横浜美術館コレクション展 2015年度 第1期    身体からかんがえる コレクションにみる身体表現 ― 現代美術を中心に

森村泰昌

森村泰昌《私の中のフリーダ(赤い髪飾り)》2001年、
カラー写真、カンヴァス加工、150.0×120.0cm、寄託作品

横浜美術館コレクション展2015年度第1期では、美術における身体に焦点を当て、現代美術作品を中心にご紹介します。

時代や文化背景の違いによって人々の身体のとらえかたは異なります。かつての移動手段である徒歩や動物にかわり、近代以降技術の格段の進歩により交通機関が発達し、人は長距離を高速で移動できるようになりました。また通信網の発達により今では実際に足を運ばずとも居ながらにして遠く離れた場所の情報を得ることもできます。本来私たちが知りえないはずの膨大な量の多様な情報がインターネット上にあふれ、またコンピューター技術が生み出すバーチャルな世界がひろがりをみせる中で、身体に対する私たちの意識や感覚も変わりはじめています。肉体としての身体の実感が得にくくなりつつあるいま、同時代を生きるアーティストにとって、実在する自らの身体は、それを取り巻く空間とそこから展開する世界を読みとき、他者に伝えるための手がかりとなるといえるでしょう。

本展では、6つの章により美術作品における身体表現を考えます。
絵画の登場人物に自らが扮する作品で知られる森村泰昌(もりむら・やすまさ)が、メキシコの女性画家フリーダ・カーロを題材とした「私の中のフリーダ」シリーズをはじめとして、平野薫(ひらの・かおる)が2008年に横浜美術館で滞在制作した、衣服をほどき再構成する作品《Untitled – mother and baby-》ほか、奈良美智(なら・よしとも)、小谷元彦(おだに・もとひこ)、岩崎貴宏(いわさき・たかひろ)、川島秀明(かわしま・ひであき)、金氏徹平(かねうじ・てっぺい)ら日本の現代美術のアーティストによる作品を展示します。またパブロ・ピカソ、サルバドール・ダリ、フランシス・ベーコンら20世紀の巨匠たちによる身体表現をあらためてとらえ直します。さらに、伝統的な日本画の技法や空間表現をとりいれつつ、現代を描く三瀬夏之介(みせ・なつのすけ)、中村ケンゴ、藤井健司(ふじい・けんじ)らの作品を通して、作品に描かれる空間と鑑賞者の身体との関係について考えます。写真展示室では、アンドレ・ケルテス、エドワード・ウエストン、ジャック=アンドレ・ボワファール、ハンス・ベルメール、マリオ・ジャコメッリら、20世紀の写真家たちがとらえた身体をご覧いただきます。

【展示構成】

1.変幻する身体
人間の身体はいつの時代もアーティストをひきつける題材として繰り返しとりあげられてきました。ここでは、サルバドール・ダリ《幻想的風景-暁、英雄的正午、夕べ》や、フランシス・ベーコン《座像》など、身体を通して人間の存在の意味を描いた西洋の画家たちによる絵画作品をご紹介します。

サルバドール・ダリ《幻想的風景―暁、英雄的正午、夕べ》、フランシス・ベーコン《座像》、ヴィフレド・ラム《アダムとイヴ》、ロバート・ヤーバー《ヘリコプター》ほか

2.顔と向き合う – ポートレイト
誰もが一度は自分や家族の顔を描いた記憶があるように、ポートレートは私たちにとって近しいものであり、古来より絵画や彫刻の主題となってきました。一方、伝統的な肖像画の役割が写真にとって代わられた19世紀末以降は、ポートレートは作家自身の内面や個性の表現として、あるいは社会へのメッセージを込めたものとして描かれるようになります。ここでは東西の作家の、戦後から現代までの作品をご紹介します。

奈良美智《春少女》、川島秀明《roses》、パブロ・ピカソ《帽子をかぶった婦人》ほか

3.とらえられた身体
身体という言葉から想起されることは様々です。このセクションでは異なる視点、異なるアプローチによって身体の持つ豊かな、そしてだからこそ謎めいたテーマに挑む4人のアーティスト、ルーカス・サマラス、小谷元彦、高嶺格(たかみね・ただす)、石原友明(いしはら・ともあき)の作品を紹介します。彼らは彫刻、写真、映像インスタレーションなどの技法を用い、身体そのものを再現するのではなく、身体から触発されたなにかを表現しています。

