『夏の果て』刊行記念 11/15 岡康道 × 小田嶋隆 トークイベント@青山ブックセンター本店

natsu-no-hate200

夏の果て』刊行記念
岡康道 × 小田嶋隆 トークイベント

電通時代にJR東日本『その先の日本へ』などのCMを制作し世界各国の賞を獲得。その後、独立して日本初のクリエーティブエージェンシーTUGBOAT(タグボート)を設立したトップCMクリエーターとして知られる岡康道さんが初めて書き下ろした鮮烈な自伝的小説『夏の果て』が小学館より刊行されました。これを記念して、元同級生であり本書にも登場する小田嶋隆さんをお相手に、トークイベントを開催します。

初小説を執筆するに至ったきっかけや、幼少期のお話など、旧知の仲であるお二人にしかできない濃密対談!

日時 2013年11月15日(金)
19:30~21:00
開場19:00~
料金 1,050円(税込)
会場 青山ブックセンター本店内 小教室
定員 50名様

申し込み方法は「オンライン予約」「店頭受付」の2種類となります。
詳しくは弊社WEBサイトをご覧ください。

http://www.aoyamabc.jp/event/natsu-no-hate/

【プロフィール】
・岡 康道 おか やすみち
1956年佐賀県に生まれ東京に育つ。早稲田大学法学部卒業後、株式会社電通に入社。CMプランナーとしてJR東日本、サントリーなど時代を代表するキャンペーンを多く手掛ける。97年、JAAAクリエイター・オブ・ザ・イヤー受賞。

99年日本発のクリエイティブ・エージェンシー「TUGBOAT」設立。NTTドコモ、キャノン、大和ハウス等のCMを手掛ける。ACCグランプリ、TCC最高賞ほか多数受賞。

共著に『ブランド』『CM』『人生2割がちょうどいい』などがある。エッセイ集として『アイデアの直前』。本書は初の書き下ろし小説である。

・小田嶋 隆 おだじま たかし
1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、小学校事務員見習い、ラジオ局ADなどを経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

『9条どうでしょう』(共著、ちくま文庫)、『テレビ標本箱』『テレビ救急箱』(ともに中公新書ラクレ)、『サッカーの上の雲』『1984年のビーンボール』(ともに駒草出版)、『地雷を踏む勇気』『もっと地雷を踏む勇気』(ともに技術評論社)、『その「正義」があぶない。』『場末の文体論』(ともに日経BP社)、『小田嶋隆のコラム道』(ミシマ社)などがある。

開始日2013/11/15
終了日2013/11/15
エリア東京都
時間19:30~21:00(open19:00~)
休日
その他備考料金:1,050円(税込)
開催場所青山ブックセンター本店・小教室
アクセス〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 
コスモス青山ガーデンフロア(B2F)