[中ザワヒデキから学ぶ 日本現代美術史のABC]『現代美術史日本篇1945-2014』刊行記念講座 ~戦後1945年から現在2014年まで日本の現代美術のムーヴメントを追う~@ABC本店(12/12~)

無題

このたび青山ブックセンターでは中ザワヒデキ著『現代美術史日本篇 1945~2014』(アートダイバー刊)の刊行を記念して、中ザワヒデキさんによる日本現代美術講座を開講いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

******

『現代美術史日本篇1945-2014』刊行記念講座

中ザワヒデキから学ぶ 日本現代美術史のABC

~戦後1945年から現在2014年まで日本の現代美術のムーヴメントを追う

「どうも現代美術はよくわからない」
「日本の現代美術をもっと楽しみたい」
そんな方にご受講いただきたい、日本現代美術史の入門講座です。

講師は『近代美術史テキスト』や『西洋画人列伝』の著者で美術家の中ザワヒデキさんです。中ザワさんは美術家として活動をしながら、「現在の自分の視点で歴史をつくる」という姿勢で美術史に関する書籍を執筆されています。そして、この度、著書の一つである『現代美術史日本篇』の改訂版の刊行が決まりました。改訂版は新たに第8章として2010年以降の新しいフェーズが盛り込まれました。本講座ではこれを記念して、本書に即しながら戦後1945年から2010年以降、現在に至るまでの日本の現代美術を時代順に学んでいきます。

戦後、日本の現代美術は国内の社会情勢や、欧米諸国との関係など時代の流れとともに変動をし、さまざまな作品が生まれてきました。では、それぞれの時代にどのように呼応し、どのような表現が生まれてきたのでしょう。今回は、時代ごとの重要な作家、表現、活動を中心に、当時の社会と美術の関わり方をおさえながら、その動向と変遷を辿ることで、日本の現代美術への理解を深めていきます。

《開催詳細》

日程:2014年12月12日(金)~2015年5月15日(金) 全6回/全金曜日

時間:19:00~21:00/開場18:30~

会場:青山ブックセンター本店内・小教室

定員:45名様

受講料:16,200円(税込)

持ち物:『現代美術史日本篇 1945~2014』(アートダイバー)、1,620円(税込)

*本講座ではテキストとして『現代美術史日本篇 1945~2014』を使用いたします。

受講料とともにテキスト代をご入金いただいた方にはテキストを郵送いたします。

詳細・お申し込みはコチラ

http://www.aoyamabc.jp/culture/contemporaryart-abc/

【中ザワヒデキさんからのメッセージ】
このたび改訂版として出版する『現代美術史日本篇 1945-2014』には二つの大きな特徴があります。一つは、美術家が書く美術史書であることです。私は、私の作品の最良の解説が美術史であるような作品を作っているつもりです。つまり自作品解説として、美術史を書くのです。もう一つは、循環史観です。「歴史は繰り返す」という言葉どおり、20世紀初頭以降の美術史はすでに4回目の繰り返しに突入しています。これを語るなら、歴史とは目次のことであると言い切れます。では「美術家が書く美術史書」であることと「循環史観」はどう切り結ぶのか。……といったことは講座の中で語ることとし、残された字数を、私が考える日本現代美術の魅力の開陳にあてたいと思います。九州派の菊畑茂久馬の『反芸術綺談』からの一節です。「一生懸命、真面目に描くということが、いかに自分に甘ったれたことか、誠実で糞真面目な絵が、いかに自分をかわいがった欺瞞的な行為か、それが、だんだんよーくわかってきたのです」。この続きは本書改訂版序文ならびに全6回の本講座でどうぞ。お待ちしています。

開始日2014/12/12
終了日2015/05/15
エリア東京都
時間19:00~21:00/18:30~
休日
その他備考受講料:16,200円(税込)
開催場所青山ブックセンター本店内・小教室
アクセス〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山ガーデンフロア (B2F)
電話:03-5485-5513
メール:culture@boc.bookoff.co.jp