PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015 Kyoto International Festival of Contemporary Culture 2015

rist_2014_mercy_garden_retour_skin

Pipilotti Rist, Mercy Garden Retour Skin, 2014. Audio video installation.
Photo inspired by Yuji, courtesy of the artist, Hauser & Wirth, and Luhring Augustine

京都で初めてとなると大規模な現代芸術の国際展、世界の第一線で活躍する作家が集結

国際交流と文化の集積地・京都を舞台に世界の第一線で活躍するウィリアム・ケントリッジ、 サイモン・フジワラ、アリン・ルンジャーン、ヤン・ヴォー、田中功起など作家40組が参加するPARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015。主な会場は、京都市美術館と京都府京都文化博物館。歴史ある建物の全館が現代芸術で埋め尽くされるという今までにない空間が展開されます。

美術館入り口にはやなぎみわの巨大な移動舞台車が出現。また、1階の大陳列室には高さ15メートルに及ぶ蔡國強の竹製の塔作品に京都の子どもたちが作った大量のオブジェが飾られるという大型作品が登場します。桜を見がてら立ち寄れるカフェやブックショップなども。 また、明治時代の洋風建築のディテールがそのまま残る重要文化財、京都府京都文化博物館 別館では、森村泰昌とドミニク・ゴンザレス=フォルステルの作品を展示。この場所だからこそ表現できる独特の世界観を構築します。さらに、京都芸術センターにはアーノウト・ミックの映像インスタレーション作品、二条城の北側に位置する1950年初めに建てられた店舗併存集合住宅のモデル堀川団地には、ピピロッティ・リストや笹本晃、ブラント・ジュンソーによる作品が出現。また、鴨川デルタにスーザン・フィリップスによる音の作品が設置され、河原町塩小路周辺にはベルリンの2人組ヘフナー/ザックス、書店のショーウィンドーにはリサ・アン・アワーバック、というように場所と作家の化学反応をみることができます。

PARASOPHIAは私たちのものの見方や態度によって大きく印象が変わっていくものかもしれません。単純にみえる外見の裏に遠大な思考の蓄積を発見したり、途方もないイメージの奔流が日常ととても近いものであったり、毎日の馴染んだ景色が全く新しいものにかわったり、そんなことを見つける喜びや自分の中の変化をお楽しみください。

<アーティスティックディレクターより>
PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015は、京都市美術館全館と京都府京都文化博物館を主会場に、京都市内の複数の会場で開催される、私たちの多くが待ち望んでいた大規模な現代芸術の国際展です。

この展覧会には、いま、世界各地で興味深い制作を続けている約40組の芸術家の作品が京都に集います。国際展の巨大化という世界的潮流の中で、10,000㎡以上の展示スペースを確保しながらあえて40組という規模で参加作家への十分な展示スペースの提供と細やかな支援を重視した、大き過ぎない、京都という都市にとっての適正規模となるでしょう。

PARASOPHIAは準備期間の2年間を通じて参加作家のほとんどを京都に招聘しました。作家たちは京都の歴史や文化遺産からだけでなく、人々の暮らし方からも多くのものを読み取り、京都と関わることで新しい作品に挑戦しました。京都市内の場所と出会い、その場の人々や歴史と対話することで新しいビジョンを得た作家たちもいます。作家たちの調査に協力した人たち、彼らと出会い対話を交わした人たちにも変化がありました。そしてその2年間を通じて数多く開催してきたオープンリサーチプログラムやパブリックプログラムは、「私たちが知らない興味深い思考や表現が世界にはたくさんある」という当たり前の事実を多くの方々と共有していくプロセスでした。

PARASOPHIAは、多様な表現や思考と出会う場であり、異質なものを容認し、排除ではなく敬意ある距離感を見つけていく経験のプロセスです。既に知っていることを再度確認する場=娯楽/エンターテインメントではなく、参加作家と鑑賞者の双方を巻き込みながら、10年後、20年後の文化資産に繋がる、思考と創造の継続的で世界に開かれたプラットフォームを京都に根付かせることを目指します。

河本信治

<参加アーティスト>

Lisa Anne Auerbach, American Megazine #1, 2013.
Ink on paper. Installation view with mega-girls,
Los Angeles Municipal Art Gallery, 2013. Photo by Lisa Anne Auerbach,
courtesy of Lisa Anne Auerbach and Gavlak. © Lisa Anne Auerbach

