【アート&編集講座】「本・現場・美術」~〈フクヘン。〉の仕事~第4回:仏像を編集する。@青山ブックセンター

大thums-2 (1)

「本・現場・美術」は、
〈フクヘン。〉こと元ブルータスの副編集長で美術通信社代表の鈴木芳雄さんに
アートに関わる仕事術、編集って何?
を教えてもらおう! という講座です。

〈フクヘン。〉は古今東西幅広くアートの企画や編集を手がけ、その仕事は多岐にわたります。

本講座ではこれまでに奈良美智さん、伊藤若冲、杉本博司さんと、〈フクヘン。〉が仕事をともにして人をテーマに開催をしてきました。

第4回目となる今回のテーマは「仏像」です。

2013年1月12日より東京国立博物館にて、生涯で12万体もの仏像を彫ったという円空の展示http://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1556が開催されます。

今回の「本・現場・美術」では、本展の開催を機に改めて仏像の魅力を追求します。2009年同じく東京国立博物館で開催された「国宝 阿修羅展」に合わせて『BRUTUS』は「仏像特集」を刊行しました。本特集には山口晃さんの漫画など仏像を肩ひじ張らずに学べる工夫が随所に施されていました。〈フクヘン。〉はいかにして楽しい仏像案内を作ったのでしょうか。

仏像特集ができるまでを追いながら、仏像の豆知識や鑑賞法を教えていただき、さらに人々の興味を喚起させる編集法を学びます。

———————————————

「本・現場・美術」~〈フクヘン。〉の仕事~

第4回:仏像を編集する。

開催日:2013年2月15日(金)
開催時間:19:00~21:00(開場:18:30~)
場所:青山ブックセンター本店・小教室
参加費:2,520円(税込) *要事前予約・入金

詳細・御予約はコチラhttp://www.aoyamabc.jp/culture/fukuhen-wksp4/

————————————————–

ブルータスの日本美術特集を作っていて、「仏像」はいつかやらなければならない、いつかやりたい特集でした。
宗教、文化、造形美という背景をもち、この国を、そして私たちを形作ってきたものを知ることもできそうだし、なにより、奈良や京都をより楽しく、奥深く旅することができるようになるとわかっていたからです。
そういう知識は一生の財産になるものです。
興福寺創建1300年を記念し2009年に「国宝阿修羅展」が開催され、八部衆立像(阿修羅・迦楼羅など8体、国宝)、十大弟子立像(現存6体、国宝)が東京国立博物館と九州国立博物館で公開されることになり、「仏像特集」を作りました。
きっかけは「阿修羅展」なので表紙も阿修羅像ですが、内容は日本の仏像全般です。
大陸からの仏教渡来とともに仏像もやってきて、日本独自の進化をとげた歴史を具体的に仏像の画像や絵画などの資料、さらに現代美術家の山口晃さんによる絵解きで解説しました。 もともとはどんな色だったのだろう? とか、仏像にも偉い順番があるって本当? などの素朴な質問をあつめ、それにわかりやすく答え、いっそう興味が湧くようにしたセクションもつくりました。
たいへん反響の大きかったこの号を振り返り、仏像を編集するということ、今のわれわれにとって仏像とは? などを探っていきます(〈フクヘン。〉さんより)。

開始日2013/02/15
終了日2013/02/15
エリア東京都
時間19:00~21:00(開場12:30~)
休日
その他備考2,520円(税込)*要事前予約、ご入金
開催場所青山ブックセンター本店・小教室
アクセス東京都渋谷区神宮前5-53-67
コスモス青山B2F
青山ブックセンター本店内
tel:03-5485-5513
mail:culture@boc.bookoff.co.jp