【きくちゆきこ】あなたにとっての“絵本一等賞”に投票してください

大塚敦子 福島201309

横浜都市発展記念館で展示 (2013.8.27 – 10.14) の際のフライヤー

昨年夏、横浜で企画コーディネートし開催した絵本写真展大塚 敦子(フォトジャーナリスト)「いつか帰りたい ぼくのふるさと 〜福島第一原発20キロ圏内からきたねこ」が「日本絵本賞」という子どもの絵本を対象にした賞の最終選考に残りました。

横浜での写真展 について。

候補作25点の中で、この本が福島や原発事故をテーマにした唯一の絵本です。
私も自信と責任をもって推薦します。ご一読していただき賛同してくださるなら一票を下記URLからぜひ

本の紹介:

http://atsukootsuka.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

投票は以下のページから:

https://www.mainichi-ks.jp/form/ehontouhyou2013/

★大塚敦子さんの文章引用★

いまだ事故は収束せず、多くの人びとが避難生活を強いられているにもかかわらず、福島のことなどまるでなかったかのように、政府は原発再稼働はては輸出にまで前のめりになっています。
東京都知事選で、原発のない国を望む人びとの声はどこまで反映されるでしょうか。日本絵本賞の中の「読者賞」は、読者の投票によって決まります。もしもこの本が読者賞に選ばれたなら、少しでもその声を反映させることになると思います。
福島のことを風化させないために、せめて子どもたちにはこの本を読み続けてほしいと願っています。どうか皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

メンバー 投稿者 きくちゆきこ
募集期間終了日2014/02/28
実施期間開始日2014/02/11
実施期間終了日2014/02/28
エリア指定なし
有償/無償無償
その他/備考Webとハガキでご投票いただけます。お一人様何票でも投票可能です。
【締め切り】 2014年2月28日(当日消印有効)
リウォードなし
このリクエストに応える▶▶▶ きくちゆきこにメッセージを送る(トコトユーザー)

[新規ユーザー登録はこちら▼]
アーティスト(活動歴7年以上)
サポーター(どなたでも)
メール会員(投稿機能はありません。メール受信のみです)