魅惑のニッポン木版画

風間サチコ

風間サチコ《噫!怒涛の閉塞艦》 2012年(平成24) 木版 181×418cm 
東京都現代美術館蔵 Courtesy of MUJIN-TO Production

木版画は、日本人にとって最も親しみ深い芸術表現のひとつといえるでしょう。

江戸時代、浮世絵版画が一世を風靡し、木版画は「庶民の芸術」として定着しました。この時期には、人々の暮らしにより密着した千代紙や引き札なども木版技法で作られました。大正時代には、木版本来の力強い表現力を生かした「創作版画」や、浮世絵の繊細な線や鮮やかな色彩を受け継ぐ「新版画」が誕生しました。また、木版ならではの柔らかい風合いと近代的なデザインが融合した本の表紙や絵封筒なども、当時の人々の暮らしを彩っています。

伝統と革新の上に独自の発達をとげてきた日本の木版画は、戦後、国際的に大きな脚光を浴びることとなります。それにともなって国内でも木版画熱は再び高まりをみせ、以降、様々な複製技術が発達した現代にいたるまで、木版という伝統技法にこだわって制作を続けているアーティストが数多くみられます。

横浜美術館は幕末から現代までの約1,600点におよぶ木版画を所蔵しています。この展覧会では、当館の収蔵品を中心に、現代作家による新作も加えた約220件を通じて、各時代の木版表現の粋をご紹介します。庶民性と独創性にあふれる「魅惑のニッポン木版画」の世界を、どうぞご堪能ください。

※会期中、一部展示替えがございます。

恩地孝四郎《ダイビング》 1936年(昭和11) 多色木版 47.0×29.2cm 
横浜美術館蔵(北岡文雄氏寄贈)

<関連イベント>

最新情報については美術館ホームページをご覧ください。

◆ 記念講演会「わたしたちの木版画」

講師:中林忠良氏(東京藝術大学名誉教授、銅版画家)
日時: 2014年3月29日(土曜)14時00分から15時30分 ※13時30分開場
会場:レクチャーホール(定員240名)
※入場無料、事前申込不要
※当日11:00よりレクチャーホール前で整理券を配布します

◆ アーティストトーク

第4章の4人の出品作家それぞれに、自作について語っていただきます。

①湯浅克俊氏:2014年3月22日(土曜)
②吉田亜世美氏:2014年4月19日(土曜)
③風間サチコ氏:2014年5月10日(土曜)
④桐月沙樹氏:2014年5月17日(土曜)
いずれも14時00分から14時30分
※参加無料(当日有効の観覧券が必要です)、申込不要

◆ 学芸員によるギャラリートーク

日時: 2014年3月28日(金曜)、4月25日(金曜)、5月23日(金曜)
いずれも15時00分から15時30分
※参加無料(当日有効の観覧券が必要です)、申込不要

月岡芳年(大蘇)《風俗三十二相 けむさう 享和年間 内室之風俗》 
1888年(明治21) 多色木版 37.4×25.2cm 横浜美術館蔵(加藤栄一氏寄贈)

◆ 夜の美術館でアートクルーズ

閉館後に担当学芸員の解説つきで、展覧会をゆったり鑑賞できる人気のプログラム。

講師: 展覧会担当学芸員
日時: ①2014年3月15日(土曜) 19時00分から21時00分
②2014年4月16日(水曜) 19時00分から21時00分
対象・定員:18歳以上・各回30名(要事前申込、抽選)
参加費:おひとり3,000円
申込方法:以下のフォームから、ご希望の開催日を選んでお申込みください。
① 3月15日(土曜)>>フォームリンク
※2月14日必着締切(抽選および当選者へのお知らせは2月17日予定)
② 4月16日(水曜)>>フォームリンク
※3月14日必着締切(抽選および当選者へのお知らせは3月17日予定)

※お申込みの直後に「受付完了メール」を送信しますが、ご使用の機器の設定により、受信いただけないことがあります。「受付完了メール」が届かない場合は、横浜美術館 教育普及グループ(045-221-0304)までお問合せください。
※1名様のお申込みにつき2名様までご同伴いただけます。
※当選者への通知(メール)をもって、抽選結果の発表に代えさせていただきます。
※当選の場合、参加費は郵便局の指定口座にお振込みいただきます。(手数料はお客様のご負担となります)

◆ 子どもの日スペシャル 
創作&鑑賞ワークショップ「木版画を摺ってみよう!」

版木にインクをのせて紙に摺る−この創作過程に親子でトライ!摺りの体験後は、展覧会場の作品もちょっぴり詳しく見てみましょう。

日時: 2014年5月5日(月曜・祝日) ①10時30分から、②11時30分から、③13時30分から、④14時30分から、いずれも45分程度
※①②は当日10時00分より、③④は当日13時00分より、会場にてご希望の回を受付けます。
会場:グランドギャラリー
対象・定員:子どもと保護者・各回とも10組(1組3名様まで)、先着順
※参加無料(中学生以上は当日有効の観覧券が必要です)

斎藤清《凝視》 1962年(昭和37) 多色木版 53.0×38.7cm 
横浜美術館蔵(斎藤清氏寄贈)

◆ 展覧会・ココがみどころ

横浜美術館のボランティアが、展覧会の魅力をコンパクトに紹介します。

日時: 毎週日曜日、①11時00分から、②14時00分から、いずれも15分程度
会場:グランドギャラリー
※参加無料、申込不要

(美術館ホームページより)

*芸術家たちの「交友関係」に着目したコレクション展「ともだちアーティスト II – 収蔵作品でつづる芸術家の交友関係」を同時開催中です。2013年に新収蔵となった、奈良美智の≪春少女≫が展示されています。本作は、2012年に当館で開催された個展「奈良美智:君や 僕に ちょっと似ている」で発表された、奈良美智近年の代表作です。

川瀬巴水《「東京十二題」春のあたご山》 1921年(大正10) 
多色木版 36.5×24.3cm 横浜美術館蔵

開始日2014/03/01
終了日2014/05/25
エリア神奈川県
時間10時00分から18時00分(入館は閉館の30分前まで)
休日木曜日
その他備考一般1,100(1,000)円/大学・高校生700(600)円/中学生400(300)円/
小学生以下無料

※( )内は前売/有料20名様以上の団体料金(要事前予約)

※毎週土曜日は、高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳をお持ちの方と介護の方(1名)は無料

※本展チケットで、ご観覧当日に限り、横浜美術館コレクション展もご覧いただけます

※チケットは、横浜美術館(前売はミュージアムショップ)、セブン-イレブン店内のマルチコピー機「セブンチケット」(セブンコード:027-017)にてお買い求めいただけます(前売は2014年2月28日[金]まで販売)

※2014年3月29日(土)は観覧無料

※その他の割引についてはお問合せください
開催場所横浜美術館
アクセス〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

TEL:045-221-0300 FAX:045-221-0317 
みなとみらい線(東急東横線直通)をご利用の場合:
みなとみらい駅下車、みなとみらい駅下車、3番出口からマークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由、徒歩3分。または〈マークイズ連絡口〉(10時00分~)徒歩5分。

JR線、横浜市営地下鉄線をご利用の場合:
桜木町駅下車、<動く歩道>を利用、徒歩10分。
http://www.yaf.or.jp/yma/visit/130/index.php