リサ・アン・アワーバック Lisa Anne Auerbach
1967年アナーバー(アメリカ)生まれ、ロサンゼルス在住

Installation view of Stan Douglas, Luanda-Kinshasa, 2013.
Single-channel video projection, 6 hr. 1 min. (loop), color, sound

スタン・ダグラス Stan Douglas
1960年バンクーバー(カナダ)生まれ、在住

蔡國強「農民ダ・ヴィンチ」 2013 サンパウロ、
ブラジル銀行文化センター屋外での展示風景 Photo by Joana França

蔡國強(ツァイ・グオチャン) Cai Guo-Qiang
1957年泉州(中国)生まれ、ニューヨーク在住

ナイリー・バグラミアン Nairy Baghramian
1971年エスファハーン(イラン)生まれ、ベルリン在住

Still from Joost Conijn, Vliegtuig (Airplane), 2000. Video, 29 min.

ヨースト・コナイン Joost Conijn
1971年アムステルダム(オランダ)生まれ、在住

石橋義正 Yoshimasa Ishibashi
1968年京都(日本)生まれ、在住

Video still from Hedwig Houben, The Hand, the Eye and It, 2013.
Lecture/performance. Video by Bas Schevers.
Courtesy of Fons Welters Gallery, Amsterdam

ヘトヴィヒ・フーベン Hedwig Houben
1983年ボクステル(オランダ)生まれ、ブリュッセル(ベルギー)在住

PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015 オープンリサーチプログラム03
[レクチャー/パフォーマンス]
ドミニク・ゴンザレス=フォルステル「M.2062 (Scarlett)」
京都府京都文化博物館別館 2013年9月6日 写真:林直
提供:PARASOPHIA事務局

ドミニク・ゴンザレス=フォルステルDominique Gonzalez-Foerster
1965年ストラスブール(フランス)生まれ、パリおよびリオデジャネイロ在住

サイモン・フジワラ Simon Fujiwara
1982年ロンドン(イギリス)生まれ、ベルリン在住

ヘフナー/ザックス Hoefner/Sachs
フランツ・ヘフナー: 1970年シュタルンベルク(ドイツ)生まれ、ベルリン在住
ハリー・ザックス: 1974年シュトゥットガルト(ドイツ)生まれ、ベルリン在住

ウィリアム・ケントリッジ William Kentridge
1955年ヨハネスブルグ(南アフリカ共和国)生まれ、在住

ラグナル・キャルタンソン Ragnar Kjartansson
1976年レイキャビク(アイスランド)生まれ、在住

ブラント・ジュンソー Brandt Junceau
1959年ニューヨーク生まれ、ニューヨークおよびベルリン在住

倉智敬子+高橋悟 Keiko Kurachi & Satoru Takahashi
倉智敬子:1957年大阪(日本)生まれ、在住
高橋悟:年京都(日本)生まれ、大阪在住

笠原恵実子 Emiko Kasahara
1963年東京(日本)生まれ、藤沢在住

眞島竜男 Tatsuo Majima
1970年東京(日本)生まれ、川崎および別府在住

森村泰昌《侍女たちは夜に甦るV:遠くの光に導かれ闇に目覚めよ》2013

森村泰昌 Yasumasa Morimura
1951年大阪(日本)生まれ、在住

Still from Aernout Mik, Touch, rise and fall, 2008. Video installation.
Courtesy of the artist and carlier | gebauer

アーノウト・ミック Aernout Mik
1962年フローニンゲン(オランダ)生まれ、アムステルダム在住

アン・リスレゴー Ann Lislegaard
1962年トンスベルグ(ノルウェー)生まれ、コペンハーゲンおよびニューヨーク在住

アフメド・マータル Ahmed Mater
1979年タブーク(サウジアラビア)生まれ、アブハー、ジッタおよびメッカ在住

笹本晃 Aki Sasamoto
1980年横浜(日本)生まれ、ニューヨーク在住

Still from Pipilotti Rist, Gigantic Pear Log, 2014. Video installation.
Courtesy the artist, Luhring Augustine, New York, and Hauser & Wirth

ピピロッティ・リスト Pipilotti Rist
1962年グラープス(スイス)生まれ、チューリヒ在住

Susan Philipsz, The Distant Sound, 2014. Three-channel sound installation.
Installation view, Moss, Norway, 2014. Photo by Eoghan McTigue. © Susan Philipsz

