日本の「妖怪」を追え!北斎、国芳、芋銭、水木しげるから現代アートまで

鎌田とこと1

日本の絵画にはさまざまな「妖怪」が登場します。
近世以前の絵画に描かれた「妖怪」には当時の人々が持っていた自然に対する畏れや信仰心などを読み取ることができます。江戸時代には、都市で発達した出版文化を背景に、「妖怪」は広く庶民に受容され、現代に通じる妖怪像が形成されました。近代以降も絵画に「妖怪」が登場しますが、それらは必ずしも伝統的な表現ではなく、画家の個性を反映した多様な表現がとられています。そして現在では、「妖怪」はキャラクター化され、雑誌やテレビといったマスメディアを通して、わたしたちの日常生活の中に身近に存在しています。
本展覧会は、江戸時代の浮世絵から、近代の日本画や油彩画、そして現代美術まで、さまざまなかたちで表現された「妖怪」を通して、日本人の世界観の変遷をたどろうとするものです。

○会期中、展示替えを行います。前期(7月13日~8月4日)は国芳とその弟子たち(芳虎、芳幾)が描いた「相馬の古内裏」を並べて展示、後期(8月6日~9月1日)は、北斎の「百物語」を5点展示します。

(美術館ホームページより)

http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/index.html

出品目録

http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/youkai-list.pdf

展覧会と出品作家の鎌田紀子さんについて岩手日報に掲載されました(クリックすると拡大します)。

開始日2013/07/13
終了日2013/09/01
エリア神奈川県
時間10:00-18:00
休日8月5日(月)
その他備考一般900(720)円、高大生・65歳以上700(560)円
*( ) 内は20名以上の団体料金 
*中学生以下および市内在住または在学の高校生は無料。
美術館ホームページに100円のインターネット割引券あり。
開催場所横須賀美術館
239-0813 
神奈川県横須賀市鴨居4丁目1番地 Tel:046-845-1211
アクセス【京浜急行線をご利用の場合】
・「馬堀海岸」駅1番乗り場から京急バス「観音崎」行(須24、堀24)「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約10分)下車、徒歩約2分。
 料金:240円
・「浦賀」駅1番乗り場から京急バス 「観音崎」行(浦3、堀25)終点「観音崎」(約15分)下車 徒歩約5分
【JR線をご利用の場合】
・「横須賀」駅3番乗り場から京急バス 「観音崎」行(須24)「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約35分)下車、徒歩約2分。
 料金:400円
http://www.yokosuka-moa.jp/outline/index.html