東京国立近代美術館 60周年記念特別展 美術にぶるっ! ベストセレクション 日本近代美術の100年

美術にぶるっ

1952年12月1日、京橋の地に開館した東京国立近代美術館は、今年創立60周年を迎えます。人間でいえば「還暦」にあたるこの重要な年を記念して、本館の1階~4階の全フロアを使い、日本近代美術の100年を回顧する大展覧会を開催します。
展覧会は2部構成となっています。60年間の収集活動の成果を問う第1部が縦糸とすれば、60年前の日本における近代美術館誕生の時代を考察する第2部は横糸であり、両者が緊密に連動して、みなさまにさまざまな感動を投げかけることでしょう。

※途中、展示替があります。
前期:10月16日(火)~11月25日(日)
後期:11月27日(火)~2013年1月14日(月・祝)

第1部 MOMATコレクション スペシャル

国指定の重要文化財は、現在、美術工芸品では1万件以上ありますが、その多くは古い時代のもので、明治以降の絵画・彫刻に限ると、51件しかありません。そのうちの13点(寄託作品も含む)が、東京国立近代美術館に所蔵されています。
最近では、2011年に上村松園《母子》(1934年)と、安田靫彦《黄瀬川陣》(1940‐41年)が新たに指定されたばかりです。これらの貴重な作品 は通常、保存の観点から1年のうちに会期を分けて少しずつ展示されますが、今回は60周年を記念して、まとめて一度に公開します。

第2部 実験場1950s

東京国立近代美術館が開館した1952年は、サンフランシスコ講和条約の発効によって、日本が主権を回復した年にあたります。まさに戦後の復興期 であったこの時代には、戦争体験や現実のさまざまな矛盾から眼を背けることなく、来るべき社会の理想を追い求める意欲が息づいていました。
50 年代の美術もまた、社会的な出来事に深い関心を寄せながら、現実への積極的な働きかけを図ります。その過程で、文学、写真、映画、建築、デザイン、漫画と いった他分野との垣根を越えた交流が盛んに繰り広げられたことは特筆すべきです。このジャンル横断的な想像力が、既存の形式に縛られない新しい表現を生み 出す力になったのです。複雑さを増す現実に対応した新しいリアリズムの確立や、制作者と鑑賞者との共同性の場の創出など、いくつかの課題が複数の表現領域 で共有されました。
第2部では、こうした50年代美術の精神と活力を、同時期誕生した近代美術館への含意も込めて「実験場」というキーワードで 捉えることにしました。絵画、彫刻、版画、素描、写真、映像を含む約300点の作品と資料によって、その実験精神が提起した多様な可能性を歴史的に検証 し、そこから現在の美術と社会の関係を、さらには美術館の未来を考えるヒントを引き出すことを試みます。

(美術館ホームページより)

http://buru60.jp/index.html

開始日2012/10/16
終了日2013/01/14
エリア東京都
時間10:00-17:00 (金曜日は10:00-20:00) ※入館はそれぞれ閉館の30分前まで
休日毎週月曜日(ただし12月24日と1月14日は開館)と、年末年始(12月28日~1月1日)。
その他備考一般=1,300円(1,100円/900円)
大学生=900円(800円/600円)
高校生=400円(300円/200円)
※( )内は前売/20名以上の団体料金。いずれも消費税込。
*中学生以下、障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料

「美術にぶるっ」展(2012年10月16日~2013年1月14日)は4階から1階まで美術館の展示室すべてを使った企画展(共催展)になります。 そのためその会期中は、「所蔵作品展」を開催しておらず、65歳以上の方、高校生、キャンパスメンバーズの方も有料となります。またMOMATパスポート、ぐるっとパスもお使いいただけません。ご了承ください。
開催場所東京国立近代美術館
〒102-8322 千代田区北の丸公園3-1
問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600(午前8時~午後10時・無休)
アクセス東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩3分
http://www.momat.go.jp/Honkan/map.html