スーザン・フィリップス Susan Philipsz
1965年グラスゴー(イギリス)生まれ、ベルリン在住

Installation view of Arin Rungjang, Golden Teardrop, 2013.
Video and site-specific sculptural installation.
Photo by Kornkrit Jianpinidnan, courtesy of the artist and
the Office of Contemporary Art and Culture, Thailand

アリン・ルンジャーン Arin Rungjang
1975年バンコク(タイ)生まれ、在住

フロリアン・プムヘスル Florian Pumhösl
1971年ウィーン(オーストリア)生まれ、在住

ローズマリー・トロッケル Rosemarie Trockel
1952年シュヴェーアテ(ドイツ)生まれ、ケルン在住

田中功起 Koki Tanaka
1975年益子(日本)生まれ、ロサンゼルス在住

From Gustavo Speridião, The Great Art History, 2005–15

グシュタヴォ・シュペリジョン Gustavo Speridião
1978年リオデジャネイロ(ブラジル)生まれ、在住

高嶺格 Tadasu Takamine
1968年鹿児島(日本)生まれ、秋田在住

アナ・トーフ Ana Torfs
1963年モルツェル(ベルギー)生まれ、ブリュッセル在住

ジャン=リュック・ヴィルムート Jean-Luc Vilmouth
1952年クレウツヴァルド(フランス)生まれ、パリ在住

王虹凱(ワン・ホンカイ) Hong-Kai Wang
1971年虎尾(台湾)生まれ、ウィーンおよび台北在住

ヤン・ヴォー Danh Vo
1975年バリア(ベトナム)生まれ

徐坦(シュー・タン) Xu Tan
1957年武漢(中国)生まれ、広州およびニューヨーク在住

やなぎみわ《『日輪の翼』上演のための移動舞台車》2014 写真:沈昭良

やなぎみわ Miwa Yanagi
1967年神戸(日本)生まれ、京都在住

アレクサンダー・ザルテン Alexander Zahlten
1973年ウィスコンシン州マディソン(アメリカ)生まれ、ボストンおよび京都在住

アーティストの詳細はこちらから

<イベント>
会期中は作家や研究者など様々な人の対話を通して、作品を読み込んでいく「Parasophia Conversations」や「アクセスプログラム」を開催します。 また、蔡國強の作品の一部を作る「子どもダ・ヴィンチ ワークショップ」や会場の一部に出現した教室で、自分でプログラムを考えて使用できる「スタディルーム」など 参加者自身がPARASOPHIAをより楽しめるようになるきっかけをつくります。また、京都府京都文化博物館のフィルムシアターでの「シネマプログラム」では20作品以上の映画を上映。

イベントの詳細はこちらから

Site in English

(公式サイトより

開始日2015/03/7
終了日2015/05/10
エリア京都府
時間会場によって異なります。こちらをご覧ください。http://www.parasophia.jp/visit/
休日月曜日(ただし、3/9、5/4は開場。京都府京都文化博物館のみ4/27は開場)
その他備考当日券(前売券):一般1,800円(1,400円) 大学生または70歳以上1,200円(900円)
団体券(10名以上):一般1,500円 大学生または70歳以上1,000円
パスポート:一般6,000円 大学生または70歳以上4,000円
*( )内は前売り料金、販売は2015年3月6日(金)まで
*高校生以下及び18歳未満は無料
*障害者手帳等をご提示の方および付添者1名は無料
*ガイドブックは入場時にお渡しします
*前売券・当日券・団体券は、入場当日のみ同会場での再入場可能
*会場ごとに日を改めてご入場いただけます
*京都府京都文化博物館フィルムシアターでのPARASOPHIAシネマプログラムを会期中何度でもご覧いただけます(チケット要提示)
*パスポートは全会場で会期中何度でもご利用いただけます
チケットに関するお問合せ
PARASOPHIAチケットセンター
TEL: 06-6221-3138 受付時間:10:00–18:00
開催場所京都市美術館(メイン会場)
アクセス京都市美術館の他、京都府京都文化博物館、京都芸術センター、堀川団地(上長者町棟)、鴨川デルタ(出町柳)、河原町塩小路周辺、大垣書店烏丸三条店
http://www.parasophia.jp/visit/