トコトのサンキューアートの日「福住廉のアートナイト」

今日の限界芸術

「福住廉のアートナイト」

開発好明さんが提唱するサンキューアートの日は今年2013年で13周年です。トコトは発足以来参加させていただき、今年は3回目となります。これまでどうも飲食に傾いていたので(1回目はトコトの、2回目は佐々木麻子さんのお料理でした)、今年は3月9日(土)、美術評 論家の福住廉さんにアートトークをお願いしています。会場もトコトのホームを飛び出し、MAQ inc. 山阪佳彦さんのご協力を得て、JR原宿駅か ら近い「空き地」でおこないます。

(ちょっと緊張します・・)

日時:2013年3月9日(土)18:30~(約2時間程度を予定)

会場:空き地

住所:渋谷区千駄ヶ谷3-52-9

·  JR原宿駅/竹下口 徒歩6分, 東京メトロ副都心線 北参道駅/出口2 徒歩4分, 東京メトロ千代田線・副都心線 明治神宮前駅/出口5 徒歩9分

http://空き地.jp/place/

料金:1,500円

定員:25名(人数把握のため参加ご希望の方は、info@to-co-to.com までお名前と人数をお知らせいただけると助かります。)

トークでカバーする作品(予想):貼り紙マンガ、修悦体*、切腹ピストルズの落語、農舞台の企画展など。

*たのまれもしないのにガムテープで駅構内のサインをつくる工事のおじさんの独自の書体のこと。

福住廉:

1975年生まれ。美術評論家。著書=『今日の限界芸術』、共著=『路上と観察をめぐる表現史 考現学の「現在」』ほか。企画展=「里山の限界芸術」(まつだい農舞台)など。

というのが公式のステートメントですが、人物はいたって ゆるーい、とてもやさしい方です。福住さんの視線は、通常美術評論家が専門とする、立派な、一般には手の届かないところにあるアートではなく、わたしたちのそばにあって、毎日に寄り添い、美術作品といわれるものが制作される時の動機や目的とはまったく異なるものに注がれています。こういう、たいしたものでもないようなものがジツはとても大事なのですよね。 その中から100年後に美術館や歴史の教科書に残るような作品があるかもしれないし、少なくても価値あると思われているものをこれらが支えているわけです。そして何より、こういうものが文化そのもので、わたしたちの社会の豊かさをあらわしているのだと思います。この機会に福住さんの視野を共有していただき、新たな発見をしていただければトコトは超ハッピーです!

お問合せ・連絡先は

info@to-co-to.com

tel: 090-6564-7605

主催:トコト

協力:空き地、山阪佳彦(MAQ inc.)

(いなむらはつこ)

開始日2013/03/09
終了日2013/03/09
エリア東京都
時間18:30 から約2時間
休日
その他備考1,500円
開催場所空き地
住所:渋谷区千駄ヶ谷3-52-9
http://空き地.jp/place/
アクセスJR原宿駅/竹下口 徒歩6分, 東京メトロ副都心線 北参道駅/出口2 徒歩4分, 東京メトロ千代田線・副都心線 明治神宮前駅/出口5 徒歩9分