち物 デジタルカメラ、メモリーカード
参加費 3000円
集合場所 IZU PHOTO MUSEUM受付カウンター

©Risaku Suzuki /Courtesy of Gallery Koyanagi

<作家プロフィール>

Terri Weifenbach(テリ・ワイフェンバック)

©Kate MacDonnell

1957年ニューヨーク市生まれ。メリーランド大学でファイン・アーツを学ぶ。初の写真集『In your Dreams』(Nazraeli、1997年)で注目される。近年の主な写真集に『17 Days』(スーパーラボ、2012年)、『Still』(Super Labo、2013年)、川内倫子との共著『Gift』(Amana、2014年)などがある。独特の風景描写と美しい装丁から成る写真集は、多くのコレクターを魅了している。現在はジョージタウン大学で教鞭を執っている。ワシントンD. C.在住。

長島有里枝(ながしま・ゆりえ)

©Yurie Nagashima

1973年東京生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業。California Institute of the Arts MFA修了。『PASTIME PARADISE』(マドラ出版、2000年)で第26回木村伊兵衛賞、エッセイ集『背中の記憶』(講談社、2009年)で第26回講談社エッセイ賞を受賞。1994年以降多くの個展を開催し、世界各地のグループ展に出品している。作品集に『長島有里枝 クレマチスガーデン』(ヴァンジ彫刻庭園美術館、2013年)、『5 Comes After 6』(Match and Company、2014年)他。

鈴木理策(すずき・りさく)

©Risaku Suzuki /Courtesy of Gallery Koyanagi

1963年和歌山県新宮市生まれ。1987年東京綜合写真専門学校研究科修了。2000年に写真集『Piles of Times』(光琳社出版、1999年)で第25回木村伊兵衛写真賞、2006年和歌山県文化奨励賞、2008年日本写真協会年度賞など受賞歴多数。「熊野 雪 桜」展(東京都写真美術館、2007年)等、国内外で多くの個展を開催している。2006年より東京藝術大学美術学部先端芸術表現科准教授。今年、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、東京オペラシティアートギャラリーにて個展「意識の流れ」を開催。

ワークショップのお申込方法
お電話にてお申し込みせください。
クレマチスの丘・コミュニケーションセンター
Tel. 055-989-8780

※先着順。定員に達した時点で募集を締め切らせていただきます。
美術館の受付カウンターでもお申し込みいただけます。
参加費に美術館入館料は含まれません。

(プレスリリースより)

開始日2015/05/30
終了日2015/08/09
エリア静岡県
時間上記をご覧ください。
休日上記をご覧ください。 IZU PHOTO MUSEUM は毎週水曜日(祝日の場合は営業、その翌日休)、休館です。
その他備考上記をご覧ください。
入館料は大人 800円(700円) / 高・大学生400円(300円) / 小・中学生 無料。 (  )内は、20名様以上の団体料金
開催場所IZU PHOTO MUSEUM
アクセス〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)347-1
TEL 055-989-8780 FAX 055-989-8783
電車の場合、東海道線「三島駅」下車、 北口(新幹線口)発、無料シャトルバスあり。詳しくは
http://www.clematis-no-oka.co.jp/access/index.html
をご覧ください。