林原国際芸術祭“希望の星”2014「太陽と月を描く」

75-30

障がいのあるアーティストの「太陽と月」をテーマとした絵画作品、約30点を一堂に集めたアート展「林原国際芸術祭“希望の星”2014『太陽と月を描く』」を11月5日(水)~11月16日(日)の11日間、「MC FOREST」(丸の内)で開催されます。

この林原国際芸術祭“希望の星”は2003年に創設され、さまざまなハンディに負けず芸術活動を行っている障がい者の方々の才能をみなさんに知って頂くことを目的としています。

今回は、障がい者の才能や労働への対価が彼等の所得として還元される健全な社会の実現を目指す活動のシンボルマークのデザインを広く募集する企画展です。

テーマの「太陽と月」には、障がいのある方それぞれが光を放ち輝いてほしいという願いと、太陽と月のように昼も夜も当たり前のように誰も排除しないで一緒にいてほしいという思いが込められています。会場には、国内各地から集まった約150点の作品から審査員による第一次審査を経た約30点が展示されます。

さらに、会場では来場者の投票によって、得票数の最も多い作品がグランプリとして、障がい者所得向上運動のシンボルマークのデザインに採用されます。障がい者の自立のために所得向上の主旨と活動に賛同する企業・団体・個人が身につけるバッジとし、この売上金の一部を作者の収益に還元します。

彼らの自由で魅力に満ち溢れた作品は、深い感動と多くの希望を与えてくれるはずです。

主催者HP

(なかむら)

開始日2014/11/05
終了日2014/11/16
エリア東京都
時間11:00~20:00
休日11/10(月)
その他備考無料
開催場所三菱商事「MC FOREST」(丸の内)
アクセス千代田区丸の内2-3-1
東京駅 丸の内中央口より徒歩約6分

http://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/mcforest/