【西野達】六本木アートナイト

201404 roppongi art night

19日、ミッドタウン中心エリアで19時から23時頃の間でミラーボールマンが何回か出演予定です。遊びにおいで。

(西野達)

今年はアーティスティックディレクター日比野克彦氏監修のもと『動け、カラダ!』をテーマに「アートの持つ身体性」に目を向け、アート作品の展示はもちろん参加型パレードや体験型アート、パフォーマンス、フードプログラムなどのコンテンツを街中に登場させます。

動け、カラダ! 
目が動く、手が動く、足が動く、指が動く、頭が動く、腰が動く、胸が動く、喉が動く、腹が動く、 口が動く、鼻が動く、耳が動く、瞼が動く、肺が動く、心が動く、細胞が動く。

だから、アートが動く。
私たちのカラダの中で、
アートは動いている。
カラダが動くと、
アートが動きだす。
さあ、大地に宇宙に呼びかけよう!
動け、カラダ!

―日比野克彦―

六本木アートナイト実行委員会は、次回の六本木アートナイトを、2014年4月19日(土)、20日(日)に開催することを決定いたしました。
アーティスティックディレクターには、前回に引き続き日比野克彦氏を起用し、5回目を迎える「六本木アートナイト」の新しいアートの可能性の確立に挑戦します。
東京は、2020年のオリンピック・パラリンピック開催に向けて、世界に向け文化を発信し、また世界中から人を集める機会を創出していかなければなりません。六本木の街を舞台に夜を徹して開催されるこの恒例のアートの祭典が、多様な文化を背景に持つ、より多くの人々と感動を共有できる場になることを期待します。
六本木の街からアートの元気を発信し、東京の未来を拓きましょう。

六本木アートナイト実行委員会 実行委員長 南條史生

六本木アートナイトは、社会に於けるアートの更なる可能性を発信していく。
ひと夜の出来事は、六本木の姿、時代の色を抽出し、そこに集う人たちに明日への一歩を感じさせる。
街は人が創り、人を街が創る。
六本木の街が持っている魅力を再検証し、そこに行き交う人、そこに住む人と供に継続性あるアクションをも起こしていく。
世界も日本も変動する中で、六本木アートナイトは 5 回目を迎える。
継続するものと変動するもの。「継続と変動」があるから時代が動く。
六本木に於ける昼間の継続、夜の継続。明日は何が起きるのか?
動けからだ!人が動くことにより、時代はつくられていく。

六本木アートナイト 2014 アーティスティックディレクター 日比野克彦

プログラムはこちら

参加アーティストはこちら

参加施設(ギャラリー/店舗)はこちら

六本木アートナイト公式サイトより)

.

開始日2014/04/19
終了日2014/04/20
エリア東京都
時間2014年4月19 日(土)10:00~4月20日(日)18:00
<コアタイム> 4月19日(土)18:17【日没】 ~ 4 月20 日(日)5:03【日の出】
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。
休日
その他備考無料 (但し、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
開催場所六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、 21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
アクセス地下鉄日比谷線六本木駅、千代田線乃木坂駅。
4月19日(土)深夜から20日(日)早朝にかけて、六本木と都内主要ターミナルを結ぶ無料シャトルバスを今年も運行予定です。