フランシス・ベーコン展

Francis Bacon

 

アイルランドのダブリンに生まれたフランシス・ベーコン(1909-1992)は、ロンドンを拠点にして世界的に活躍した画家です。その人生が20世紀とほぼ重なるベーコンは、ピカソと並んで、20世紀を代表する画家と評されており、生誕100年となる2008年から2009年には、テート・ブリテン(英国)、プラド美術館(スペイン)、メトロポリタン美術館(アメリカ)という世界でも主要な美術館を回顧展が巡回しました。

主要作品の多くが美術館に収蔵されており、個人蔵の作品はオークションで非常に高値をつけているため、ベーコンは、展覧会を開催するのが最も難しいアーティストのひとりだと言われています。そうしたこともあってか、日本では、生前の1983年に東京国立近代美術館をはじめとする3館で回顧展が開催されて以来、30年間にわたり個展が開催されてきませんでした。

今回、没後20年となる時期に開催する本展は、ベーコンの「世界」を、代表作、大作を多く含むベーコン作品33点により紹介するものです。そのうち、ベーコンを象徴する作品のフォーマットである三幅対(トリプティック)も、大きなサイズが4点、小さなサイズが2点と多数含まれているので、実際にはもっと多く感じられることでしょう。

企画内容は完全に日本オリジナルで、単なる回顧展ではなく、ベーコンにとって最も重要だった「身体」に着目し、その表現方法の変遷を3章構成でたどろうとするテーマ展でもあります。また、ベーコンが「同時代」のアーティストに与えた影響を確認しようとするパートも、エピローグとして用意しています。

このように、日本はもとよりアジアでも没後初となるこのベーコン展は、さまざまな意味で画期的だと言えるでしょう。その趣旨に賛同する形で、日本に所蔵が確認されている5点はもちろん、テート、ニューヨーク近代美術館、ハーシュホン美術館(ワシントン)、ヴィクトリア国立美術館(オーストラリア)、ヤゲオ・ファウンデーション(台湾)など世界各地の重要なコレクションから作品が日本にやってきます。

・ 没後の大規模な個展としては日本初。アジアでも初。
・ 回顧展であると同時に、ベーコンにとって重要な「身体」に焦点をあてたテーマ展でもあります。
・ 英国、ドイツ、アメリカ、台湾、オーストラリア、ベルギーなど世界各地から作品が集まります。
・「 スフィンクス」をモチーフとする作品が4点集まるのは世界初。
・ ニューヨーク近代美術館所蔵の、最後の三幅対(トリプティック)を展示。
・ ベーコンにインスパイアされたヨーロッパと日本のダンサーの映像も紹介。

(美術館ホームページより)

公式サイト

http://bacon.exhn.jp/

開始日2013/03/8
終了日2013/05/26
エリア東京都
時間午前10時 –午後5時(金曜日は午後8時まで) ※入館は閉館の30分前まで
休日月曜日(ただし3/25、4/1、4/8、4/29、5/6は開館)、5/7
その他備考一般=1,500円(1,300円/1,100円)
大学生=1,100円(900円/800円)
高校生=700円(500円/400円)
※( )内は前売/20名以上の団体料金。いずれも消費税込。 *中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料。
※本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の「東京オリンピック1964 デザインプロジェクト」(ギャラリー4、2F)、MOMATコレクション(所蔵品ギャラリー、4-2F)もご覧いただけます。
開催場所東京国立近代美術館 企画展ギャラリー
アクセス〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
http://bacon.exhn.jp/outline/index.html