「ボッティチェリとルネサンス展」&「グエルチーノ展」開催記念講座 宮澤政男&渡辺晋輔&藤原えりみから学ぶ 西洋美術のABC ーイタリア美術 ルネサンスとバロック編@青山ブックセンター本店

aoeabc-main

「ボッティチェリとルネサンス展」&「グエルチーノ展」開催記念講座

宮澤政男&渡辺晋輔&藤原えりみから学ぶ西洋美術のABC
ーイタリア美術 ルネサンスとバロック編

開催日時:2015年4月2日(木)&4月28日(火)19:00~21:00

会場:青山ブックセンター本店・小教室

定員:45名さま

ご受講料:5,400円(税込)

詳細:http://www.aoyamabc.jp/culture/aoe-abc/

***

このたび、西洋美術の入門講座としてスタートした「藤原えりみから学ぶ西洋美術のABC」のイタリア美術編(全2回シリーズ)を開講します。

2015年春に、「ボッティチェリとルネサンス」(Bunakmura ザ・ミュージアム)、「グエルチーノ展」(国立西洋美術館)が同時期に開催されます。サンドロ・ボッティチェリ(1445-1510)と言えばルネサンス期を代表する画家で《春》や《ヴィーナスの誕生》は多くの人が一度は目にしたことがあるでしょう。一方、グエルチーノ(1591-1666)は、カラヴァッジョ(1571-1610)やカラッチ一族によって幕開けされたバロック美術を発展させたと言われる重要な画家です。

では、ボッティチェリとグエルチーノがそれぞれ活躍をしたルネサンスとバロックとは、どのような時代、そして様式だったのでしょうか。

今回は、ゲスト講師としてボッティチェリ展から宮澤政男さん、グエルチーノ展から渡辺晋輔さんと、それぞれの展覧会を担当された学芸員さん、研究員さんをお招きし、藤原えりみさんとともに、ルネサンスとバロックの基礎をおさえながら、イタリア美術への理解を深めていきます。

さらに、ルネサンスからいかにしてバロックに移り変わっていったのかを追い、西洋美術がいかに美術と向き合い、過去の表現と葛藤をしてきたのかを考える機会にしたいと思います。

開始日2015/04/02
終了日2015/04/28
エリア東京都
時間19:00~21:00
休日
その他備考5,400円(税込)/全2回
開催場所青山ブックセンター本店・小教室
アクセス〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
電話:03-5485-5513
メール:culture@boc.bookoff.co.jp