「ニューカマーズ・ヴュー2013 〜イミグレーション・ミュージアム・東京にむけて~」

new comers view 1
【展覧会概要】
■イミグレーション・ミュージアム・東京(IMM)とは
美術家の岩井成昭氏が構想しているプロジェクトで、海外に多数ある「イミグレーション・ミュージアム」の概念を日本に初めて導入しようとしているプロジェクトです。
IMMでは、「日本に暮らす外国籍出身者が、母国の文化を日本の文化をどのように、《適応・保持・融合》しているのか? 母国と日本の生活や文化のギャップはなにか?」というテーマに沿って外国籍出身者と半年間かけてコミュニケーションを取っています。ステレオタイプな文化交流・国際交流ではなく彼らの生活に根ざした文化を知ることによって、外国籍出身者の視点を我々日本人自身が私たちにはない新しい視点として発見していく試みです。
岩井成昭[いわい しげあき]
美術家/イミグレーション・ミュージアム・主宰
1990年より国内および欧州、豪州、東南アジアの特定コミュニティの調査をもとに、映像、音響、テキストなどを複合的に使用した視覚表現を展開。近年はあらゆる世代を対象にしたワークショップや、多文化研究活動を並行して実施中。2010 年から「イミグレーション・ミュージアム・東京」構想を進行させている。
■展覧会「ニューカマーズ・ヴュー2013」
展覧会では、IMMスタッフが外国籍出身者と交流して見えた彼らの視点を最終的にアート作品として表現し、展示します。
第3回となる本年は、新たに外国籍アーティストをゲストアーティストとして招き、外国籍アーティストの視点から、移住や文化へのまなざしを考えます。展覧会開催中は外国籍アーティストのトークやライブパフォーマンスも行われます。
【会期中イベント】  ※予約不要
●ライブパフォーマンス
3/3(日)18:00~19:00 リュウ・ルーシャン
アイデンティティの揺れやぶれ、または様々な境界線の狭間を、作品制作を通して探求しているリュウ・ルーシャンが、移住について思うことを彼女自身の体験談とエッセイの朗読を交えながら語ります。
●オープニング・レセプション
3/3(日)19:00~21:00
「市民によるコミュニケーション・プロジェクト」担当者による作品紹介
●ペゴパヨパーティースペシャルver.1
3/16(土)17:00~
ゲスト料理人:ゴルマリヤム・マスウード・アンサリ
参加費:300円
本展出品作家ゴルマリヤム・マスウード・アンサリさんを料理人に迎えます。料理をつくっていただきながら、それぞれの作品についてのアーティストトークも行います。
●ペゴパヨパーティースペシャルver.2
3/20(水・祝)16:00~
ゲスト料理人:ジェイミ・ハンフリーズ
参加費:300円
本展出品作家ジェイミ・ハンフリーズさんを料理人に迎えます。料理をつくっていただきながら、それぞれの作品についてのアーティストトークも行います。
(※写真はイメージです。)
■市民によるコミュニケーション・プロジェクト(展示作品)
将来のイミグレーション・ミュージアム・東京(IMM)設立へむけて、市民がそれぞれ設定した独自のテーマで、現代アートの手法を通して地域に暮らす外国人の方々とコミュニケーションをとり、その過程と成果を作品化します。これらは日常の感覚を通して外国人の方々の生活や文化的背景を紹介するためのものであると共に、多文化共生への手がかりを模索するプロセスでもあります。
第3回目の本年度は、3名の小金井市在住者が、IMMのメンバーとしてコミュニケーション・プロジェクトを実施しています。メンバー自らの関心から導き出されたテーマは、音/プライベート空間/笑いなど多岐にわたっており、多様な人々の視点や価値観、世界観のズレ等をさまざまな方法で感じられるように展示されています。
・北川 麻衣子 〈Mind Sound Gap〉
・富田 陽香 〈各国・各家・各自の「お手洗い」事情〉
・古田 裕美 〈「笑い」を考える〉
■ゲストアーティストによる展示
・ゴルマリヤム・マスウード・アンサリ 1981年 イラン テヘラン生まれ
・ジェイミ・ハンフリーズ 1979年 英国 シュルーズベリ生まれ
・劉 璐姗 (リュウ ルーシャン) 1979年 中国 北京生まれ
企画/監修 岩井成昭
主催 東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、小金井市、NPO法人アートフル・アクション
■お問い合わせ
Twitter:@imm_tokyo
Facebook:Immigration Museum Tokyo(イミグレーション・ミュージアム・東京)
Tel:050-3627-9531
場所:小金井アートスポットシャトー2F
〒184-0004 東京都小金井市本町6-5-3
アクセス:JR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩5分
・Exhibition ‘Newcomer’s View 2013 A Pilot Project for the Immigration Museum TOKYO’
・Dates 3/3/2013 – 3/23/2013
・Hours 14:00-19:00 (closing time depends on events)
・Venue   Koganei Art Spot Chateau 2F (6-5-3, Honcho, Koganei)
・Admission free
■What is the “Immigration Museum TOKYO” Project?
The project, ‘Immigration Museum Tokyo’ is produced by an artist, Mr. Shigeaki Iwai.
In this project we try to show Japanese people cultural diversity of people that have various backgrounds.
Through art projects, we offer opportunities to citizens to get to know different cultures – cultures of people who came from outside of Japan, who now living in their areas in outlying parts of Tokyo.  We would like to start the project creating networks by communicating with families and doing research on new and realistic viewpoints of different cultures.  Our goal is to make a collaborative artwork which would to be exhibited as a pilot project at the Immigration Museum Tokyo.  Our future plan is to open the Immigration Museum in Japan, introduce various cultures, and promote exchange among local communities.
