【塩谷良太】 塩谷 良太・ 神戸 博喜 二人展

P1020752(低解像度変換後)
塩谷は南青山にある「白白庵」企画の二人展に参加致します。

塩谷の出品作は造形作品から茶碗、酒器まで。ぜひご高覧下さい。

塩谷は5月31日(土)、6月7日(土)、14日(土)在廊の予定です。

初日の5月31日(土)には茶人・傳田京子氏のお点前によるお茶会が開催されます。詳細は以下をご確認ください。

(塩谷良太)

——————————————————————————————————————————–

塩谷 良太(立体) ・ 神戸 博喜(平面)による二人展

白白庵が提唱するこれからの時代の「しつらえ」は、現代の美術と工芸をクロスオーバーに響き合わせ、それぞれの作品に対する視点を作家のコンセプトの範疇から緩やかに広げ、鑑賞者の想像力を刺激するもの。

壁に掛ける絵が発するもの、床に置かれた立体造形が訴えるもの。

二つの要素の最小単位である「一対一」の図式から見えて来るものは、作家自身も想像しなかった新しい世界。

私達の日々の生活にふとした「気付き」や「おもてなし」の喜びを見出し、取り戻したい。

そんな気持ちから企画する白白庵の「二人展」シリーズは、心地よい緊張感と創意のぶつかり合いによって、「一+一=∞」の可能性をお見せしたいと考えます。

塩谷良太プロフィール

神戸博喜プロフィール

企画、しつらえ : 石橋 圭吾(白白庵)

【 傳 田 京 子 の「 捻 転 茶 会 」 】
“Twist & Transcribe” Tea Party with DENDA Kyoko

今展覧会開催を記念して、茶人・傳田京子氏のお点前による特別なお茶会を開催致します。世田谷と六本木の稽古場を主宰し、テーブル使用のワークショップが好評な「れんぴか」で知られる傳田氏。

塩谷の作品に見られる物質の「捻り」と、神戸の絵画に現れるイメージの「転写」から「捻転茶会」と題する茶会は、実際に塩谷の茶碗を用いて、展示しつらえの中でどなたでも気軽に楽しんで頂けるものとなるでしょう。

開催 5月31日(土)  時間 14:00 / 15:30 / 17:00(全三席・各定員6名)

御代 ¥2,000-(税込) お菓子、お抹茶付き

傳田 京子  DENDA Kyoko

武者小路千家教授 / きもの着装講師

再生日本を目指す人々の心に、深く貢献していくだろう茶の湯スピリッツの普及を旨とし、 スタイルを変えてエンジョイ!な茶の湯を広めています。

CGやアニメの映像制作業界でプロデュースやマネージメント等を、長年経験する途上で深く茶の湯に傾倒する。長期滞在したニューヨークで、メトリポリタン美術館「織部展」での、 伝説のオープニング・セレモニー茶会に立会い、茶の湯への情熱が再燃焼!

帰国後の2004年から世田谷区赤堤において、茶道サロンれんぴか(閼伽堤会)を主宰。日常の茶の湯をエンジョイ!をモットーに、数寄屋作りの本格茶室で、現代的設えの稽古場を展開中。デザイナーやクリエイター等、個性的なメンバーが集う賑やかな場に、男性の参加も多い。

奥深い茶の湯スピリッツを広めるため、多種多様な企画にも積極的に参加している。また、インテリア・デザイナー内田繁氏主宰の、流儀を超えた茶の湯集団、 「岡傍会」(オカビエ)の一員として、西麻布で10年目となる現代的なル・ベイン茶会を始め、 ニューヨークやソウル等で茶の湯を披露している。

〈れんぴかサイト〉 http://www.lempicka.jp/
〈六本木稽古場サイト〉 http://keicoba.com/

ご予約はメールにて! info@pakupakuan.jp

(白白庵ホームページより)

開始日2014/05/31
終了日2014/06/15
エリア東京都
時間11:00〜19:00
休日木曜定休
その他備考入場無料
開催場所白白庵
アクセス〒107-0062
東京都港区南青山二丁目17-14
TEL & FAX. 03-3402-3021