北川健次展「ガール・ド・リオンの接合された三人の姉妹」

kitagawa kenji 201311

北川健次さんは1952年福井県生まれ、多摩美術大学大学院美術研究科修了後、駒井哲郎に銅版画を学び、棟方志功・池田満寿夫の推挽を得て作家活動を開始、版画・写真・オブジェ・詩・美術評論など幅広い表現活動で注目を集める作家です。虚像と実像の狭間を「引用」という方法論により紡ぎだされる特異な世界観は、「視覚化された詩」ともいうべき深い詩情性をたたえ、見るものを耽美で官能的な幻視世界へと誘います。
既存の文脈を自在につなぎ合わせ、絶対配列の高い完成度をみせる作品。情報が氾濫する現代社会において、その時間軸を撹乱するかのような静かなる狂気と恍惚を孕み、私たちの今日的な感性に直撃します。接合された記憶の結晶、それは闇からの使者により光を与えられ永遠の時間を手にいれることでしょう。
東京日本橋髙島屋美術画廊Xで5度目の開催となる今展では、近年精力的に取り組んでいるコラージュを中心に、オブジェも加え新作を一堂に発表いたします。

(展覧会フライヤーに加筆)

開始日2013/10/30
終了日2013/11/18
エリア東京都
時間10:00-20:00
休日会期中無休
その他備考入場無料
開催場所東京日本橋髙島屋6階美術画廊X
アクセス東京都中央区日本橋2-4-1
TEL; 03 (3211) 4111 (代) 東京メトロ日本橋駅直結