【塩谷良太】OAP彫刻の小径「対話の深度/ものの奥行き」

SP2013_press_image

塩谷良太・山添潤 屋外彫刻 合計8点展示いたします。

(塩谷良太)

大阪市北区のOAP「彫刻の小径」にて、2013年11月から2015年4月まで、国内外で活躍する2名の若手彫刻家、塩谷良太(しおや りょうた)と山添 潤(やまぞえ じゅん)による野外彫刻展を開催いたします。

現代陶芸家としても活躍する塩谷良太は、身体や行為の痕跡をとどめた陶彫によって、“物質に宿る精神の発露”の視覚化を試みる作家です。粘土を身体の部位に押当て、間接を曲げるなどして体の痕跡を採取した陶のピースを、さらにゴムバンドで結びつける作品《具合》。粘土をゴムバンドで縛り付け、半ば勝手に出来ていく形、また粘土そのものの固さや縛る箇所によって生じる様々に左右されながら造形行為を繰り返して出来上がる作品《物質と記憶》。OAP彫刻の小径において、塩谷は行為と記憶、モノと記憶の関係についての考えを発展させたこれら2つの新作シリーズを展示します。

一方、山添 潤は、大きな石の塊と向き合い、自身の生身の力によってノミやタガネを使いひたすらに石を刻み続ける石彫家です。単一な行為の集積と痕跡とが、石の表面に重なり覆い連なってゆき、やがてその石の塊が一つの存在へと結実したときに作品完成へと至ります。石を刻むことは山添にとって、その内側の見えない何かを探る行為、すなわち対話そのものですOAP彫刻の小径では、4つの直方体の砂岩の塊から、山添独自の有機的なフォルムがそれぞれに立ち上がり、時間の経過をも感じさせる《残像 depth Ⅱ》の連作を展示します。

塩谷、山添の両者はともに、頭に思い描いたイメージを具象化するためだけではなく、むしろ表現においては不自由とも思える素材や伝統様式などのさまざまな制約と向き合いながら “行為するヒト”になることで、新たな彫刻の原理を見出そうとしているかのようです。本展は『対話の深度/ものの奥行き』と題し、彼らの作品を通して、私たちの身の回りにあるものや時空間との向き合い方や、日々の生活の中で行っているさまざまな行為の奥深さを再発見する機会となれば幸いです。

ギャラリーホームページより

開始日2013/11/01
終了日2015/04/01
エリア大阪府
時間屋外 日没まで
休日なし
その他備考無料
開催場所アートコートギャラリー
アクセス〒530-0042 大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
TEL:06-6354-5444 FAX:06-6354-5449
受付時間: 11:00〜19:00(火~金)11:00~17:00(土)