ハイレッド・センター:直接行動の軌跡展

hi_red_center201402

展覧会フライヤー
写真は「ハイレッド・センター公式ポートレート別バージョン」1963年 撮影者不明
(c) The estate of Jiro Takamatsu, Courtesy of Yumiko Chiba Associates

1963年5月、高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之らの若き芸術家たちは、「ハイレッド・センター」を正式に結成しました。三人の姓の頭文字の英訳(高松のHi、赤瀬川のRed、中西のCenter)を並べただけの名称「ハイレッド・センター(Hi-Red Center)は匿名の行動により平穏な日常のなかに「芸術」を持ち込むことで、退屈な日常を「撹拌」しようと試みたのです。

今回の展覧会は、ハイレッド・センター結成50周年を記念して、その「直接行動」を記録した文献資料や記録写真を中心に、主要な構成員でもある高松次郎、赤瀬川原平、中西夏之のオブジェや絵画などの作品群を加えて、ハイレッド・センターの活動を多角的に紹介するものです。

<関連行事>

※行事の参加は、入館券が必要です。参加は先着順になります。

※それぞれ参加人数に限りがありますので、希望者が多すぎた場合、安全上参加をお断りすることがありますので、予めご了承下さい。

最新情報は公式ホームページでご確認ください。

◆ 出品作家による講演会

日時:3月2日(日)午後2時~

「ハイレッド・センターを語る」 中西夏之(画家)

◆講演会+フィルムパフォーマンス

「映像における<直接行動>」

日時:2月16日午後2時~

場所:当館地下2階ホール

講師:飯村隆彦(映像作家)

◆ギャラリートーク特別版

当時を知るゲストを招いて、展示室内をご案内します。

日時:2月15日(土)午後2時~和泉 達(HRC公式メンバー)

3月15日(土)午後2時~田村 敦子(元編集者)

<関連作家の展覧会>

あなたの肖像-工藤哲巳回顧展

国立国際美術館   ~2014年1月19日(日)

東京国立近代美術館 2014年2月4日(火)~3月30日(日)

青森県立美術館    2014年4月12日(土)~6月8日(日)

グループ「幻触」と石子順造 1966-1971 -時代を先駆けた冒険者たちの記録展

静岡県立美術館 2014年2月18日(土)~3月23日(日)

(美術館ホームページより)

http://www.shoto-museum.jp/05_exhibition/index.html

開始日2014/02/11
終了日2014/03/23
エリア東京都
時間10:00-18:00
※企画展期間中の毎週金曜日は午後7時まで
※ただし、入館は閉館の30分前まで
休日月曜日(祝日の場合は翌日)
※祝日の翌日が土日にあたる場合は開館
その他備考一般個人/300円 一般団体(10名以上)/240円
小中学生個人/100円 小中学生団体(10名以上)/80円
毎週土曜日は小中学生は無料
60歳以上の方、障碍者および付添い1名までは無料
開催場所渋谷区立松濤美術館
アクセス〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL. 03-3465-9421 FAX 03-3460-6366
山手線 渋谷駅下車徒歩15分
東急東横線 渋谷駅下車徒歩15分
地下鉄銀座線 渋谷駅下車徒歩15分
地下鉄半蔵門線 渋谷駅下車徒歩15分
京王井の頭線 神泉駅下車徒歩5分
ハチ公バス 松濤美術館入口徒歩2分(渋谷駅~幡ヶ谷、丘を越えてルート/上原・富ヶ谷ルート)
東急バス 東大前下車(渋谷駅~幡ヶ谷折返し所)徒歩2分
東急バス 東急百貨店本店前下車(初台駅~渋谷駅)徒歩5分
東急バス 東急百貨店本店前下車(阿佐ヶ谷駅~渋谷駅)徒歩5分
※ 駐車場は、当館および付近にもございません。
http://www.shoto-museum.jp/04_guide/index.html#A005