高嶺格《水位と体内音》、ルーカス・サマラス《オートポラロイド》、小谷元彦《SP2 ‘New Born’(Python X)》、ほか

4.入れかわる身体
このセクションでは入れ替わる身体と題し、名画の登場人物に自らが扮した作品で知られる森村泰昌が、メキシコの女性画家を題材にした「私の中のフリーダ」シリーズをはじめ、平野薫による横浜美術館での滞在制作によるオブジェ、同じく横浜に滞在制作の経験のある遅鵬(ちぱん)のCGによる巨大な平面作品などをご紹介します。

森村泰昌「私の中のフリーダ」シリーズ、平野薫《Untitled -mother and baby- 》、遅鵬《五行山》

5.そこにある身体
日頃、自分の身体の存在を意識する機会は多くはありません。一方で私たちの身体は今ここにあり、それに目を向けることは、世界に相対する手がかりとなり得ます。ここでは、作品と鑑賞者の身体との関係を想起させるような作品を中心にご覧いただきます。

三瀬夏之介《ぼくの神さま》、小野友三(おの・ゆうぞう)《無題》、斎藤義重(さいとう・よししげ)《内部》、中村ケンゴ《コンポジション・トーキョー》ほか

6.身体への眼差し – 20世紀写真における身体表現
1939年に写真が発明されると、人々は現実世界を定着させることが出来るこの装置を使って様々な対象を撮影しはじめます。中でも、人がその肉眼で捉えることが出来ない自身の身体を写真が客観的に示すことに気づいて以来、身体は、飽くことのない撮影対象として今日に至るまで人々を魅了します。ここでは身体を巡って独自の作風を示した20世紀の写真家を紹介しながら、多様な写真の身体表現への希求を概観します。

エドワード・マイブリッジ《ジャンプする男》、エドワード・ウエストン《ヌード》、 アンドレ・ケルテス《ディストーションのポートレイト、パリ》、ジャック=アンドレ・ボワファール《無題》、 ハンス・ベルメール《無題》、マリオ・ジャコメッリ《スカンノ》ほか

7.ホワイエ、グランドギャラリー:イサム・ノグチと近代彫刻

イサム・ノグチ《真夜中の太陽》ほか

ジャック=アンドレ・ボワファール《無題》1930年(後年のプリント)、
ゼラチン・シルバー・プリント、28.3×21.7cm、横浜美術館蔵

【関連イベント】

■ギャラリートーク
歴史から観る、技法から観る、自由に想像する・・・。
さまざまな切口でエデュケーター(教育担当)が作品の見どころや楽しみ方を紹介します。

2015年4月3日、17日、5月1日、15日、29日 いずれも金曜日
いずれも14時~14時30分
会場 コレクション展展示室
参加料 無料 ※当日有効の観覧券が必要です
申込 不要

■アーティスト・トーク
(1) 2015年4月25日(土)
(2) 2015年5月16日(土)
いずれも14時30分~15時30分(14時開場)
講師
(1) 三瀬夏之介(美術家)
(2) 岩崎貴宏(作家)
会場 コレクション展展示室
参加料 無料 ※当日有効の観覧券が必要です
定員 各回40名
申込 不要 ※当日12時より総合案内で整理券を配布します。

遅鵬《五行山》2007年(2010年プリント)、発色現像方式印画、
364.6×119.5cm 横浜美術館蔵

開始日2015/03/28
終了日2015/05/31
エリア神奈川県
時間10時~18時(入館は17時30分まで)
休日木曜日
その他備考一般 500(400)円、大学・高校生 300(240)円、 中学生 100(80)円、 小学生以下 無料
※( )内は有料20名以上の団体料金(要事前予約)
※2015年4月4日(土)は無料
※毎週土曜日は、高校生以下無料(生徒手帳、学生証をご提示ください)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料
※毎月第3月曜日は横浜市在住の65歳以上の方無料(「濱ともカード」をご提示ください)
※企画展ご観覧当日に限り、企画展の観覧券でコレクション展もご覧いただけます。
開催場所横浜美術館
アクセス〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3丁目4番1号
TEL:045-221-0300(代表)
FAX:045-221-0317
みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい」駅〈3番出口〉から、マークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由徒歩3分、または〈マークイズ連絡口〉(10時~)から徒歩5分。
JR(京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から〈動く歩道〉を利用、徒歩10分。
http://yokohama.art.museum/visit/access.html