[会田誠×三潴末雄]日本の現代アートの挑戦と役割 ~いかにして世界のアートシーンと向き合うか@青山ブックセンター本店

JPG

ミヅマアートギャラリーディレクター三潴末雄と
ゲストによるトークシリーズ 日本再再再発見
『アートにとって価値とは何か』刊行記念 特別番外編

会田誠 × 三潴末雄

日本の現代アートの挑戦と役割

~いかにして世界のアートシーンと向き合うか

開催日時:2014年12月2日(火)19:00~21:00

会場:青山ブックセンター本店・大教室

定員:110名さま

受講料:1,944円(税込)

詳細・お申し込みは以下URLよりお願いします。

http://www.aoyamabc.jp/culture/rerere-japan-discover-extra1/

ミヅマアートギャラリーディレクター三潴末雄さんとゲストが「日本」をテーマに語り合う対談シリーズ「日本再再再発見」。
2011年 猪子寿之さんを皮切りに、植島啓司さん&高橋正宣さん、高橋龍太郎さん、椹木野衣さん、茂木健一郎さん、原研哉さんとさまざまな現場で活躍をされている方をゲストに招き、開催をしてきました。 第7回目となる今回は、三潴末雄さんのはじめての著書『アートにとって価値とは何か』(幻冬舎)の刊行を記念し、美術家 会田誠さんをゲストにお迎えして開催いたします。

現代アートシーンは今もなお、西洋がその世界の中心にあるといえるでしょう。西洋が築きあげてきたアートの価値観はゆるぎなく、その文脈にのらない日本をはじめとする非西洋圏の表現は、亜流とみなされるか、エキゾチックなものとして評価されてきました。そんな中、三潴さんは、日本の現代アートの魅力を国内外にあらゆる形で紹介しながら、いつかアートシーンの中心地であるニューヨークでミヅマアートギャラリーの作家たちと暴れたいと語ります。では、日本の現代アートはいかにして世界のアートシーン、アートマーケットに挑戦することができるのでしょうか。

今回は会田さんと三潴さんとともに、日本の現代アートは世界のアートシーンにどのような姿勢で向き合えばいいのか、どのように挑むことができるのかをお話いただきながら、日本のアートの役割と使命、さらにその可能性を考えていきます。

開始日2014/12/02
終了日2014/12/02
エリア東京都
時間19:00~21:00(開場18:30~)
休日
その他備考1,944円(税込)
開催場所青山ブックセンター本店内・大教室
アクセス〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山ガーデンフロア (B2F)