多摩美術大学日本画専攻 卒業制作展 えちがい

201402tamabi nihonnga sotsuten

多摩美術大学日本画専攻の卒業生による有志展を開催いたします。

28人の作品のちがい、見る人の感性のちがい、すべてを重ね合わせて作った今展示のタイトルが「えちがい」です。今年は会場を横浜、BankART Studio NYKに変え、作品を通して鑑賞者と対話し合う事=絵画表現を通した交歓をテーマに展示を行います。

作品展示のほかにトークショーやワークショップなどのイベントも企画しておりますので、是非お立ち寄りください。

スペシャルイベント①
えちがいトーク
BankART でばんばん・ビ・ビ・ビ!!

3月1日(土)15:00〜16:30

ナビゲーター    野地耕一郎(泉屋博古館 分館 学芸課長)
パネリスト     國司華子 (作家・多摩美術大学客員教授)/町田久美 (作家)/木内祐子 (作家)

ナビゲーターとして野地耕一郎、パネリストとして國司華子、町田久美、木内祐子ら三名の現役作家をお招きします。それぞれの制作や暮らし、作家としての 社会との関わり方や、これから描いていくもの等について問いかけ、各人の考え方の違いや共通項を明らかにしていきます。お招きする三名は、それぞれ異なる 角度や視点から「日本画」に関わる作家たちです。様々な考え方や生き方がある中で、では私たちは一体これから何を、どのようになしていくのか。ゲストと聴 衆が、言葉を交わしながら、思考を深めるよい場となりますように。

スペシャルイベント②
3月2日(日)11:30〜15:30 (時間内随時受付)
ワークショップ にほんがであそぼ

普段あまり触れる機会のない和紙や岩絵具を気軽に体験できるワークショップを開催します。道具の準備や予約は必要なく、会場に用意された紙と色々な種類 の絵の具を使って、学生達と一緒に楽しく気軽におえかきをしていただこうと考えています。「日本画」というと難しいイメージを抱く方が多いと思いますが、 子どもから大人の方まで、絵が苦手な方でも楽しく参加できるよう工夫を凝らし、会場内には、日本画絵の具の秘密がわかる解説コーナーや、 学生たちがワークショップのために描いた小さな作品の展示もあります。日本画の絵の具に触れる事で、絵を眺める視点の変化も感じていただけると思います。 出来上がった作品は持ち帰る事も可能です。お部屋に飾りやすい大きさなので、生活空間に絵画を取り入れていただくよい機会になればと考えています。(所要 時間30分〜1時間程度)

その他イベント
オープニングパーティー 2月27日(木)17:00〜19:00
学生によるギャラリートーク 28日(金)17:00〜

いずれのイベントも、予約不要・入場無料です。お気軽にご参加ください。なおワークショップに限り、20名以上の団体での参加をご希望の方は事前にご連絡ください。連絡先 tamapon2014@gmail.com (えちがい代表:坂田)

飯田 文香 今井 亜美 岩本 朝美 漆崎 正樹 折笠 敬昭 岸本 真生子 北村 麻里 黒木 美都子 黒田 花菜子 小林 大悟 坂田 恭平 鮫島 一美 嶌田 玲子 高垣 有沙 田中 さお 千葉 大二郎 手綱 笹乃 豊原 聖一 中田 布美 西牟禮 あやめ 林 玲 古田 結花 三浦 純平 矢萩 太郎 山嵜 雷蔵 渡邊 綾子 渡邊 浩香

ホームページより)

山嵜雷蔵さんの「遊戈」

山嵜雷蔵さんの「浮上」

開始日2014/02/26
終了日2014/03/02
エリア神奈川県
時間11:30-19:00
休日会期中無休
その他備考無料
開催場所BankART Studio NYK
アクセス横浜市中区海岸通3-9
横浜みなとみらい線「馬車道駅」下車 6出口徒歩4分
JR・市営地下鉄「関内駅」徒歩7分
JR・市営地下鉄「桜木町駅」徒歩13分