■Events  ※no appointment necessary
●Live Performance
Sunday March 3rd 6pm-7pm   Liu Lushan
Liu Lushan is exploring issues of one’s uncertain identities between borderlines by creating artworks.  She will talk about migration based on her experiences and read her essay in this performance.
●Opening Event
Sunday March 3rd 7pm-9pm
Staff members talk about their project, “Intercultural communication project by local residents”.
●Beh Go Pah Yo Party Special-1
Saturday, March 16th at 5:00 pm Guest Chef : Golmaryam Masood Ansari
Participation fee  300 円
We invited one of exhibited artists Golmaryam Masood Ansari, as a guest chef to this event. She presents regional specialties as well as talking about her artworks.
●Beh Go Pah Yo Party Special-2
Wednesday, March 20th (National holiday) at 4:00 pm Guest Chef : Jaime Humphreys
Participation fee  300 円
We invited one of exhibited artists Jaime Humphreys, as a guest chef to this event. He presents regional specialties as well as talking about his artworks.
■Intercultural communication project by local residents
In this project citizens communicate with people from foreign countries through contemporary art on each themes they had determined. They exhibit that process of communication and the result for future Immigration Museum Tokyo (IMM). The purpose of the project is to introduce daily lives and cultural backgrounds of people from foreign countries. It is also a process of searching for all of us to live together beyond our cultural differences.
In this year marks the third project for IMM, and three citizens participate in this project as members of IMM. The theme reflects the member’s interests, such as ‘sound’, ‘private space’ and ‘laughter’.  We can feel various viewpoints and one’s sense of value, and various worldviews at this exhibition.
●Kitagawa Maiko   “Mind Sound Gap”
●Tomita Haruka  “The ‘toilet’ of each country, each house, each one”
●Furuta Yumi   “Exploration of ‘Laughter’ ”
■Newcomer’s view of visual artists
・Golmaryam Masood Ansari  Born in Tehran in 1981
・Jaime Humphreys  Born in Shrewsbury, UK in 1979
・Liu Lushan  Born in Beijing, China in 1979
Produce and Supervision  Shigeaki Iwai
Technical adviser   Keitetsu Murai
Co-Organizers: Tokyo Metropolitan Government, Tokyo Culture Creation Project (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture), Koganei City, Specified Nonprofit Corporation Artfull Action
■Contact
Twitter:@imm_tokyo
Facebook:Immigration Museum Tokyo(イミグレーション・ミュージアム・東京)
Tel:050-3627-9531
Access:   5 minutes walk from Musashikoganei Station (Exit Sauth, JR)

http://immigration-museum-tokyo.org/

開始日2013/03/03
終了日2013/03/23
エリア東京都
時間14:00-19:00 (closing time depends on events)
休日
その他備考入場無料
開催場所小金井アートスポットシャトー2F
〒184-0004 東京都小金井市本町6-5-3
Te:l 050-3627-9531
アクセスJR中央線武蔵小金井駅南口から徒歩5分
http://chateau2f.blogspot.jp/p/f-f-jr-jr.html