[石川直樹×新藤淳トーク!]山を描く、山を撮る~自然が芸術にもたらす想像力とは@ABC本店

ホドラーポスターjpg

フェルディナンド・ホドラー展関連講座

石川直樹 × 新藤淳トーク&レクチャー
山を描く、山を撮る
~自然が芸術にもたらす想像力とは

 

開催日時:2014年11月1日(土)18:00~20:00/17:30~

会場:青山ブックセンター本店・大教室

定員;110名様

受講料:1,944円(税込)

詳細・お申し込みはコチラ

http://www.aoyamabc.jp/culture/ferdinandhodler/

 

***

2014年10月7日より国立西洋美術館にて、日本で40年ぶりとなる「フェルディナント・ホドラー展」が開催されます。日本初公開作品も多数出品される過去最大規模の回顧展です。

ホドラー(1853-1918)は 19世紀末のスイスを代表する画家で、クリムトと並び世紀末芸術の巨匠と称されます。同時代のスイス人芸術家、クレーやジャコメッティなどが国外で活躍をする中で、ホドラーは生涯、スイスを出ることなく、母国で描き続けました。そんなホドラーの画題は肖像画、寓意画、風景画など多岐にわたり、中でも自身にとって身近な自然であるスイス・アルプスの山、自然を多く描きました。「もっとも強い幻想は、無尽蔵の啓発の源泉たる自然によって養われる」というホドラーの言葉からわかるように、アルプスの自然に大きな刺激を受けたようです。

美術史を紐解くと古今東西問わず、山や自然は数多くの芸術家たちによって作品のテーマにされてきました。写真家の石川直樹さんも山そして自然に魅せられた1人です。弱冠23歳でエベレストに登頂し、2001年には七大陸最高峰登頂を達成するなど、自ら世界中の山々に登り、写真を撮り、経験としての移動・旅をテーマに作品を発表し続けています。

では、山を撮る石川さんは、ホドラーが描いた山をどうみるのでしょうか。
そして、自然は芸術にどのような想像力を与えるのでしょうか。

今回は、石川直樹さんと本展企画担当の国立西洋美術館学芸員 新藤淳さんをお迎えし、ホドラーの自然への眼差しに焦点をあて、彼の想像力の源に迫るとともに、画家と写真家の自然への挑み方、また西洋と日本の自然観の違いや共通点を探りながら、自然が芸術にもたらす影響やイマジネーションについて考えていきます。

***

 

 

 

開始日2014/11/01
終了日2014/11/01
エリア東京都
時間18:00~20:00/開場17:30~
休日
その他備考受講料:1,944円(税込)
開催場所青山ブックセンター本店内・大教室
アクセス〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
電話:03-5485-5513
メール:culture@boc.bookoff.co.jp